2013年3月25日月曜日

Negicco(ネギッコ)さんというグループ


こりゃー可愛いぞ。

ネットの空間をうろうろしていると、たまーに何か触覚に触ることがあるんだけど、この新潟のお嬢さんたちもちょっと最近気になってる。おばさんも気になるまさかのアイドルか…ひゃー。だってかわいいのよ…。おまけに歌がむちゃくちゃ上手いぞ。

シングルのみ動画サイトでパラパラと聴いてみたけど2曲をピックアップ。
 

Negicco - Anata to Pop with You!/あなたとPop With You! (2012)



Negicco - Attoteki na Style/圧倒的なスタイル (2008)



楽曲は何故か知らねど懐メロの香り…。なんだっけ…70年代とか80年代初期の、純粋に良質のポップスという感じかな。なんか懐かしい音。竹内まりやさん…山下さんとか…あたりなのかしら…。「圧倒的なスタイル」のイントロはシカゴの「SATURDAY IN THE PARK」に似てる。超キャッチー。こういうのも懐メロっぽいところ。 70年代往年のDisco80年代のJ-フュージョンっぽいアレンジの曲もあるぞ。私の世代の耳にはすごく優しい。

曲になーんにも癖がないのね。ギミックもひねりも一切ない…けどとても気持ちいい。チープなシンセブラスはともかく、とにかく彼女達の声が可愛いのだ。いやー爽やかだな…王道の良曲よ。むしろこれだけ歌が上手いからこそ何のギミックもいらないんでしょう。

ライブの映像は小さい箱でアイドルらしくワイワイやってるんだけど、これだけ踊って歌ってますよ(げげ)。マラソンランナーかと思うほどのスタミナ。すげー。歌入りの音源に生を被せて歌ってるんだけど、かなり上手いです。いやったいしたもんだ!
 
 
Negicco LIVE
「Neutrino Love/ニュートリノ・ラブ」
「Koi no EXPRESS TRAIN/恋のEXPRESS TRAIN」
「SKY」


「スウィート・ソウル・ネギィー」(トマパイの余韻Remix)
「Disco!! The Negicco!!」


「あなたとPop With You!」
「圧倒的なスタイル」

T&P Tokyo Presents「POP SONG 2 U」(2012/12/02) at 西麻布eleven


しかしこのアイドル踊りというのは、ほどほどがいいと思うけどなー。こんなに歌が上手いのなら、ここまで動き回らなくても歌で売れると思う。動き回らなければもっと正確に歌えるはず。アイドルパッケージ売りというより、むしろこういう人達には上手いバックバンドをつけて古典的な「バンドと歌手のセッティング」で歌わせてみたい。歌だけで客をひっぱれるんじゃないかな。

この子達みたいに「ただ歌が上手くて可愛い」だけでは、(ハイテク不思議日本の)ギミック売りが面白いPerfumeやきゃりぱみゅのように世界には行けないかも知れない。だけど絶対的な歌の上手さは強力な武器です。年を重ねても歌い続けていける。

国内のスターでいいじゃないですか。最近の紅白を見たら分かるけど、演歌歌手以外にまともに歌える人がいないんだわ…今の日本の芸能界。プロの「歌手」が少なすぎる。もしかしたら、こういう古典的な歌の上手い人達が今の日本には必要なのかも…。

(女性ファンの神経に触らない)自然な歌い方と素直な歌詞、ギミックをあまり使わない質のいい楽曲、それにライブでは抜群に上手いバックバンドをつけたら、かなりいいショーができるはず。実力派のグループになるんじゃないかな…。ご本人達は文句なしに可愛い。磨けばもっと光ると思う。

30年以上を経てキャンディーズを受け継ぐのはこういう人達かも知れませんよ。


追記:2日ほどタイトルのNegiccoのつづりをうっかり間違えてました。ゴメンナサイ  (*´ェ`*) ネッギコ...。