2012年2月6日月曜日

マドンナのスーパーボウル(2012)ハーフタイムショー!


見ました、マドンナのスーパーボウル、ハーフタイムショー。たった今、終わったばかり。

すごいなー。派手派手。これが出来る限りのことをやった、たぶん世界で一番お金のかかった12分のステージショー。すごいなー。これから、Youtube などでいくらでも見れると思うので、内容はあまり書きませんが、とにかく派手です。

とにかくとにかく派手派手ですごすぎる。LMFAOParty Rock Anthemで1分ぐらい出てきたり(笑)、そのほかにも(私は知らないのだけど)出てきたソウルシンガーや女性ラッパーはたぶん有名な人たちなんでしょうけど、それぞれの出演時間は30秒に満たない。なんとぜいたくすぎる使い方。

マドンナも50代半ば。もう、かつてのようなダンスのキレは無いし、おそらくほとんど口パクだと思うけれど、あの女王さまぶりは今でも健在で、ほんとにすごいもんだなと思う。これが、アメリカのショービジネスの力かと改めて驚き。

実は、一ヶ月ほど前にマドンナ本人がニュースショーの独占インタビューに出て、このスーパーボウルのハーフタイムショーのことを語っていました。「緊張するし、心配もするわよ。8分でステージを組んで12分の最高のショーをやり、また7分でかたずけるの。どうすりゃいいのよ。出来るかしら。」などと笑っていたけれど、大成功でしたね。

マドンナ健在。大昔のファンとしてはちょっとうれしい。

-----------------------------------------------------------------------
スーパーボウル(Super Bowl)とは

アメリカのプロフットボールの王座決定戦。
前半戦と後半戦の間に行われるハーフタイムショーには1993年のマイケル・ジャクソン以来、毎回有名歌手等によるミニコンサートが開催される。
スーパーボウル中継は、毎年非常に多くの視聴者を集めるキラーコンテンツであり、視聴率は1991年以降21年連続で40%を超えている。2011年の第45回大会では、米国内の視聴者数が約11100万人と米国のテレビ史上最多を記録した

このため、テレビ中継に流されるコマーシャル枠の価格は世界で最も高価で、大手企業の大金を惜しみなくつぎ込んだコマーシャルが見られることでも知られている。アップルコンピュータが1984年のスーパーボウルでマッキントッシュの発売告知のコマーシャル「1984」を放映したことにより、一躍名を知られるようになったことが契機とされている。2011年現在、CM枠の価格は30秒枠で平均290万ドル(ほぼ2億円)といわれる(←今年はもっと高いらしい)。(Wikipedia)