2014年12月5日金曜日

Guns N' Roses – Welcome To The Jungle (1987)



昔話…。


Guns N' Roses – Welcome To The Jungle (1987)


Album:  Appetite for Destruction
Released: Jul 21, 1987
℗ 1987 Geffen Records


先日はアメリカでボーカルのアクセル・ローズさんの妙な噂が流れたみたいですがガセだった模様…んで思い出した曲。イントロからの盛り上がりがいい。昔はこれを聴いて「よしっ今日も頑張るかっ」と会社に行ってた。この曲は踊れる。歌詞の内容は未だに知らない。

このアルバム「Appetite for Destruction」はアナログで持ってた。1stアルバムだけどよく売れましたね。米では1位にもなった。結構いいアルバム。この曲の勢いが好きでアルバムも買ったんだけど、メタルと言ってもメロディがハッキリしていてバラードも多いし、全体に音のヘビーなポップソングという感じでした。一緒に歌える系。今聴けば全然優しい音?

この頃のHR/HM…特にアメリカで流行ってた音は全体的にすごくポップでした。メタルも今みたいにガリガリゴーゴーゴリゴリしてる音ばかりじゃなくて聴き易くて、女の子達もかっこいいミュージシャンを見るためにライブに行ってたと思う。今のゴリゴリのメタルって女の子のファンはいるんだろうか。

Guns N'もこの頃のメンバーは皆すごく可愛くて女の子のファンも多かったと思うけど、いろいろとオイタなバッドボーイズだったらしく、その後いつのまにか見かけなくなった。その後のことは全く知らない。あ…そうだ、来年BABYMETALちゃんの出るアメリカのメタルフェスには、ギターのスラッシュ君が出ますね。まだ元気なんだな。

もう一つアクセル君といえば、Queenのフレディさんのトリビュート・ライブで、最後の最後にエルトン・ジョンさんと「ボヘミアン・ラプソディー」の締めを歌うという大役を果たしたんですが、曲が最後ゆっくりになったところで「…nothing really matters….」とガラガラ声で歌い始めたところで大きく音を外してしまい(笑)、エルトンさんは隣で渋い顔をしているし、ドラムのロジャー爺は2人の後ろで大笑いしているのがツボ。大御所に囲まれて緊張してたんでしょうかね…。


Queen - Elton John & Axl Rose - Bohemian Rhapsody
(Freddie Mercury Tribute Concert)

 エルトンさんが若いね。アクセル君も。