2016年5月16日月曜日

BABYMETAL:北米ツアー第一弾・無事終了!アメリカを車で旅する・雑記



行く所全て成功させて北米ツアーの第一弾が終わった模様。お疲れ様でした。58日のフェス・MONSTER ENERGY CAROLINA REBELLION、それから514日のフェス・NORTHERN INVASIONも共に初見の観客を沸かせ、大成功だったらしい。


NORTHERN INVASION



BABYMETALさんは、どこに行っても高評価。

もうこれが定番になりました。本当にすごいですね。ここでは取り上げませんでしたが、メタル界で有名なロブ・ゾンビ氏がBABYMETALを擁護してヘイター達とtwitter上で喧嘩をしてくれたそうな…。これなのね。BABYMETALの何がすごいって、行くところほとんどの場所でその道のプロの人々に愛されてしまう…これはただ事ではない。BABYMETALがただ者ではないという証拠。もう何も心配することはない。

どこに行っても成功するのが当たり前になったので、もういちいちここに書くこともなくなったのだけど、それにしても16歳と18歳の女の子達はこの事態をどう受け止めているのか…気になりますね。

今回彼女達はどんなアメリカを体験したのだろうか。


余談だけれど海亀は10年以上前に、ボストンからミネアポリスまで旦那Aが運転する車で旅をした事がある。途中色んな街に立ち寄りながら10日間ぐらいだっただろうか。

今回の最後のフェスNORTHERN INVASIONの開催されたSomersetが、ミネアポリス市のすぐ近くだったことでそのことを思い出した。途中でシカゴを通り過ぎたので、今回ツアーバスで移動したBABYMETALさん達と同じようなルートを通ったのだろうかと思う。その途中でチープ・トリック誕生の地Rockfordにも立ち寄った。

 アメリカはとにかく広い。

アメリカを車で移動すると国の大きさがよくわかる。大きな平野が延々と広がっていて、その中を高速の車で突っ走る。ラジオはもちろんその土地のClassic Rock StationJourney REO Speedwagonが鳴っている。何も無いだだっ広い大地の上の空の雲間から光が射すのを見て「ああこういう景色を見てアメリカの人々は信心深くなるんだろうか」などと思ったりする。
 
空の偉大さと美しさに感動し、それからまたハイウェイの沿道に視線を落とせば、車に轢かれた動物の死骸が転々と転がっているのが見える。ああ野蛮だ。少なからずショックを受ける。アメリカの人々にはこういう景色が当たり前なんだろうか。
 
 
変化の無い地形が続いて、次の街が見えてくる。途中のモーテルに止まって宿泊。そしてまた移動。1週間以上かけてミネアポリスに到着。車での移動に慣れない私達には大きな冒険だったけれど、あの辺りに住む人々にとっては土地から土地へ数日をかけて車で移動するのはあたりまえ。何事もスケールがでかい。アメリカの人はどこか大雑把な印象があるけれど、それもなんだか理解できるような気がする。
 
土地によって人々の気質が変わるのも面白い。ミネアポリスの辺りは北欧からの移民の子孫が多くて住人は白人ばかりらしい。動画から見たところ、ミネアポリス市近郊のフェスNORTHERN INVASIONが、ノースキャロライナのMONSTER ENERGY CAROLINA REBELLIONに比べておとなしい感じがしたのはそのせいだろうかと想像する。
 
 
アメリカはとにかく大きい。それぞれの地方によって人々の気質も異なる。それを実感すれば、一つのニュースを聞いて「ああ、だからアメリカは…」とは言いづらくなる。以前から私が「英国人は…」という言い方をするのに比べて、アメリカに関しては「アメリカ人は…」という言い方がなかなか出来ない理由はそういうところにある。「アメリカのこの地域の人々は…」「アメリカにはこういう人々もいる…」という言い方のほうが自然に思えるようになる。
 
BABYMETALさんが挑戦し、勝ちに行っているのはそのような大きな国なのだ。One OK Rockさんも同様、彼女達は本当に大きな事に挑戦している。北米のワンマンは全てソールドアウトしたというニュースも聞こえてきた。本当に凄いことです。
 
チームBABYMETALの皆様、北米ツアー第一弾の成功、おめでとうございます。
 
 
NORTHERN INVASIONでのキャッチーミーの楽器ソロに開いた口がふさがらん。あの曲最高。やっぱいいわ❤ 神バンドさんは進化している。

ギミチョコ!の新しい呼びかけで、アメリカの客のリアクションが薄かったのは、あの「ギンミーギンミー」が一瞬何を言っているのかわからないからではないかと思った。照れもあるかも。同じリズムなら例えば「ギンミーチョッコレッ」とか曲のタイトルならわかりやすいし客も照れないかもしれんぞ…イヤ、シランデスケド (^_^;)\
 
BABYMETALを擁護してヘイター達と喧嘩してくれたロブ・ゾンビ氏の曲。力強いお味方。