2018年5月21日月曜日

BABYMETAL:USワンマン終了!大成功!



ツアーの映像をちょっとだけ見てみた。大成功ですね。おめでとうございます。




今回のツアーの見せ方は、いつものBABYMETALではなかった。

(ファンに対して)事前に説明もなく、突然別のバンドの形になってのお披露目でしたが、(初日の客の少しの戸惑い以外は)全てのショーが大成功だった模様。いや初日も十分盛り上がってました。

すごいな。力技。ゆいちゃんがいないことに関して、ネット上ではまだ論議が続いているみたいですが、現地のライブそのものには殆ど影響がない。

今回の衣替えがすんなりと受け入れられた第一の理由は、BABYMETALのみなさんのステージ上での頑張りがものすごかったのはもちろんのこと、また観客がネット上の情報やファンカムなどで事前に予習をしてれたのも大きいのではないかと思います。

離れ離れの地方都市のそれぞれのファンが、この新しいショーの形を全く知らなかったとしたら…。戸惑いの方が大きくてあれほどすんなりとは受け入れられなかったかもしれない…それぐらい今回の(情報の無い)見せ方は危なっかしいものだったと思う。

しかしBABYMETALはそういうものを力技で押さえ込んでしまう。すごいな。ほんとに。


一旦見慣れてしまえば、今回のDARK SIDEのショーはとても面白いです。ゆいちゃんがいないのが寂しいとはいえ、プロのダンサーを2人、もあちゃんのキレ、すぅさんの驚くほどの成長…どれをとっても非の打ち所がない。素晴らしいショーであることは間違いない。舞台上の女の子達と神バンドさん達のがんばりが伝染するように観客が大騒ぎしている。

なんか…もうなんの心配もないんだろうな。
BABYMETALは何をやってもいいのかもしれないと思った。


SU-METALが特別なんですよね。彼女のボーカルが本当にすごい。今の時代はファンカムで色んな他のバンドのライブの様子が見られるけれど、彼女ほど良く通る声はなかなかない。ピッチが正確で綺麗に通る声は本当に気持ちがいい。宝物です。彼女の声いい曲さえあればBABYMETALは大丈夫…そう思わずにはいられない。いつの時代も歌の上手いボーカリストのいるバンドは強いものです。

それにしても今回は、神バンドさんがバックバンドになってしまっていましたね。以前の白装束がいかに神様達を目立たせていたのか…を改めて考えさせられました。今回の黒い衣装は、おそらくデザインも縫製もレベルアップしたものだったのだろうと思うけれど、目立たない。バンドファンとしてはちょっと残念。しかしこれももう元に戻ることはないのかもしれないなぁ。

そうなのね。今回のライブは「ショー」なんですよね。もう「ロックバンド」ではないのかもしれない。

コバさんやアミューズさんの過去の記事でも「BABYMETALはミュージカル」なんていう話があったぐらいですから、この方向が本来BABYMETALのやりたかったステージの見せ方なのかもしれませんね。

ツアーの成功おめでとうございます。