2012年2月12日日曜日

NHK大河ドラマ「秀吉」-6 -恋愛


「秀吉」と近年の大河ドラマを比べて見えてくる時代性

3. 恋愛

そもそもNHK大河ドラマ、あくまでも歴史劇。歴史を作ってきた男達のドラマだ。まず歴史的な事件がストーリーの機軸になる。色恋の話など所詮どうでもいいことだ。この秀吉も、夫婦の愛情が描かれてはいてもあくまでもサイドストーリーでしかない。基本は秀吉ががむしゃらに出世の階段を駆け上っていく話だ。
私が最近の女性物大河で感じる違和感もそこだろうと思う。「功名が辻」の話の軸は、愛し合った夫婦。それに主人公ちよを取り巻く男達が皆彼女に恋をしているという設定。「江」も23度と再婚して、それが政略結婚であるにもかかわらず(実質人質)その相手といちいち恋に落ちる。それはともかく秀吉と熱烈な恋に落ちた茶々淀君にはびっくりした(あれは好色な秀吉の無理強いだと思う)。こんな風に全ての話を可愛らしくしなければ歴史時代劇も受け入れられない時代になったのだとしたら少し問題ではないだろうか。