2012年10月10日水曜日

Down to the Bone - Bump 'N' Hustle (1999)



Down to the Bone話その7


Down to the Bone - Bump 'N' Hustle (1999)

Album: The Urban Grooves - Album II
Released: Jun 29, 1999 ℗ 2007 Down To The Bone Ltd.
under exclusive license to The Blue Note Label Group. All rights reserved. Unauthorized reproduction is a violation of applicable laws. Manufactured by Narada Productions, Inc,  

 
このDown To The Boneの曲は、楽曲としてCDなどの音源で聴いても素晴らしいんだけど、私はとにかくライブではまった。ロンドンのジャズ界隈での実力派ミュージシャンを集めたバンドは全員凄腕。とんでもなく上手い人たちがバリバリの打ち込み音楽を生で演奏して、CDとは別のグルーブを出すのが超かっこよかった。

前述のように、たぶん2000年頃が初期Down To The Boneライブバンドの一番油が乗っていた時期。レコーディングにも参加した固定メンバーでのライブが、非常にハイレベルだったので当時のバンドメンバーを記録しておきたい。

Stuart Wade - Producer
Neil Angilley - Keyboard
Tony Remy - Guitar
Paul Turner – Bass
Julian Crampton – Bass
Paul ‘Shilts’ Weimer - Sax
Adrian Revell - Flute
Satin Singh - Percussion
Frank Tontoh – Drums

 彼らがむちゃくちゃかっこよかったです。もし今このメンバーでやるっていったら、海をとび越えてでも追いかけて見に行きたい。この頃のライブの音源があるならいくら出してもいい。それぐらいよかった。当時追っかけまがいに通ったので、メンバーとちょこっと顔馴染みになったのもいい思い出。2000年当時からもう10年以上過ぎているのでみんな出世してDown To The Boneには誰も残っていないのだけど、みんなそれぞれ有名アーティストのバックバンドやサポートをやったり、ソロアルバムを出したり、ソロのアーティストになったりして活躍している。

 

Down To The Bone - Staten Island Groove (1997)---DTTB-1
Down To The Bone - Muesli Brown (1997)---DTTB-2
Down To The Bone - Long Way From Brooklyn (1999) ---DTTB-4
Down To The Bone - Mighty Mighty Fine (2000)---DTTB-5
Down To The Bone - The Zodiac (1999)---DTTB-6
Down To The Bone - Bump 'N' Hustle (1999)---DTTB-7
Down To The Bone - On The Corner Of Darcy Street (1997) ---DTTB-8
Down To The Bone - The Lowdown (2000)