2012年12月7日金曜日

Perfume海外ファンクラブ開設に寄せて4 -Perfume公式海外向けオンラインコンテンツの現状



4 Perfume公式海外向けオンラインコンテンツの現状


…現在のPerfumeには海外のファンのための無料コンテンツが絶対的に足りていない!
(大いに吼えます。これは半年以上も前からそのままになっている大きな問題だと思うのではっきりと言葉にします。辛辣です。海外在住のファンからはこう見えるという事実を書いています。)


まず一番の問題は、鳴り物入りで始まった「グローバルサイト」が、現在英語での公式サイト(情報源)としては、全く意味を成していないこと。情報が少なすぎる。Perfumeの「グローバルサイト」の言葉に期待してやってきた一見さんが、Perfumeの事を学べる情報は殆ど無い。Youtube公式サイトへのリンクはあるけれど、情報らしい情報はそれだけ。過去に多少のニュース発表はあったものの、最近ではアジアツアーの情報さえ皆無。いつ訪ねても、人形が同じ音楽で踊っているだけ。扉のページを開けるだけにも時間のかかるこの重いサイトは3度見れば飽きて2度と訪ねようとは思わない。

どうやらこのサイトからリンクした公式Facebookで英語での情報を流しているみたいだけど、これをまず見つけられるのかが疑問。また同グローバルサイト上のTwitterへのリンクにいたっては、410日に更新が終わっているので、既に公式の情報源として終了している。それから英語での情報を期待してここにやってきた人が、わざわざ「JAPAN SITE(日本公式サイト)」のリンクにアクセスするのかも疑問。デザインも分かりにくい。

要するに、現状での「グローバルサイト」は、海外のファンにとってはほとんど意味の無いものだということ。あそこまで無い物尽くしだと、もはや公式情報サイトのつもりではないのだろうが、それなら「Perfume Official Global Site」の表記は止めたほうがいいのかも。海外からPerfumeの公式サイトはあれだけだと誤解をされる可能性もあるだろうと思う。


それから「JAPAN SITE(日本公式サイト)」そのものも、海外のファンにとって、いいかげんなGoogle翻訳で訳された内容は、摩訶不思議な英語の妙なもの。あれを公式の情報源とするのは非常におそまつ。まず曲の題名からしてまともな英語表記もされない。せめて海外のiTunesで配信されている(英語の)曲名と、このサイトの英語の曲名を同じにしなければ情報源として意味がない。ほんとに長い間そのままになっているけど、あの公式のGoogle翻訳は問題だと思う。あれでは新規のファンは何も学べない。


もうそろそろ、海外のファンのためのPerfume公式のまともな情報サイトが必要なのではないか…。