2012年9月12日水曜日

Perfume:祝「FAKE IT」フルPV解禁!フルPVの宣伝効果



やったね!フルですよ、皆さん。

これこれ、もう今の時代はフルしかないです。ほんとほんと。そうなの、こういうところをケチケチしてはいけない。PVは文字通りPromotion Video。元々曲の宣伝用の映像なんだから、ただで世界に宣伝できるYoutubeなら、公式で全部出すのが正しい。

ユニバーサルさんに移籍してからの公式のPVは、過去2曲とも途中まででちょっとがっかりしてました。当然、国内のファンにシングル初回盤を買わせるための大人の事情的な決断だったんでしょう。しかしPerfumeくらい(世界中に)ファンの多いアーティストだと、PVのフルも結局どこかでアップされるんですよ。誰かがやる。だったらオフィシャルで出した方がずっといい。

というのも、そもそも国内でわざわざ初回盤を買うようなファンは、初回盤をコレクションとして買うので、PVが動画サイトに出ようが出まいが初回盤を買うのは間違いないわけです。彼らはそんなコアなファン。そんなファンが沢山いる。

 

じゃあ、半分だけの公式PVでもいいじゃないか…という話もありそうですが、問題はそこじゃない。問題はもっと大きな話。

要は、YoutubeでのオフィシャルPVというのは、既存のファンに向けてというよりも、まだPerfumeを知らない未開拓の一般人を惹き付ける為に存在する意味のほうがずっと大きいということ。特に世界に出ていくのなら、とにかくPerfumeを知らない人達に、まずPerfumeの事を知ってもらうことが大切。Youtubeのオフィシャルチャンネルなんて、Perfumeを知ってもらうために最高の宣伝の場なのに、PVが半分だけだと魅力も半分。要はPVが半分しかないと、宣伝効果も半分だということです。

今現在、公式のチャンネルに上がっている過去のPVも、徳間時代のいくつかを除いてはことごとく1分だけ。あれでは新規のファンは望めません。Perfumeを知らない海外の一見さんなんて、たまたまやってきて1分のPVを見ても「ふ~ん」で終わってしまう。あれでは曲1曲としての魅力もPerfumeの魅力も伝わらない。そもそも海外の人にとっては日本のポップスターなんてどうでもいい存在なんです。PVを出し惜しみしたらなんの意味も無い。

公式YoutubeチャンネルでのPVは世界中の新規ファンに向けての宣伝のため。ふらふらとリンクでやってきた一見さんを、ぐっと捕まえなきゃ。それには、魅力的なフルのPVが何よりも大切。

 

海外のアーティストの公式チャンネルでのPVを見てみると、音質を下げていたり、PVの中に寸劇を入れたりして、CDや配信の音源とは内容を変えていることもある。だけど曲としてはフルで出してます。そんなふうにPVを見て高品質のCDや配信の曲を買わせようという工夫はされているみたい。

だけどそれも最近のものだけ。過去に出した曲のPVならフルは当然。最近このブログでもとり上げた昔の洋楽のPVなんて、30年も前のPVがそのまんま公式で上がってたりする。これも、過去のアーティストの音源を売るための宣伝なんでしょう。それなりの効果はあるんだろうと思う。だからこそPerfumeの昔のPVもフルで出した方がいい。

 

なんだかうだうだと書きましたけど、「Fake ItPVのフル解禁でちょっとびっくりした。この曲はもともとシングルB面で1年以上も前に出たものだし、このPVもコンピ盤のプロモ用だから今回だけフル解禁になっただけなのかもしれないけど、とにかく目出度い。

私はコンピ盤の初回を予約してるので、このPVそのものは待っててもよかったんだけど、今回フルが解禁されたことによるPerfumeの宣伝効果を考えたらちょっと嬉しくなった。宣伝効果ありますよ。だって昨日解禁されたばかりなのにYoutube公式のコメント欄は現時点でもう17ページ。外国語の書き込みも多数。すごいもんです。

PVも素晴らしい。実は私はこの曲は「レーザービーム」とともに微妙に和な曲調(野球拳風)が気になってあまり好きではなかったのだけどPVで魅力倍増。やっぱり映像の力は大きいです。

それにPerfumeの綺麗なこと綺麗なこと。とにかくグループとして非常に魅力的なパッケージになりましたね。ほんとに綺麗だ。もう彼女達は何をやってもかっこいい。新しい映像が出るたびに目を細めて見とれる。もうあの3人でのビジュアルの型が決まっているので何をやっても安心して見れる。監督の関さんが撮るとPerfumeもますます綺麗。「Glitter」のPVでも思ったけど、関さんと組むとPerfumeは特に綺麗。長年、娘のように妹のように恋人のようにPerfumeをずーっと見てきた監督さんだけが撮れる映像なんでしょう。ほんとに綺麗だ。