2012年9月25日火曜日

映画『スイミング・プール/Swimming Pool』:してやられました

 
------------------------------------------------------------------------------------------------
Swimming Pool2003年)/仏英/カラー
102分/監督;François Ozon
------------------------------------------------------------------------------------------------

 
週末にオンラインの映画サービスNetflixにて鑑賞。
 
★超ネタバレ注意:こういう映画は前情報が全く無いほうが楽しめると思う。昔の映画だけどオチがあるのでまだ映画を見ていない人は読まないで下さい

 
あはははは…これはやられましたね…やれやれ。さすがフランスはエロの国。
 
もうあの若い女優さんのおっぱいに圧倒されてしまって最後まで気付かなかった。最後まで分かんなかったよー。いや途中で「あれ?」とか「どうして?」などという場面もあったの。だけど、なんとなくおしゃれな雰囲気とエロな勢いに押されてしまって、冷静な判断が出来なくなっていたような感じ(苦笑)。
前情報全く無しで見たので、もっと真面目な中年女性の心理劇だとばかり思ってた。そう思って途中まで見ていたのでビックリした。人を食ったような話。でも楽しい。

 
殺人が起こったところから創作だろうと思っていたけれど、最後の最後で別荘での話はぜ~んぶぜ~んぶそうだったというオチ。な~んだ…おっぱいに惑わされていただけじゃないの…(苦笑)これはしたり。アガサ・クリスティか。イギリス人だしな。
こういうミステリーものをおっぱい映像で惑わせるとは新しい手法なのか…(と言っても10年前の映画だけど)上手いな。これは見破れない。頭いいな。参りました(笑)。
シャーロット・ランプリングさんは相変わらずステキです。いつもかっこいい。
オゾン監督が、おっぱいにほぉーと見とれる観客の間抜けな顔を想像しながら脚本を書いたような映画。上手い。おしゃれです。騙されましたね。大いに結構。大きな拍手。

 
追記:ネットで感想を読んでたら色んな解釈があるみたい。そういう映画なんでしょうか。上でちょっとあやふやな書き方をしたのではっきりさせましょう。私はあれはぜーんぶ作家の作り話だと思う。版元社長の娘の名前がジュリアというだけで別荘にも来ていない。もちろんジュリーも存在しない。作家の女性は別荘でひと夏をたった一人、著作「スイミング・プール」を書いて過ごしたんだと思った。色んな解釈があることでそれぞれに楽しめる映画なのかも。面白いですね。