2019年6月30日日曜日

BABYMETAL:Glastonbury!おめでとう!

 
 
英国のフェスに登場!またまた大成功だった模様。見ました。よかったですよ~。これが新生BABYMETALなのかな?3人体制にもどりましたね。髪形も衣装も可愛い。よかったですね。
 
鞘師里保さんが登場。彼女は元気元気元気一杯。パワフルなダンスが気持ちいい。踊りながら表情も豊かで見ていて楽しくなった。頑張ってるなーすごいねー。

すぅさんともあちゃんもますます美しさに磨きがかかり…。すぅさんはいつもの度胸。堂々とバンドを率いて楽しそうに歌いきり、もあちゃんは、まーびっくりするぐらい美人になった。もう大人ね。
 
みなさん綺麗だし、可愛いし、楽しいし、パワーに溢れてよかったですよ~。バンドは化学反応。今回は鞘師さんが違うエネルギーを持って来たのがよかった。見ていて思わず笑顔になる。元気一杯。可愛い

あのインド系の曲がいい。Bhangra MetalとかPunjabi Metalとかいうやつなの?あのリズムは客が一緒に踊れるからいいですね。今どきはメタルも重いものばかりではなくて、踊れる曲がいいですよね。


しかしながらバンド君も好きな海亀としては…



Ledaさんの(今回は彼でした?よくわからなかったけど)男気あふれる右手振り上げスタイルや、ぼーちゃんの白アタマふりふりアクション、青神様のもあちゃんとの顔芸やりとりや、大村さんのベロだし怖イケメン姿がもっと見たいのです。お顔が見えないと魅力半減
 
カメラが大写しにする大村さんの手を見て「あらー細い指が綺麗ねぇ~かっこいいのにお顔が見えないともったいないな~」と思った。BABYMETALは可愛い女の子とかっこいいお兄さんたちが一緒にやってるから素敵なのにね。
 
火曜日はブリクストンでライブだそうです。頑張ってください


 

2019年6月27日木曜日

James Smith - Hailey (2019)



いい歌です。


 
James Smith - Hailey (2019)

Hailey – Single
Released: Mar 29, 2019
A Virgin EMI Records release;
℗ 2019 Universal Music Operations Limited

 
これも英国週間ダンスチャートにリミックスver. があって見つけた曲。元曲を聴いたらこれがいい。とてもいい歌だ。歌詞を考えれば元曲のアレンジの方がいいのだけれど、メロディが綺麗なのでリミックスも悪くない。


EMBERS Remix  




James Smithさん…とは若い英国のシンガーソングライター。去年EPLittle Loveでデビューした19。お若い!このHaileyは今年初のシングルだそう。
 
曲に関する記事

彼のインタビューによると、このHaileyとは、
“’Hailey’ is a song I wrote about someone I know; someone who was scared to show any emotion and open up to others. They’d done so before and ended up getting hurt. I knew I had to write this song, although the lyrics might seem simple, there’s a lot of meaning and realness about them. I find it fascinating that as human beings: we instinctively fight to survive. This seems to translate in love too. Hailey is someone who fights to keep her heart intact, pushing away her opportunities to be happy. Sometimes it’s worth taking the chance on someone.”
「これは僕の知っているある人物…人に感情を見せるのを怖がっていて誰にも心を開かない…そんな人物についての歌なんだ。彼女等は以前は人に心を開いていたんだけれどそれで傷ついたんだ。曲を書きたいと思って。歌詞はシンプルだけれど色んな意味があってリアルでもある。とても惹かれたんだ…人が本能的に自分を救おうとすることに。それは恋でもそうだね。ヘイリーは自分の心を平静に保つために幸せになるチャンスさえ遠ざけてしまう人なんだ。時には誰かに運を任せたほうがいいのに」
 
 
ジェイムス君はロンドンのUpton Park出身。今年3月ロンドンでのデビューライブは完売+大成功。
 
動画サイトを見ていたら、彼が15歳の時に英国のオーディション番組Britain's Got Talentに出演して、ニナ・シモーンの歌を歌った時の映像が出てきた。溢れる才能。
 
ここのところ英国の若い才能が沢山出てきてますね。19歳とまだお若いのに、傷ついた友人を見てこの曲を書いた彼の優しさに心動かされます。ブリッジの美しさに思わず涙。声も素晴らしい。歌詞を訳↓

 
Hailey
James Smith, James Smith
---------------------------------------------------------
The weight on your shoulders is far too heavy now
君の肩に乗った重みは大きすぎて
The tears that you're holding drag you down
君がこらえている涙は 君を弱らせる
Nobody knows cause you won't let it out
誰も知らない なぜなら君はそれを言わないから
Won't you let me show you how?
僕がやりかたを教えてあげようか?

Hailey
ヘイリー
I can heal your breaking heart
僕が君の傷ついた心を直してあげる
I can ease your pain, throw it all away
君の痛みを和らげて、全部捨てさせよう
If you let me love you        
もし僕が君を愛してもいいなら
Hailey
ヘイリー
I can mend your broken parts
僕が君の壊れたパーツを直してあげる
Be your saving grace any time or place
いつでもどこでも 君の救いに
If you let me love you
もし君が僕を受け入れてくれるなら

You're fighting the tide but you should let it float
君は潮流に逆らっているけれど 浮かんだ方がいい
If you never try, you'll never know
挑戦してみなければ、知ることも無い
Take my hand and I won't let you go
僕の手を握って 君を手放すことはないから
I'll never leave you on your own
僕は決して君を一人にはしない

Hailey
ヘイリー
I can heal your breaking heart
僕が君の傷ついた心を直してあげる
I can ease your pain, throw it all away
君の痛みを和らげて、全部捨てさせよう
If you let me love you
もし僕が君を愛してもいいなら
Hailey
ヘイリー
I can mend your broken parts
僕が君の壊れたパーツを直してあげる
Be your saving grace any time or place
いつでもどこでも君の救いに
If you let me love you
もし君が僕を受け入れてくれるなら

Won't quit trying
僕はあきらめない
Till you realize that
君がわかってくれるまで
There's a light at the end of the way
…道の終わりには光があることを
Oh I won't quit trying
僕はあきらめないよ
No I won't stop fighting
僕は戦いをやめない
Let me take away all your pain
僕が君の全ての痛みを取り除いてあげる
 
Hailey
ヘイリー
I can heal your breaking heart
僕が君の壊れた心を直してあげる

Hailey
I can heal your breaking heart
I can ease your pain, throw it all away
If you let me love you
Hailey
I can mend your broken parts
Be your saving grace any time or place
If you let me love you
---------------------------------------------------------
Songwriters: James Smith / Gordon Warren / Ryan James
Hailey lyrics © Universal Music Publishing Ltd., WARNER/CHAPPELL MUSIC LTD

2019年6月25日火曜日

Mousse T. feat. Cleah - Melodie (2018)



肩の力を抜いて



Mousse T. feat. Cleah - Melodie (2018)

Mousse T''s Extended Disco Shizzle Remix

Melodie (feat. Cleah) [Remixes] – Single
Released: Dec 7, 2018
℗ 2018 Peppermint Jam

 
今週の英国週間ダンスチャートに出てきた曲。2018年の年末の曲なので再チャートインだろうか?

Mousse Tさんとはドイツ人のDJ。52歳。なんだなんだそうか同世代か。ちょっと古い音なのはそういう年齢なのだな。ティーンの頃に70年代のディスコを聴いて育った世代なのね。リミックスはここに取り上げた以外にも沢山あるみたいです。

まぁまったり踊るのはこれくらいのリズムが一番気持ちがいいのだ。欧州の方々はよくわかっていらっしゃる。癖になる。このビデオの微妙なダサかっこよさも欧州だわね。なんか…仏像?



Swales ft. RuthAnne - Higher (Call My Name)(2019)



ディスコディスコディスコ

 

Swales ft. RuthAnne - Higher (Call My Name)(2019)
Higher (Call My Name) [feat. RuthAnne] – Single
Released: 8 Mar 2019
A Polydor Records / The Other Songs Release;
℗ 2019 The Other Songs Limited, under exclusive
licence to Universal Music Operations Limited

 

これもちょっと前までしばらく英国の週間ダンスチャートの上位にいた曲。かなり長い間週間チャートにいたのではないかな。あまりにスムースでキャッチー過ぎて通り過ぎてしまうくらい。でもいい曲です。ノリノリ。

Swalesさんは英国マンチェスターのDJ。まだお若い方らしいですが音は70年代のディスコですな。年寄りには嬉しい音よ。太いベースがとても気持ちいい。これはキャッチーよ。

ボーカルはRuthAnneRuth-Anne Cunninghamさん。アイルランド出身のシンガー・ソングライター。34歳。ソウルフルないいお声。かっこいい声。



Myah Sky - Attention (Smokin' Jack Hill Remix)(2019)



元気がいい。



 Myah Sky - Attention (Smokin' Jack Hill Remix)(2019)

Attention (Smokin' Jack Hill Remix) - Single
Released: 29 Mar 2019
℗ 2019 Portfolio music under
exclusive license to Good Soldier Records



踊りやすいリズムというのはいつの時代もあまり変わらない。止まることなくぐいぐい盛り上げます。この曲は2000年頃にロンドンで聴いていたSmooth Jazzのバンドの音によく似ている。アレンジはほぼ同じ。

この曲は2017年リリースのCharlie PuthのシングルAttentionをリミックスしたカバー。元曲もとてもいい。Charlieさんはうまいね。



Charlie Puth - Attention (2017)

Attention - Single
Released: 21 Apr 2017
℗ 2017 Artist Partner Group, Inc. for the United States
and WEA International Inc. for the world outside of the United States.
A Warner Music Group Company.



Myah Skyさんは英国で活動中のイタリア人シンガー・ソングライター。本名Michelle Nunnさん。

リミックスはSmokin' Jack Hillさんによる。曲はいくつかあるのだけれど御本人の情報が出てこなかった。2017年から活動しているらしいので、まだお若いかも。


Charlie Puth - How Long (2017)

2019年6月23日日曜日

NHK大河ドラマ「いたてん」第24回「種まく人」6月23日放送

 

 
 

24回「種まく人」
いい回でした。

関東大震災の後の人々の様子を描いた回。
心動かされました。ほろっときた。
 
今年の大河ドラマは時代劇ではない…ということで、最初から感想+似顔絵はやめようと思ってました。大河には侍が出てきてくれないと個人的に盛り上がらない。
 
…と文句は言いながらも1回目から見てます。何故か録画されなかった回1回分だけを除いて全部見てます。まぁそれでも個人的に現代劇にワクワクするのは難しく、またこのドラマは最初から時間が不自然にぽんぽん移動したり、演出に力が入りすぎていたり、俳優さんが妙な声を上げたり、全体にコミカル過ぎてついていけない…などなどなかなかストーリーに入り込むことは出来なかったのですが…。
 
この24回はちょっと心動かされました。よかったです。
 
 
全く知らなかったのだけれど、この回は2章の最終回だったそうです。もしかしたらこれで金栗さんの時代の話は終わったんでしょうか? ええーそうなの?
 
…震災の後の人々の様子。橋本愛さんの勝気な小梅がいい。ドラマ中で語られた(本当かどうかわからないけれど)「韋駄天とは、人々のために 走って 食いもんば集めて運んだ神様」。それを聞いて熊本から東京に引き返し、走り回って人々を助ける金栗の様子。焼け後の人々にも娯楽を…と高座にあがる美濃部。夜に現れるシマの影。シマの人見絹枝への手紙。増野の悲しい顔。いい場面が沢山。
 
 
このドラマは視聴率が上がらないそうですが、その理由は現代劇だからではないのか。私も大河だけは侍が見たい、どうしても侍が見たい…。というわけで脚本や演出が上手いとか、描く人物が興味深いとか、俳優さんが上手いとか…あまり関係ないのではないですかね。問題はとりあげた時代。
 
ともかく…これからもまったり見ると思います。似顔絵は…実はNHK公式の番組ウェブサイトが海外から見られないので、そもそも資料が少ないんですよ。だからこれからも描かないと思います。よほど面白くなったら描くかも。
 
中村勘九郎さんお疲れ様でした。


2019年6月20日木曜日

Kara Marni - Lose My Love (2019)



彼女もすごいぞ


 
Kara Marni - Lose My Love (2019)

Acoustic Ver.

Lose My Love - Single
Released: Mar 14, 2019
℗ 2019 Access Records



うまいね~。無茶苦茶うまい。まー本当に上手い。いいお声。すっごく好きな声。いやぁうまいな。アコースティックを聴くともっとすごいな。さっきこのアコースティックを初めて聴いたんですけど、これはすごい。驚異的。それにいい歌だ

この曲も、スローなのに何故か英国の週間ダンスチャートにちょっと前に入っていた。気になっていたのでメモしておいた。曲を聴きなおしたらやっぱりいい。

さてKara Marniさんは、Spotifyにプロフィールのページがあるんですけど、ロンドン出身、在住の20歳ということ以外の情報が出てこない。これからのお方でしょう。20歳なのに大人っぽい。綺麗。


Joel Corry - Sorry (2019)



リズムがどんどん変わる



Joel Corry - Sorry (2019)

Sorry - Single
Released: Apr 5, 2019
℗ 2019 Perfect Havoc Limited


なんだか妙に音がアタマに残る。声がいいのかな? ポクポク言ってますね。とりあえず押さえておこう。この曲は、セクションごとにどんどんリズムが変わっていくのに妙に気持ちがいい。ボーカルが誰なのかはわからなかった。

英国の週間ダンスチャートはどんどん変わっていくのでメモしておいた曲がどんどん溜まっていく。

Joel Corryさんの情報は彼のSNS以外にプロフィールを見つけられなかった。DJをやっている写真は沢山あるんだけれど…。どうやらボディ・ビルディングやフィットネスに関係があるお方みたいですね。筋肉モリモリ体育会系か。スポーツとDJの二足のわらじかな。


2019年6月19日水曜日

NHK 土曜ドラマ『デジタル・タトゥー』全5話・感想



日本での放送は518日から615日まで。連続5回。こちらではTV Japanにて視聴。

面白かったです。1話と5話を前編・後編として一つの話(政治家の汚職と元検事+政治家の息子の話)にまとめ、間の234話は独立したストーリーでの構成。

1話と5話の政治家の話もよかったのですが、面白いと思ったのは234回の独立した話。それぞれがとても興味深い。

  2は痴漢の冤罪で職を失った教師。
  3は有名人を中傷して慰謝料を請求された女性。
  4はリベンジポルノにより追い詰められる岩井の娘。

これらの234話は、普通の人々がうっかりはまり込むネットの闇の話。まさか自分が…と思っている普通の人々が被害者になったり、気付かないうちに自らも加害者になってしまう。
 
いかにも今の時代の話で興味深い。
 
 
近年ネットがいかに人々の生活を変えたのか…。例えば10年前にはスマホもSNSも一般的ではなかったわけで、こういうタイプのネット上の事件は10年前にはありえなかったことだろう(掲示板だけでも可能だっただろうか)今だからこそのストーリー。だからドラマになれば考えさせられる。「皆少しずついい人で、少しずつ悪い人」もそのとおり。よくできたドラマだと思います。とても面白かった。
 
こういう一般の人々が陥るネットの事件…のドラマなら、シリーズ化して沢山のストーリーが書けるのではないか。普通の人々が経験するかもしれないネットでの被害、直接的、間接的にネットが作り出す事件、ネットに影響を受けた世間の動き…普通の人々が、世の中が、いかに(いい意味でも悪い意味でも)ネットに影響されるのか…、そして実際に被害にあったらその解決策は見つかるのか…そんなことを描いたドラマシリーズができそうだ。見てみたいなと思う。
 
 
弁護士・岩井堅太郎の高橋克実さんがいい。まず第1回目から、岩井はすぐにカッとして怒鳴り声を上げていましたが、私はそれを見て「このドラマを見よう」と思った。
 
結局私は個人的に昭和の頑固オヤジが好きなんだろう。昔気質で短気で不器用で常に機嫌が悪く、すぐに白黒つけたがる頑固オヤジがドラマに出てくるとなぜかいつも大喜び。…変だな。ああいう人が実際に会社にいたらイヤだろうに…。でもああいうキャラがドラマに出てくると嬉しくてしょうがない。昭和が懐かしいのかも。
 
高橋克実さんも怖い。この俳優さんはちょっとコミカルな感じもあるのに、もしかしたら高橋さん御本人も非常に怒りっぽくて怖いオジサンなのではないかと…勝手に想像してしまう。このドラマの中でも、穏やかに優しいお顔をなさっていても眉間に皺がよっていてピリピリ…いつか突然怒鳴り始めるんじゃないかと心配してしまう。それがいい。
 
 
岩井は何事も白黒をはっきりさせたい性格。短気。繊細ではない。それで娘にも嫌われていましたね。
 
…それにしても今の日本は全体が穏やかになって、昔の頑固オヤジのような人はもうあまりいないのかもしれませんね。それはちょっと寂しい。
 
正しい事をしっかりと言う昔ながらの頑固オヤジも社会にはいてくれたほうがいいのにと思う。それに昔の頑固オヤジというのはコミカルな存在でもあったと思うんですよ。憎めない…実は心優しいまっとうな頑固ジジイ…。私はチコちゃんに怒鳴られるよりも、頑固オヤジに怒鳴られるほうがいい。そして怒鳴り返したい。
 
そんなことを高橋克実さんを見ていてちょっと思った。