2014年11月18日火曜日

RuPaul - Sissy That Walk (2014)



かっこいいお姉さん。


RuPaul -  Sissy That Walk (2014)

Album:  Born Naked
Released: Feb 24, 2014 ℗ 2014 RuCo, Inc.


毎年2月ぐらいからアメリカで始まるTVシリーズ「RuPaul’s Drag Race(女装競争)」。オーディションで選ばれたドラァグクイーン達が、3ヶ月かけて1位になるまで毎週美と技術を競う。このブログでは毎年この番組の感想を書いていて、今年もとてもよかったんだけど、なぜか感想を書くことなく時間が過ぎてしまった。

今年のDrag Race Season 6も最高でした。この番組はアメリカのテレビの中で一番面白いと思う(…という前に他を全く見ていないのだけど)。大好きです。

このビデオは、今年シーズン6の番組内で最後に残ったコンテスタント達がドラァグスーパースターのルポールさんの曲に合わせてMVを制作したもの。みんな綺麗。

先日ニューヨークでのPerfumeのライブにたくさんのお姉さん達が来ていたというのを聞いてこの曲を思い出した。いい曲です。うちのお猫様に似ている子も出てるし…。


以前から私はPerfumeはゲイの方々にウケると思っていたのだけど思ったとおり。素晴らしい。これからもPerfumeがアメリカの市場にダンスミュージックで売っていくのなら、ゲイの方々にウケるのは非常にいいこと。彼ら/彼女達こそがダンスミュージックを長年変わることなく支え続けてきた人々だからです。Perfumeが「Spending…」や「不自然なガール」でやっていたヴォーギングを80年代に流行らせたのもゲイの方々。マドンナも「Vogue」で彼ら/彼女達の真似をした。

今回のライブで、Perfumeがニューヨークの(一部の)ゲイの方々にもウケていることがわかったのは何よりも嬉しい。彼ら/彼女達はかっこいいものが好き。同じダンス曲をやっていてもダサかったら見向きもされないはず。今Perfumeが彼ら/彼女達にウケているということは非常にポジティブなこと。これは本当に嬉しい。今後とも海外での様々なファン・ベースのひとつとして、彼ら/彼女達にPerfumeが愛され続けれはいいなと思う。