2019年4月30日火曜日

令和の時代へ




令和
 

新しい時代になりましたね

おめでとうございます
 
すばらしい時代になりますように

 


2019年4月29日月曜日

平成最後の日



天皇陛下 皇后陛下

ありがとうございました


 

LIVE★Jeff Goldblum & The Mildred Snitzer Orchestra/ジェフ・ゴールドブラムLIVE!!!– 27 April 2019



ハリウッドスターのジェフ・ゴールドブラム氏が彼のジャズバンドThe Mildred Snitzer Orchestraを率いて近所にやってくる。それならばいかねば!

ジェフさんはね、映画『ザ・フライ/The Flyの頃にちょっとだけファンでした。ワイルドな俳優さん。濃くて全部が大きくてカリスマがあり過ぎるセクシーワイルド系なのにインテリが滲み出る…というめったにないタイプの俳優さんで、まー若い頃は素敵でしたね。あんまり詳しいことは知らないんですけど。ちょっとかっこよかったなー。

映画『ザ・フライ/The Fly』は残酷な映画なのであまりお勧めしませんが、あの映画の科学者がかっこよかったのよ。上半身裸のジェフさんに巨大なマントヒヒがドーンと飛び乗るシーンがあってですね…あれはかっこよかったねぇ…これこれ↓

ぎゃーっマントヒヒになりたいっ
 
ジェフさんがジャズピアノを弾くというのは大昔の雑誌の記事で知ってました。しかしライブまでやっているとは知らなかった。そして去年彼はそのライブアルバムまで出したのだそうだ。そういえばジェフさんはちょっと前に深夜のトークショー『The Late Show with Stephen Colbert』にも出演してそのアルバムの宣伝もしていたぞ。白髪になって、もうオジサンなのにやっぱり異様なカリスマ。今でもくどいルックスだわね。ぜんぜん枯れてないな。

…というわけで、見に行かなければっ!
蓋を開けたら

ハリウッドのスーパースターと
遊ぼう会


 
…という感じでした。喋りと音楽がそれぞれ50%ですかね。妙なライブだったわ。面白かったけど。
 
開演の時間より15分前に一人で舞台に出て来て一人で喋り始めたぞ。まだ会場に観客も入ってきているしザワザワとした会場に彼が一人で出てきたので、最初は何が起こっているのかわからなかった。会場がざわめいて大きな拍手が起こったので客席に有名人でもいたのかと思ったら、ステージ上に御本人がいる。
 
マイクを握って会場の観客とゲーム。映画のタイトルとその映画に出演している俳優の名前を交互に言い合う連想ゲームを20分ぐらいやる。皆が映画のタイトルや俳優の名前を叫ぶ。そのゲームの音頭を取るのがうまい。
 
「この中で米国以外の国歌が歌える人?」と聴いてノルウェー人の女性にノルウェー国歌を歌わせる。そしてまた映画タイトルと俳優連想ゲーム。開演時間を15分ほど過ぎたところでバンドのメンバーが出てくる。
 
ジャズはお洒落なスタンダード。
途中でうまい女性のボーカリストが歌う。
 
そしてまた舞台の真ん中に出てきて、映画のタイトルゲームだったかな?そしてその次はローカルの客を相手に島の言葉当てゲーム。観客が沸く。そしてほんのちょっとだけ、ジェフさんがこの地で何をしたかのお話。幼い子供さんとビーチで遊んだらしい。
 
そしてまたスタンダード曲の演奏。女性ボーカリストが歌う。
 
ジェフさんがピアノの腕を大きく披露する場面は殆どなかったけれど、楽しそうにバンドとの演奏は続く。あとは…何があったかなぁ~~~。なんだかまったりと観客とのゲーム50%に優しいジャズ50%でゆるゆると時間は過ぎる。途中で客を数名ステージに上げて彼らのTEXT MESSAGEを読み上げる…などというのもやっていた。とにかくよく喋る喋る喋る喋る…漫談ショーか…。
 
ああ…こういうのって…ハリウッドスターのディナーショーみたいなものなのかもね。珍しいものを見た感じだわ。普段こういうのは私あまり興味がないからなぁ。決して音楽が主じゃないんですよね。それに話とは言っても客とやりとりするゲームばかりしてるから彼の個人的な話があるわけでもない。このショーはただただ会場の観客が目の前にいるハリウッドスターと共に遊ぶ夕べ…という感じ。妙な時間だった。
 
やっぱりああいうよく知られた大スターはプライバシーの問題とかあるんでしょうね。個人的な事は殆ど話さなかったです。昔ちょっとファンではあったけれど、私もそんなにコアなファンじゃないし。うーん…なるほどスターのディナーショーとはこういうものなのか…。
 
でも面白かったですよ。もうちょっとピアノを弾くんだろうと思ってました。まぁめったにない機会だからな。とりあえずチケットが買えてよかった。

以下、個人的な話
-----------------------------------
それよりもこの日、会場にたどりつく前にいろんな事があり過ぎてあり過ぎて、なんだかそっちのインパクトの方が強くて疲れた。
朝からテンパって普段の倍くらいお洒落して(つもり)出かけたら、街ではお祭りをやっていて、そのせいで街がものすごく混んでいて、普段の駐車場に車が止められないから、別の駐車場に回らなくてはいけなくて。そこも混んでいたので時間をかけてやっと駐車できて…。そんな事情で開場の1時間前に行ったはずなのに、10分前まで会場にたどりつけず、着いたらやっぱり長い列が出来ていて。その列で知り合いを見つけたら、全く予想しなかった二人のカップル(不倫疑惑か?)でちょっとびっくりして。ローカルの舞台の俳優さんを観客に見つけてまた驚いて。会場に入ってVIPチケットを買っていたと思ったら、持っていたのはセカンドクラスのチケットでがっかりしたとか。売り切れのショーのせいなのかウェイトレスも忙しそうで機嫌が悪くてなんだかなーと思ったり…。まー色んな事が想定外で色々とドキドキし過ぎて、ジェフさんが出てきて話し始めても暫く集中できなかったぞ…。
-----------------------------------

それにしてもハリウッドスターのパワーというのはすごいねぇ。全公演全てソールドアウトだったそうだ。たいしたものだねぇ。

ジェフさん来てくださってありがとうございます
今度はもっといい席でお会いしたい。


2019年4月25日木曜日

Zedd, Katy Perry - 365 (2019)



泣いたわ


Zedd, Katy Perry - 365 (2019)

365 - Single
Released: Feb 14, 2019
℗ 2019 Interscope Records


これもUKチャートを見ていたら出てきた。これは英国に限らず世界中で売れたらしいです。日本でもチャートイン。

この曲はMVが素晴らしすぎる。泣いたわ。


Perfumeファンなら、このビデオを見てSpring of Lifeを思い出さずにはいられないだろう。あのビデオとテーマは同じ。このケイティちゃんロボットは、Perfumeの「Spring of Life」での(意志を持った)ロボット達よりもう少し進歩して、実際にロボットが人間にとっての完璧な嫁になれるかどうかの実験をしてます。

その実験に応募してきたZedd君。冒頭のシーンはそのインタビュー。

実験は、最初は熊のロボットで仮実験。それで調整をして次は人との実験開始。嫁ロボットは人間と生活を始める。そして研究者達はZedd君とロボットのやりとりを常に観察し、ロボットが一つ一つ課題をクリアする様子に喜ぶわけです。ところが予想に反して嫁ロボットが心を持ち始める。そして起こった悲劇。最後の涙が悲しい。


このテーマには…いつも泣かされる。イノセントなロボットが心を持つ設定はとにかく泣ける。純粋で一途なんだもんね。いつもこういうテーマが個人的に妙に琴線に触れるのは、中学生の時に星新一を読みすぎたせいなのだろうか。


この実験に応募してきた人間・Zedd君が最初から最後までケイティちゃんロボットに全く心を寄せないのも悲しい。冒頭のインタビューで「実験が終わっても普通の生活に戻れますか?」と聞かれて「もちろんです」と彼は答えている。彼はロボットに全く情が移っていないんですよね。この若者は「愛と何か?」と聞かれてもすぐに答えられない。そもそもそんな現実的な人だからこそ彼はこの実験のために選ばれている。実験で人がロボットを好きになっては困るからです。これは悲しい。

ケイティちゃんの外見がロボットらしく完璧な美女なのも素晴らしい。意外にお尻が小さい。いい女優さんだ。最後に彼女が怒って家電に火を吹かせ、微笑みながらZedd君を抱き締め続ける様子は怖いですね。ぞっとする。いい場面だわ。

歌詞は「あなたに夜も昼も一緒にいて欲しい。365日一日24時間一緒にいて。私の事を同じように思って。あなたが出て行くのは耐えられない」とMVの内容にも合ってますね。


私は今まで知らなかったんですけど、ロシア/ドイツ出身のDJZedd/Anton Zaslavski君というのは俳優さんみたいに綺麗な人ね。可愛いな。まだ29歳だそうだ。彼はロシア生まれのドイツ育ち。アメリカでもアルバムが1位を取るほどの売れっ子だそうです。

彼はとにかく顔がいい。若い女の子達にも人気なのだろう。Perfume最近の公式ツイッターでのビデオでのっちさんが彼と共演したいと言っていたので名前を覚えていたのですが、のっちさんイケメン好きなのか? こんなにかっこいい男の子ならそりゃ共演したいだろう。このビデオの「Spring of Life」との共通点を考えたら、Perfumeとの共演もいけそうな気がしますね。

このビデオにもAbsolut Vodkaが出てきますがスポンサーなのかな。


Katy Perry - California Gurls (feat. Snoop Dogg) (2010)
Perfume - Spring Of Life (2012)



Jax Jones, Years & Years - Play (2019)



かわいいね


Jax Jones, Years & Years - Play (2019)


Play
Released:  28 Jan 2019
A Polydor Records recording;
℗ 2019 Universal Music Operations Limited

Purple Disco Machine Remix

これは年寄りには嬉しいリズム



これもUKダンスチャートを見ていたら出てきた。今週で英国で17週間チャート入り。これは曲云々と言うよりもビデオがかわいい。このダンスのビジュアライザーがたまらん。かわいいよ。

これ誰かうまい人が実際に踊ってくれないかな。かなり難しそうだ。あの脚を横に出してすぐに立ち上がる動きは私には絶対無理だわ。いや他も全部難し過ぎる。若い男の子にはできるのかな。

MVはボーカルの男の子がバーコードを付けてスーパーのレジに流れていくビデオ。これもかわいい。ぶどうやナスも後ろで踊ってる。
横に倒れて緑色の中身が出てる白いボトルの洗剤は英国の定番台所用洗剤「Fairy」。昔私もよく使っていたわ。懐かしいな。今はボトルのデザインが透明に変わったみたいですね。


この曲は2つのアーティストのコラボだそうです。

Jax Jones
ベースボールキャップのジャックスさんは英国人のDJ/プロデューサー。31歳。英国ではかなり売れっ子で有名らしい。

Years & Years
英国のシンセポップバンド。メンバーはOlly AlexanderさんMikey GoldsworthyさんEmre Türkmenさん。結成は2010年。このバンドも、アルバム、シングル共に英国チャートで1位を取っている売れっ子らしいです。知らなかったわ。
赤毛のボーカルのオリーさんは28歳。かわいいね。彼の声はPentatonixSuperfruitのミッチさんに似てますね。とても可愛いわ

Absolut Vodkaが出てくるのはスポンサーなのか。

2019年4月24日水曜日

M-22 - White Lies (2019)



欧州はまだ踊っている


 
M-22 - White Lies (2019)


White Lies - Single
Released: 25 Jan 2019
℗ 2018 3 Beat Productions Ltd


ちょっとここのところエレクトロニック界隈が気になったのでネット上をつついていたら出てきた。今のアメリカのダンスチャートが踊れない曲ばかりなので「もうこの分野はだめなのか」と思っていたら(いやよくは知らない)ヨーロッパはまだまだ踊れる曲が売れている。さすがやね。若い衆がイビサ島に集まって踊り続ける限り欧州でダンスが廃れることはない。よかったですねぇ。

M-22は英国人とドイツ人のDJデュオ。Matt JamesさんとFrank Sandersさん。結成は2015年だそうなのでまだ新しいですね。この曲は現在英国のダンスチャートで5週間チャートインしてます。いい気持ち。



 ・M-22 ft. Medina - First Time (2017)
 ・M-22 - White Lies (2019)

 ・M-22 & Kiara Nelson - After Hours (2019)


2019年4月23日火曜日

Perfume:ダンス用踊れる曲リストAlbum- 8:Future Pop

 
 
Perfume:ダンス用踊れる曲リスト・全編
を作るのに、個々のアルバム別に調べた結果です。
選んだ曲には寸評。勝手な事を言ってます。
 
-------------------------------------------------------------------------
攻撃的な音。脅し曲 なんじゃこら効果 アガル
勢いとスピード 元気 がいい ノレる
踊るために特化 延々踊る
このあたりが踊るのには一番気持ちいい
少しゆっくり 気持ちよくまったり踊る
踊るために作られているが踊りにくい
-------------------------------------------------------------------------



★Future Pop
 Perfumeもずいぶんおとなしくなった。このアルバムはほぼ踊れない。もはや踊るためにはつくられていないですよね。J-POPアルバム。大人ね。
-------------------------------------------------------------------------
 1. Start-Up   BPM80 
 2. Future Pop   BPM180
 3. If you wanna   BPM150
 4. TOKYO GIRL   BPM128 
5. FUSION   BPM95
 ワタシノワタシノワタシトフュージョン癖になる。よく踊れる。
 6. Tiny Baby   BPM100
 7. Let Me Know    BPM92 or 184
 8. 超来輪  BPM112
 9. 無限未来  BPM160
10. 宝石の雨  BPM110
 ふわふわ軽く踊る
 11. 天空   BPM140
 12. Everyday  BPM115
----------------------------------