2012年1月9日月曜日

RuPaul's Drag Race 1

アメリカのテレビ「RuPaul’s Drag Race」が面白い。

日本でドラァグクイーンという言葉は一般に知られているのだろうか。ドラァグクイーンとは、日本でいうニューハーフ(日本の造語で英語ではない)かな。お化粧、服にハイヒール、カツラ等で女装をする男性。個人差はあるらしいが、いろいろと痛い思いや女性ホルモンの注射等で、体形や体質を変える人もいる。心が女性のゲイの方がほとんどだと思うが、たまに子供がいる人もいるので、よくはわからない。ゲイクラブなどのショーに出ているプロのエンタテイナーが多いらしい。日本でなら、はるな愛さんだと思う。

さて、アメリカにルポ-ルという有名なドラァグクイーンがいる。身長193センチ。高いハイヒールを履いているので楽に2メートルを越えている。大男だ。1960年生まれなので、今51歳。最初に見たのは、映画Blue In The Faceかな。とにかく背が高くてすごい迫力で、うわぁかっこいいなと思った記憶がある。

そんな彼女が今アメリカで「RuPaul’s Drag Race( ルポールズ・ドラァグ・レース)」という番組をやっている。直訳すれば「ルポールの女装競走」。年に一度全国から応募してきたドラァグクイーン達をオーディションで123人に絞り込み、全員に合宿をさせ、番組上で毎回様々な課題を出して競争させ、1回ごとに一人づつ落としていき、最後にその年一番のドラァグスーパースターを選ぶというもの。

もうすぐ4年目にあたるシーズン4が始まるので、去年の終わり頃から全シーズンの再放送をやっているのだが、録画していたのを見ていたらすっかりはまってしまった。

こういう華やかなものが好きな私にはたまらない。

ちょっと紹介程度の映像を…。審査員の席に座っている大きな髪型の金髪の女性がルポール。(注;こういうのが好きな人だけ見てください)

RuPaul's Drag Race (Let The Music Play) Season 2.wmv