2013年3月13日水曜日

Kyary Pamyu Pamyu - Ninjya Re Bang Bang (2013)



PV傑作じゃない?
 

Kyary Pamyu Pamyu - Ninjya Re Bang Bang (2013)

will be released on March 20


この…このビデオ…またやってくれました。スバラシイ! 参りました。まあよくここまで不思議面白ニッポンパーツを入れてくれたもんだ。ケオスですね。無茶苦茶。最高。

可愛い子供キャラ(きゃりーさん)、都市の上空を泳ぐ錦鯉の上の忍者、宇宙船、ダンシングロボット、メカ、ロボットバトル、閃光、ネオンサイン、金箔金屏風、月、着物、ぼんぼり、風神雷神ロボット…

曲もいいけど、とにかくこのPVにやられた。もう参りました。スバラシすぎる。

こういうくるったものは、きゃりーさんしか出来ないだろうな…。これだけのアイデア、誰が出したんだろう。

ちょっと前にTVで放送された彼女のヨーロッパツアーのドキュメンタリーを、動画サイトで見たのだけど、彼女も作品のアイデアを出してるんですね。その放送でも「カラー煙」とか「カラーパスタ」「狂った食べ物…」なんて言葉が彼女の口から出てる。そのアイデアを形にするのが周りのクリエーターの方々のお仕事。まだ20歳なのにもうクリエイティブサイドにいる。たいしたものです。正真正銘、彼女ご本人がアーティストなのね。すごいわ。

作り手としての胆も据わってる。とある男性ファンが「毒を無くして可愛いだけにして」と言ったのに対して、きゃりーさん「毒があるのも私がやりたいことだから、それがイヤならファンになってくれなくでもいいです」と言ったらしい。すばらしい(笑)。こんなに若いのに、ご自分のやりたいことがはっきりとわかってて、それを頑固に守れる強さもあるのね。上等上等。立派。

彼女のアイデアを元にして、それを形にまとめ上げる制作サイドの方々も素晴らしいです。とにかくセンスがいい。音楽担当中田さんもノリノリだな。

ライブそのものは、未だ子供が飛び跳ねて騒いでるようにしか見えないけど、あれはあれでいいんだろうと思う。彼女のライブはみんなでコスプレして、ワイワイ騒ぐパーティーみたいなもの。「なんじゃこらアイドルきゃりーちゃんと楽しく遊ぼう不思議ニッポンパーティー」みたいなものなんでしょう。楽しければいい。

ほんとに面白いお方が出てきたもんだと思う。