2013年1月2日水曜日

紅白歌合戦観戦記 2012/12/31


 
あけましておめでとうございます!

HAPPY NEW YEAR!

 
昨日1日遅れで紅白を観戦しました。
今回は録画したので全部見れました。


今年は舞台が素晴らしかったです。後ろの丸いスクリーンに横の柱、階段にまで映像が映せるのがよかった。ほんとに色んなジャンルの方々が出演するのに、よくあれだけの演出が毎回できるものだと思う。すごいです。

それから紅白の魅力とは、やっぱりあのごちゃごちゃ感だと今回あらためて思った。ティーンの女の子から歌の上手い演歌の方々、バンドに美輪さんにPerfumeと、それはまあ盛りだくさん。美輪さんもおっしゃっていたけど、これだけ色んなものを混ぜた音楽ショーもなかなか無かろう。

歌が上手いのはやっぱり強い(後述)。だけど、じゃあ演歌の方々ばかりを集めればいいのかと言えば、それは違う。「演歌の花道」はやっぱり見ない。だけどじゃあAKBやジャニーズばかりを集めたほうがいいのかといったら、それももちろん絶対違う。

紅白とはあのごちゃ混ぜ感、はっきり言えば玉石混淆(合)の面白さが一番なのだと思う。今年は去年に比べると、演歌の方々が若い人達に多少押されていた気もしたのがちょっと残念。

いつも何故かツンとした感じの堀北さんの司会も上手でした。あんな大舞台をそつなくこなせるのはたいしたものです。大きな拍手。スタイルもよくてびっくりした。


●演歌の歌手の方々は素晴らしい

私はもともと洋楽しか聴いていなくて、演歌なんて論外な人間だったのですが…。

長年日本を離れ、世間の流行りの影響も、歌の前知識も一切無い状態で、ただ淡々と紅白を見て思うこと。それは「歌の上手さは何ものにも変えられない」ということ。

去年の紅白の感想でも書いたのだけど、一番あっと思うのは演歌歌手の方々の歌の上手さ。たった1曲歌って、歌の上手さだけでぱぁーっと世界を作ってしまう力は何を持ってきてもかなわない。一瞬でステージを一気に自分のものにしてしまう迫力。やっぱりすごいですよ演歌の方々は…。

坂本冬美さんが上手いんだこれが…。今回の「夜桜お七」はベスト。綺麗。かっこいい。あの、決してノリだけでは歌えない複雑な歌を、歌い始めた途端に極上のエンタメに変えてしまえる力は凄いです。上手いうまいうまい…。艶のあるいい女ぶり。ほれぼれと見とれる…。石川さゆりさんと北島三郎さんの「火」から「雪」もよかった。演歌の方は全員素晴らしい。歌の力が強い。

細川たかしさん、天童よしみさん、五木ひろしさんが、若い子達とがやがややってるのは頭を抱えたけど、これも紅白ならではでしょうか。上手い人達がもったいない気もする。
 
今後も演歌は大切にしたほうがいいと思う。(私は全く歌わないけど)カラオケで歌って一番気持ちがいいのは、実は演歌じゃないか思う。演歌が廃れるとカラオケ文化も廃れるかも。歌だけでドーンとパワーが出せる分野は残したほうがいい…というか、演歌歌手のように歌う力だけで真剣勝負出来る人々を残したほうがいい。舞台劇でも見ているような演歌は日本の極上の文化だと思う。
 
 
●歌の上手い人は演歌じゃなくてもやっぱりいい
 
一番すかっとしたのはいきものがかりさんかな…。彼女の歌い方は抑揚も感情もあまり感じないんだけど、ぱーんと音が正確で単純に気持ちがいい。余計なフリルがいらない声。あの安定感は天性でしょう。由紀さおりさんももちろん素晴らしい。彼女は本当に上品で美しいマダム。美しい声に美しいお姿。海外でウケたのも納得。素敵です。全く知らなかったけどHYさんの女性ボーカルの方もパワーがあって上手い。何気に西田敏行さんがとてもいいお声だといつも思う。MISIAさんはすごく上手いけど、あれは砂漠で本当に歌っていたんだろうか…だとしたらすごいです。
 
紅白は1曲だけの1発勝負。ソロのライブのように23曲歌って喉を慣らしてから…というのが出来ない。だから今回の紅白でも、最初の出だしで「おいおいおいおい大丈夫か」という方が実は結構いた。歌の上手さは一番。こういう番組では特にそれを感じる。それも面白いところ。
 
 
●それから
 
矢沢永吉さんはかっこいいです。実力で長年上に立つお方は迫力がすごい。それに斉藤和義さんが背が高くてビックリした。何故か知らねど小柄な方だとばかり思ってました。可愛いYUIさんという方は、ギター一本で肝の据ったパフォーマンス。かっこよかった。Aikoさんの歌はフュージョン/スムースジャズ風。いい曲。ところで舘さんのバックバンドに元カシオペアの神保彰さんがいたぞ…。それから永ちゃんのバンドのギターは BOWWOWの山本恭二さん、ベースはDimensionのベースの方、ドラムもフュージョンの方かも…豪華。あのバンドなら見たい。
 
 
単純にいろいろと楽しめました。あのごちゃごちゃな玉石混淆が面白い。お金をかけた演出も豪華で素晴らしいし、演歌の方々はやっぱり上手い。歌の力は大切。こういうお祭りはいつも楽しい。
 
旦那Aもとても楽しんだ模様。こたつにみかんは出来なかったけど、年越しケーキとコーヒーで観戦。彼も坂本冬美さんが一番だったと言っている。
 
Perfumeの感想はまた今度…。