2014年3月31日月曜日

Negiccoの新曲『トリプル!WONDERLAND』は名曲です!



これ超いい曲!ものすごくキャッチーです。



Negicco - Triple! Wonderland(2014)


矢野博康(ex.Cymbals)プロデュースの新曲
「トリプル!WONDERLAN­D」2014年4月16日発売!
 
 
やっぱりこの子達が好き いい歌です。王道のポップス。素晴らしい。
 
ネギちゃん達の歌は毎回毎回、本当に楽曲の質が高いですよね。本当にいい。なんと元気に溢れて明るくて楽しいんだろう。なんだか私も元気が出るぞ。この曲はいい。本当にいい。
 
前回の『ときめきのヘッドライナー』も決して悪くはなかったのよ。悪くない。なぜここに紹介しなかったのか…あの昭和歌謡のしっとりとした出だしから、いきなりイケイケお祭りソングになっちゃう唐突さが面白くもあったんだけど、曲としての構成がちょっと単純かな…と思ったのでした。でもね…アノ曲は悪くないですよ。3人の声はいつもステキで明るいし、バックのうねるギターもとてもいい。ちょっとレトロな魅力。「声を聞かせてぇ~!」\(^o^)/イエー!!


しかしこの曲はもっといい。本当にいい曲です。素晴らしい!
 
それにしても、彼女達の歌の歌詞はいつもネギネギ言ってるのが面白いですね。ほとんどイロモノ的だと思うんだけどそれもまた愛嬌。やたら楽しい ネギネギ言われて戸惑いながらも…エエイもういいやネギ祭りに参加しちゃおうぜ…的な楽しさ。
 
でもねこの曲、実は歌詞もいいんです。ネギネギ言ってる間の歌詞はなかなか素晴らしい応援ソング。

---------------------------------------------

 3人寄れば ネギの知恵だぜ(Yeah!)
 ひとりじゃないから怖くない(ない!)
 泣き虫だって問題ないでしょ
 今 重い扉開けよ(Yo!)

 どこまで続く未来
 夢見ていてもいいよね
 奇跡を起こすよこの街から キミのハートへ
---------------------------------------------

 性格だってまるで違うし(Yes!)
 いつだって気持ちはUp Side Down
 落ち込んだって仕方が無いでしょ
 Keep on 今前に進もう

 Don't Be Afraid? 迷い込んでも
 この手を離さないでね
 3人いれば無敵のパワーが湧いてくる!

 ぐるぐる回る世界
 毎日生まれ変わってく
 明日も自分の色に変えて
 駆け抜けるよ
---------------------------------------------

 きらめいた季節は 恋のように
 いつか終わってしまうから
 さよならネガティヴ・ガールズ!
---------------------------------------------

すごくいいと思う。それにこのメロディがね…最高。「どこまで続く未来…」からのサビのあまりの素晴らしさに圧倒される。本当にいい。このブイブイいってるベースの音が懐かしー。リズムギターの音もかっこいいな。80年代あたりのフュージョン系のベースとギターでしょこれ。うわーなんか懐かしい。これも80年代レトロ? あの頃の山下達郎さんあたりを思い出すのはなぜだ。とにかくワタクシの年齢には嬉しい音。なんだかカエデちゃんの声が竹内まりやに聞えたりして…。

とにかくこの曲はいい。素晴らしい。最初に2回聴いたらもうこの曲のサビが頭の中でずーっと1日中鳴ってました。超キャッチーなのね。

この曲は売れるといいですね。こういうタイプの王道ポップスの音が今流行るのかどうかはさっぱり分からないけれど、流行りとかどうとかいう問題ではないんですよ。曲そのものが圧倒的にいい。本当に素晴らしいです。大きな拍手。


Negiccoちゃんのライブをどうしよう---------------------------

さて、私はNegiccoちゃんのファンというほど彼女達を追いかけているわけではないんだけど、彼女達のことはいつも気になっていて時々映像を探して見てます。1年前にこのブログにも彼女達の「あなたとPop With You!」と「圧倒的なスタイル」のことを書いてます。最初にビデオを見て「おっいいな」と思い、ボーカルトラックに被せた半分生歌のライブ映像を見て惚れこみ、「完全生歌にした方がいいんじゃないか」と書いたんですね。あれからほぼ1年経った。ちょっとそのことをまた書きます。ちょっと辛口です。

Negicco(ネギッコ)さんというグループ ---2013/3/25

正直に書きます。今の彼女達は完全生歌はやめたほうがいいと思う。コアなファンではない者からの正直な意見です。以前書いたエントリーの前言撤回です。

彼女達は最近のライブでは、バックのボーカルトラックを消してどの曲もダンスを踊りながら全曲完全生で歌ってるんですね。凄いことなんです。だけどそのせいか生歌の質が安定していない。ナオちゃんはピッチが不正確。メグちゃんは音程が不安定。カエデちゃんはのどが弱いのか声そのものが安定しない。いいときもある。だけどあれだけ踊ったら声が不安定になるのは無理もない。おそらく生歌でやるには踊りすぎてるんじゃないか。息切れして苦しいんじゃないかと思う。

あれだけ踊るのなら、やはり昔のように録音されたボーカルをバックに流して音を安定させた方がいいと思った。基本的に全て生で歌ってるんだから時々口パクになってもいい。以前見たボーカルトラック+半分生歌のライブ映像はとてもよかったと思う。本当は歌を優先するならダンスを減らしてもいいと思うんだけど、まさかダンスをやめるわけにもいかないんでしょう。

もっとボーカルトレーニングをして生の歌声そのものの質を安定させ、ダンスを減らして歌の質を上げるか、それとも以前のようにボーカルトラックをバックに入れて「声の音」そのものを安定させるか…どちらかにしたほうがいいと思う。

というのも、彼女達は曲が本当に素晴らしいんです。曲を聴いて気に入った人が、そのステキな曲を歌う彼女達を生で見たい、聴きたいと思うことだって多いだろうと思う。だからこそ歌のプレゼンテーションのライブは大切。

近年のアイドル界を見回しても、今の時代は一般的にアイドルの歌の質はそれほど求められていないんだろうと思う。だけど音楽が好きな人、いい曲を聴きたい人は今でもいます。Negiccoちゃんの曲は今まで彼女達のことをまったく知らなかった人も惹き付けるだけの魅力があると思います。

だからこそ今のライブのやり方では、私のようにコアなファンでない者には、曲がいい→ライブを見に行ってみようかな→行ってみたらボーカルが不安定→なーんだ…ということにもなりかねない。本当にもったいないんです。

私は3人のメンバーそれぞれの声もNegiccoちゃんの歌の大きな魅力だと思ってます。曲がいいのももちろんだけど何よりも彼女達のそれぞれの声がいい。だからライブでどんな理由であれ声が安定しないのは本当にもったいない。というわけで以前このブログに書いた「完全生歌にしたほうがいい」は前言撤回です。

ものすごくダイレクトに言いましたけど、これも愛  (*´ェ`*)。彼女達のことを、彼女達の歌をもっともっと多くの人に知ってもらいたい。3人ともそれぞれ可愛いし、もっともっと売れていいと思います。もっと大きいホールでライブが出来るようになるといい。そして沢山の女の子達がNegiccoちゃんの歌をカラオケで歌うようになるといいと思う。

Negiccoは本当にいいグループです。


Negicco - 愛は光 (2017)
Negicco - 矛盾、はじめました。(2016)
Negicco - カナールの窓辺 (2015)

Orland - Do-De-Da~Trimondo Negimina~ feat.Negicco (Teaser)(2015)
Negicco - ねぇバーディア (2015)
Negicco - 光のシュプール (2014)
Negicco - サンシャイン日本海 (2014)

Negicco - Triple! Wonderland (2014)
Negicco - アイドルばかり聴かないで(2013)
Negicco - あなたとPop With You! (2012)
Negicco - 圧倒的なスタイル (2008)