2017年11月17日金曜日

Joni Mitchell – Coyote (1976)



ジャコ様がいてこそ。


 
Joni Mitchell – Coyote (1976)

Album:  Hejira
Released:  Nov 1, 1976
℗ 1976 Asylum Records

Album:  Shadows and Light (Live)
Released:  Sep 1, 1980
℗ 1980 Elektra/Asylum Records


アルバムHejiraからもう1曲。最初に聴いた時からこの曲が一番印象に残っていたのでやっぱりここに置いておこう。好き。しかしこの歌は歌いにくい歌ですよ。

これもジャコさんのベースありきの歌。上のライブ映像はまたShadows and Lightから。この曲も久しぶりに聴いた。やっぱりいいわこの曲。カチッと硬質な音。キレがいい。ポーンと鳴る高音がいい。


余談だけれど、動画サイトを探して、この曲の他のライブ…『The Last Walts』でのライブも聴いてみたけれど全然違う。アレンジがあきれるほどだるだる全然ダメだ。もう別の曲だもんね。なんだか音が流れていてしまりがない。硬質の緊張感が全然ない。普通の歌になってる。いや…『The Last Walts』そのものは素晴らしいんですけど(一度テレビで見た事がある)あのライブでのアレンジはこの曲「Coyote」には合っていないと思う。

他と聴き比べてみればよくわかる。このHejira』のアルバムと、『Shadows and Light』のライブがいかにすごかったか。バックのミュージシャン達がいかに凄かったのか。今回あらためて感嘆してる。あまりのよさに震える。

ジョニさんも含めてミュージシャンの方々の年齢が若いのにも驚く。この1979年のライブでリーダーのジョニさんは36歳。ドン・アライアスさん40歳。そしてジャコ・パストリアスさんは27パット・メセニーさん25マイケル・ブレッカーさん30若い若い。映像でも皆さんお若いもんね。

…しかしジャコ様かっこいいな💕足が長いわね。好き💕スキ

この『Shadows and Light』の映像はVHSのビデオテープで持っているんだけれど、暫く見ていなくて、ちゃんとTV画面で見たくなってDVDを注文してしまった。ギャーッ楽しみ。それに昔買ったCDは完全版じゃなかったのね。抜けてる曲があったので全部まとめてMP3でも購入。しばらく浸ろう。

Hejira』は静かな曲も全ていい。


Jaco Pastorius & Pee Wee Ellis - The Chicken (1969 The James Brown Band original)
Jaco Pastorius - Kuru/Speak Like a Child (1976)
Joni Mitchell - Black Crow (1976)
Joni Mitchell – Coyote (1976)