2012年10月6日土曜日

Down To The Bone - The Zodiac (1999)



Down to the Bone話その6
 


Down To The Bone - The Zodiac

Album: The Urban Grooves - Album II
Released: Jun 29, 1999 ℗ 2007 Down To The Bone Ltd.
under exclusive license to The Blue Note Label Group. All rights reserved. Unauthorized reproduction is a violation of applicable laws. Manufactured by Narada Productions, Inc,
 

 
 
2002年に4thアルバム「Crazy Vibes and Things」を発売(これもいいアルバム。残念ながら動画サイトには1曲もあがってなかった)。このアルバムもビルボードTop Contemporary Jazz Albumsチャートで4位。ここでもほぼ同じバンドメンバーが作曲/録音に多数参加。この年のライブも見に行った。

その後、Down To The Boneに変化が訪れる。

この後、暫く音沙汰がなくなった。地元英国よりもアメリカで売れていることで決心したのか、プロジェクトは拠点をアメリカに移す。作曲でも参加しているサックスのPaul ‘shilts’ Weimerさんはアメリカに移住。これで事実上オリジナルのバンドが解散してしまった。

もともとDown To The Boneというのは、Stuart Wadeさんの個人プロジェクトで、固定のバンドの形は無かったのだけど、2000年頃のライブでのバンドメンバーが好きでファンになった私は、そのバンドが解散したとたんに興味を無くしてしまった。その後もDown To The BoneStuart Wadeさんのソロプロジェクトとして、コンスタントにアルバムを発表し続けている。


事実上初期オリジナルのバンドメンバーが解散してから、Down To The Bone のライブは、バンドメンバーが流動的な第2に入る。アメリカでのライブは、オリジナルメンバーのサックスとキーボードだけを残して他は全員アメリカ人のバンドに入れ替え。ところが数年後、オリジナルメンバーの2人も辞めてしまい、動画サイトで調べたら、現在はアメリカ人のみで全く違う質感で演奏している。(ファンがあげた動画は全て最近のもの)

それからまた英国では、アメリカとは別にライブ用の英国人バンドを結成。おそらく若いスタジオミュージシャンをやとってるんだろうと思う。2007年、私が日本に帰国していた時にこの英国バンドがたまたま来日。東京丸の内の「コットンクラブ」でのライブを見に行ったけど、オリジナルメンバーの音とは似ても似つかぬ代物。アレンジや楽器構成まで全然違うものになっていて文字通り「金返せ」状態でびっくりした。でもこれはしょうがないですね。


Down To The Bone - Staten Island Groove (1997)---DTTB-1
Down To The Bone - Muesli Brown (1997)---DTTB-2
Down To The Bone - 17 Mile Drive (1997)---DTTB-3
Down To The Bone - Long Way From Brooklyn (1999) ---DTTB-4
Down To The Bone - Mighty Mighty Fine (2000)---DTTB-5
Down To The Bone - The Zodiac (1999)---DTTB-6
Down To The Bone - Bump 'N' Hustle (1999)---DTTB-7
Down To The Bone - On The Corner Of Darcy Street (1997) ---DTTB-8
Down To The Bone - The Lowdown (2000)