2014年7月17日木曜日

Cream - Sunshine of Your Love (1968)



ちょっと休憩…。


Cream - Sunshine of Your Love (1968)


The Very Best of Cream
Released: Jan 24, 1995 ℗ 1995 Universal International Music B.V.


なんだか流れに全然関係ないけど、昨日録画していたイギリス産の音楽番組にジンジャー・ベイカーさんが出ていたのを見て急に聴きたくなった。

1968年のCream…ずいぶん昔ですな。さすがにこの頃はワタクシもまだヨチヨチ歩きだったのでリアルに聴いたわけではないけれど、後の20代に昔の洋楽を発掘していた頃に知った曲。当時はそんな昔の物を聴くことがかっこいいもんだとばかり思ってました。お兄さん達の音楽…。

80年代までは西新宿界隈にブート屋やLPの中古屋が沢山あって学生の頃はよく行ってた。店内にはレコード棚がビッシリ所狭しと並んでいて、大抵ジミヘンやサンタナ、ツェッペリン等のライブ音源が店内にワンワン鳴っていて、輸入盤の独特の匂いの中、音楽に詳しそうなお兄さん達も沢山いて、そんな店内をうろうろするのはとても楽しかった。実は雰囲気が好きだから行ってた(笑)。Queenのブートを3枚ぐらい買っただけで実際にはあまり買わなかったんだけど、とにかくそういう店に行くのがカッコイイもんだとばかり思っていた。

当時19歳頃は、将来音楽好きの5歳くらい年上のお兄さんの嫁になって新宿のロック喫茶でまったりするのが夢でした(笑)いやー思えば遠くにきたもんだ…。


今の時代はいいですよね。こういう大昔の物も簡単に23回のクリックで聞けるわけですから…。この映像は過去にTVで見た事がありましたが、今は見たいときに見れるのがすごいなとあらためて思う。

1968年の英国ロイヤル・アルバート・ホール。エリック・クラプトンが23歳。まだ若造。ドラムのジンジャー・ベイカーさんは、そうそうQueenのロジャー爺が尊敬していると聞いて名前を覚えたんでした。このお方は今も昔もあまりお顔が変わらない。まったりとしたリズムに歪んだギターが気持ちいい。