2011年12月29日木曜日

Perfume を海外へ-16 まとめ レベル別 海外に向けて

日本のアイドルPerfumeのあり方を1段階とし、西洋の一般の客向けの海外仕様Perfumeを対極として、レベル別に海外進出のあり方をリストアップしていきます。

--------------------------------------------------------------------------


1.日本でのPerfume、アイドル、ポップスター、TVスター、コンサートでの面白トーク、キャラ売り(日本の多くのファン向け、ネット上の海外での日本好きのコアなPerfumeファン向け)
-----→ 現状維持


--------------------------------------国境・言葉の壁--------------------------------------


2.1のパッケージをそのまま少しだけアレンジしたAnime-Japan Expo.仕様(海外のコアなファン向けのコンサート(ファンクラブコンサート)、Expo.内のコンサート等)
-----→ 現状に近いExpo.仕様、言葉の壁に対処した構成を



3.1のパッケージからキャラ売り、アイドル売りを少し弱めにした、アジア市場向け仕様(アジアのPerfumeファン、それから日本のファッションなどいろんな日本文化を追いかけているアジアの日本文化ファン向け、「おしゃれな日本から来た憧れのポップスター」売り)アジアの音楽フェスもここ
-----→ 楽曲の配信でファン層を増やすこと


---------------------------------------------西洋の壁--------------------------------------


4.ヨーロッパのファン向け、ダンス、良曲、少しハードめの西洋仕様の演出(Perfumeコンサート欧州版、MC少なめのソロコンサート。テクノだのユーロだのハウスだのそちら系の長年の積み重ねがある市場なので可能性は高い)
-----→ 欧州への楽曲の個別での配信による人気曲でのセットリストで


------------------------------------------アメリカの壁--------------------------------------


5.アメリカ仕様R&B+フェロモン系の本場で、本当の意味でテクノなどにあまり需要の無い国でのファン向けの小規模ソロコンサート(ここに切り込んでいくのが一番難しい、ここの市場は無いかもしれません。)
-----→ まずはUS市場へ楽曲を配信、ライブが出来るかどうかは、その結果次第

(追記;2013年のアメリカの現状は、エレクトロダンス系の音楽がチャートのほぼ中心になるほどの人気なため、この内容は全く見当外れなものになってますね。アメリカでは(アメリカ風味付けの)ダンスミュージックが流行ってます。現時点でPerfumeが一番売れているのはアメリカです。)(2013年4月)


--------------------------------------西洋一般人の壁--------------------------------------


6.強力海外仕様、バリバリのレーザーショー+メディアアート、Made in Japanの女性型ヒューマノイド+ロボットダンス+ポップスター+近未来舞台アートショー(一般客、物見遊山客、テクノフェス アートフェス、他)
-----→ 海外アート仕様中田リミックス、



--------------------------------------------------------------------------


以上、1を現状~6を強力海外仕様まで、段階別に戦略を考えられると思います。5のアメリカが実は鬼門で、ファン向けのソロコンサートというより、ファンクラブ向けくらいの感覚に絞った方がいいかもしれません。まずはJapan Expo.などでコアなファン向けに絞って少しずつ様子を見るしかありません。5のアメリカでの可能性より、ヨーロッパでの6の近未来舞台アートショーの方が成功の可能性が大きいと思います。