2017年4月21日金曜日

Marilyn Monroe & Jane Russell -Two little girls from Little Rock(1953)



綺麗ね



Marilyn Monroe & Jane Russell -Two little girls from Little Rock(1953)


Album:  Songs and Music from the Diamond Collection
Marilyn Monroe
Released: Nov 13, 2001
℗ 2001 Twentieth Century Fox Film Corporation



BABYMETALちゃんが22日土曜日にアーカンソー州のリトルロックで前座のライブをするらしい。それで思いついた。

大昔のミュージカルの中で大好きな曲。この曲、ここで選んできた曲ではたぶん一番古い。


アーカンソー州リトルロックと言えばクリントン大統領の出身地でもありますね。今はどうなのかわからないけれど50年代は田舎だったんでしょうかね。

この曲とビデオは1953年の映画『紳士は金髪がお好き/Gentlemen Prefer Blondesから。マリリン・モンローとジェーン・ラッセルが歌ってます。タイトルの直訳は「紳士はブロンドのほうがいい」とあるくらいなので、ジェーン・ラッセルさんはマリリンの引き立て役なんだろうけれど、歌はジェーンさんのほうがずっと上手い。この曲より「Bye Bye Baby」のほうがジェーンさんが上手いのがよくわかる。彼女はリズム感がいいんですよね。歌にキレがある。

マリリンちゃんもクネクネと可愛い。カラダの揺らし方が独特ね。なんだかふわふわしてる。映画もとても楽しい。能天気でいい映画です。

「私達はリトルロックから来た小さな女の子達。田舎で男にふられたからニューヨークに出てきたの。男なんてどこも同じね。若かったし一生懸命頑張ったの。お洒落してリトルロックの田舎に帰ってアイツの鼻をなぐりたいわ。リトルロックではいろいろと学んだわ。秘訣を教えてあげる…紳士を見つけるのよ…シャイでも大胆でも背が小さくても高くても若くても年寄りでも…大金持ちなら大丈夫! 小さな町の出にしてはウォールストリートでもうまくやったわよ、株は持っていないけどね。大きな銀行にも顔が利くの。だからリトルロックに帰って私をふったアイツに感謝しなくちゃ」(笑)

…歌詞も面白いです。リトルロック出身の女の子二人がニューヨークに出て来て、お金持ちを見つけて大成功…という歌詞。おかしい 😄😄😄