2013年6月6日木曜日

Perfume:World Tour 1st, DVD 感想



見ました。ヘッドフォンでがっつり3度見ました。

あー…すごいね…本当にPerfumeは芸術。このDVDは傑作です。

それにしてもなんと綺麗な大人の女性になったことか…。Bitterの頃からのDVDを持ってまして…そりゃー昔は可愛いかったんですよ。GAMEツアーは小中箱ライブの傑作。武道館もよかったですが、たぶん横浜⊿ツアーがセットも規模も最高。あの頃まではまだ勢いで突っ走ってる若い女の子達という感じで、あの瑞々しさが良かった。東京ドームで洗練され大掛かりになって、JPNではちょっと歌謡ショーっぽく甘くなったかなと思ったけれど、それも彼女達が進みたい方向ならいいのかと思ったりもした。

さて、JPNツアーから半年後の初の海外ライブ。万単位のキャパの会場をやってきた人達が、また1000人レベルの箱でやる。一体どうなるんだろうと思った。機材の運送費のかかる海外。おまけに小さい箱なら凝ったセットも出来ないだろうし、そもそもレーザーだって使えるのか。大きな箱でライブをしてきたアノPerfumeが、なんにも無い小さな箱でバックのスクリーン1枚で本当にいいショーが出来るのか…。実はちょっとだけ心配してたんです。

その心配もDVDを見始めて23曲が終わる頃にはすっかり消えました。シンプルなステージ上のPerfumeが素晴らしいんです。びっくりした。
 
 ★
とにかく彼女達が綺麗。彼女達そのものがあまりにも綺麗なの。鳥肌が立つほど美しい。神々しいとさえ思った。ほんとにすごいです。まさかここまですごいとは。Perfumeってこんなに良かったっけ…?

白の最初の衣装で「グローバルサイトのダンス」を踊り始めたとたんにアッと思う。これいい…。見慣れたグロバサイトのあのダンス。ライブなんですよねコレ。すごいじゃないか…。そこからすぐに「Night Flight」「コンピュータ・シティ」「エレクトロ・ワールド」。うわーベタだけどPerfumeの定番じゃん。これアジアで長年待っててくれたファンが超うれしいはず。なんとファン想いなスタート。「Laser Beam」のレーザーも綺麗。Perfumeはやっぱりレーザーと相性がいい。

Spending All My Time」では白い衣装を脱ぎ捨てて赤の衣装に。ここでね…まぁーこの人達は、なんと綺麗なんだろうと、なんと迫力のある美しさなんだろうとただただ見とれる。のっちの長い腕と脚は見る暴力。すんごい迫力。それに可憐なかしゆかさんのあの腰の高さは何? ほんとに人なの? お人形でしょ? あのスタイルはありえない。それにあ~ちゃんの柔らかな色気は?あの首筋から脇、胸にかけての曲線は…?

うわー…すごいよこのビデオ。たぶん最高傑作。カメラ数が少なくて、正面からの映像が多いのが何よりも嬉しい。特に足元正面の観客席から見上げるようなカメラが最高。こんな迫力のあるPerfumeの映像って今まであったっけ?下から見上げるカメラが近くて近くて、まさに肉迫するカメラ。Perfumeに肉迫してるんです。ステージの目の前でかぶりつきで見ているような映像。だから3人が生身の女、ギラギラムッチムチのオンナに見える。どこを見ても女女女オンナ脚脚脚脚アシ…。ものすごく綺麗でものすごくエロい。とにかくかっこいい。びっくりした。なんと素晴らしい。

ほんとに綺麗になったんだな…Perfume。昔の曲をやると特にすごいですね。前に比べて成長したのがイチイチ気になって、うあ~っと感嘆。キレイダナ…Perfume。彼女達があまりにも大人のオンナなんで、あの「Love The World」も「シークレット・シークレット」も、以前とはほとんど別物に見える。

Love The World」の最初のサビ「あきらめないで…」の直前に、中央で前進したのっちがグリっと身体をひねる。ギャーかっこいい。「シークレット…」のピョコピョコダンスも妙にエロい迫力。特にあ~様がイイ。3人とも不思議なくらい昔と全然違う。同じ動きでも今は迫力が違う。

みんな大きいのね。背が高くて手足が長い人達があれだけ動くのがものすごい迫力。もう脚ばっかりに目がいって…大変結構。眼福。私女なのにハァハァ言ってしまいそうだ。ただただほぉ~と無言で見つめる。真ん中で堂々と仁王立ちするのっちのかっこよさ。髪を振り乱して踊るかしゆかさんは、なんといいオンナなんだろう。かしゆかちゃんの細いウエストからお尻、脚へのラインは絶品。国宝にしたい。ほんとにすげーよ。

え…? 言葉がお下品だって…? いいのよ私はオンナなんだから。イインデス! もっと言わせろ! とにかくワタクシは綺麗な女の子が大好きでゴザイマス。もうあのふわふわむちむちのあ~様を見るとギュっと抱きしめたくなる。ほんとにたまらなく可愛い。

極めつけはEdge。あの小さなステージで、よくぞあの横浜の「Edge」を再現してくれました。それだけでまず感動。映像が主なので照明が暗くてご本人達が多少見づらいですが、実際のステージではよく見えたんでしょうか。それでもやっぱりこの演出はいい。のっちのあの一瞬のソロダンスはヤバイでしょー…。この曲こそ間違いなくPerfumeにしかできない芸術。これは是非ヨーロッパに持っていってほしい。

シンプルで1色だけの衣装もいい。身体の線にぴったりとして彼女達の魅力が最高に引き出されてる。本当に信じられないぐらい美しい。彼女達の動く肉体がこれだけ美しいのなら、衣装なんてシンプルなのが一番。白と黒のバックの「Fake It」では赤1色の衣装が映えて凄く綺麗です。こんな演出もまたいい。

「チョコレイト・ディスコ」はやっぱり名曲。ノリノリだもの。Perfumeの定番。曲調は甘めなのにライブだとビートがゴンゴンでノリノリ。ガンガン踊る曲。2012-MIXの間奏でお尻を振る3人が可愛い。みんな楽しそうだ。のっち先生がノリノリ。やっぱいいな…これ。そして幸せの「ポリリズム」ノリノリの「Spring of Life」。
 
 ★
ま…いつまで書いてもキリが無いですが、とにかくこのDVDでは、成長しきった大人の女・プロのダンスグループPerfume姐さん達を、下から舐めるように見てほぉ~~~っと感嘆するのがヨロシイ。いやーすごいもんですね。

以前から何度も書いてますが、とにかく今のPerfumeは綺麗です。それぞれが絶妙のバランスで違う魅力なのが素晴らしい。あ~様の抱きしめたくなるような柔らかな曲線の女らしさと愛らしさ。かしゆかさんの精巧に作られた人形のような完璧なスタイル。のっちさんの長い手足のゴージャスでパワフルな迫力。それぞれが別々の魅力でほんっとに魅力的。ファンもそれぞれのバラバラな魅力に惹かれるんだろうと思う。3人とも違うからこそ、それぞれ別々のファン層を惹き付けることができる。

こんなに綺麗な大人のPerfume。そんな魅力的な彼女達が、信じられないぐらい踊る踊る…。

やっぱり彼女達は世界クラス。間違いないです。人間というものは、人種、文化に関係なく誰でも健康的で綺麗な人間が好きなものなんです。ダンスで鍛えた美しいPerfumeの身体、このPerfumeの美しさならどこにだって行ける。世界中のどこに行っても、この美しさと迫力ならみんな圧倒されますよ。ほんとにすごいです。

すごいセットやレーザーとか、今までPerfumeのライブはギミックがあってこそだと思ってました。でももうギミック無しでもいけるレベルにまでなってたんですね。彼女達本人だけでも十分迫力のあるステージが出来る。そこまで彼女達は成長したのね。今彼女達は24歳。大人のプロのダンスパフォーマーとして今が最高地点かもしれせん。

(視点を変えれば)そんなパフォーマーとして完成された今の彼女達だからこそ、実験的な映像やレーザーと組み合わせると、信じれないほどハイレベルの芸術作品になるんです。こんな人達、世界中を探したってどこにもいません。

横浜⊿ツアーの頃は、セットがどんなに凄くても、彼女達本人はまだ子供でした。もちろんあの頃にはあの頃の魅力があります。あの頃のほうがいいというファンの方もいらっしゃると思う。でも世界に行けるのは今のPerfumeです。西洋が好むのは大人の美しさ、大人のプロです。今の彼女達には世界中のどんな人をもひきつける圧倒的な華、圧倒的なスターのオーラがある。

以前から「海外早くいけばいいのに…」などと言ってましたが、前言撤回。Perfumeは今が一番。今のレベルに完成されるまで時期を待っていたんだろうと思う。まさに満を持しての世界でのライブ。もう安心して彼女達に任せておけばいい。この人達なら、今まで誰も出来なかった事を楽々とやってくれるはず。本当にファンでいてよかった。

Perfumeがステージの原点に戻ったWorld Tour 1stBitterから6年を経てライブハウスに戻ってきたPerfumeは、狭いシンプルなステージ上で以前の10倍も20倍も大きく輝いて見える。やっぱりPerfumeはライブ。汗を飛ばしながらアスリートのように踊る彼女達の表情を見ながら何度か泣きそうになった。
 
このDVDは元々出す予定ではなかったそうですが、出て本当によかったです。ライブこそがPerfumeの最大の魅力。こういうPerfumeの映像こそ永遠に後世に残すべき。今の彼女達は国宝です。
 
どうかお願いだから、欧州ツアーも映像に残して欲しい。