2014年2月26日水曜日

TBS 月曜ゴールデン特別企画 『恋』



日本では去年の12月に放送だったらしい。こちらの日本語ケーブル・TV Japanでも本日放送。原作は未読。

あ~これいいわ…いいな。うんうん。

まぁ…あのね…これが中高年女性の為の昭和風味のドラマだと言えば…そのとおり! そうですそうです。…しかしな…これは70年代あたりの少女マンガを覚えている世代には、たまりませんですね…(笑)。

いいな…毒がある話って。ステキ。最近こういう話をあまり見ませんからね。欧米の映画では今でも時々見かけるんだけど、今の日本ではこういう真顔で制作した男女の悲しくて暗い話は珍しいですよね。


配役も最高。石原さとみさんの矢野布美子、本当に素晴らしいです。なんて綺麗なんだろう。小さな鼻に繊細な輪郭、細い顎の上のぼってりした唇。セクシーです。たまらなく可愛い。石原さんは27歳だそうですが清純な感じが本当に綺麗。70年代のうぶな女の子という設定もいい。純情だからこそ怖いんですよ若い女の子は。一途ですから…。

そもそもこんな設定って今どきの若い人達で可能なんでしょうか。無理じゃないのかな。昭和の日本の女性の道徳観は今では考えられないくらい強いですからね。話の最後が多少安っぽい展開だったとはいえ、こういう昭和の話を今の俳優さん達で今どき恥ずかしげもなく真面目にドラマ化したTBSさんには大きな拍手。いいじゃないですか…欲情のもつれ。日本のドラマでこういうの久しぶりに見た。


崇徳上皇…いや井浦新さんが、これまたこんなエロいオヤジ・片瀬信太郎を演じられるとは驚き。あ…この俳優さんは39歳ですか。もっと若いかと思っていた。最近の俳優さんはなかなか色気のある方がいらっしゃらないんでこれは嬉しい発見。しかし39歳ならもっとギラギラしててもいいのに。皆さん若くて爽やかですよね最近の俳優さん達は。

それから片瀬雛子の田中麗奈さんもいい。彼女もすごく綺麗。いい雰囲気です。彼女は本当に細くてちょっと危うい感じが魅力的。電気屋になびくあたりから、話が急展開になったんでちょっとそれが残念ですが、悲しい女の役なんてとても似合いそうです。

電気屋・大久保の斎藤工さん。この配役はガチで狙ってるでしょう。この人は不気味なエロキャラが最高にキモくていい。このドラマではあまり掘り下げられたキャラではなかったので、ちょっと中途半端な気もしましたが雰囲気は合ってます。もっとキモくなってもいいと思う(笑)。

植木屋の石橋さんを始め配役全てが素晴らしいです。原田さんはいつも最高の女優さん。


それにしても、こんな話は今どき若い人にはウケないんじゃないかな。それともこれ話題になったのかしら。こんなにベタベタの人情・情欲物って昨今の醒めた若い人達には理解できるんでしょうかね。今の人達ってもっとサバサバと現実的だから、石原さとみさんの狂気は分からないんじゃないかな…(いやあの展開は私もよく分からなかったけど)。ああいうふうに自分を極端に追い込むような若い女性は今どきいるんでしょうか。皆もっと現実的で醒めてるんじゃないかな。

お話もベタベタなのね。富豪のお父さんが横暴で、女中を手篭めにして出来た息子が正妻の娘と仲良くなる話…なんて今どきありえませんもん。まさかないでしょう。

かし70年代の少女マンガにはこういう設定もあったんですよ。一条ゆかりさんの『デザイナー』とか知らない? 読んだのは70年代も半ばだったと思いますが、子供ながらに唸りましたね。しかしああいう風な話が今どきドラマ化されるとは驚きです。

原作を書かれた小池真理子さんは1952年のお生まれだそうです。もしかしたら同じような少女マンガを読まれていたのかも…。たまにはいいですねこんな話。ちょっとロマンスノベル風なのかしら…。いきなりハンサムな先生に助手を頼まれるとかね…ヤバいな(笑)。あまりそういうのを読まないんで楽しい。


この話、現実的には、30代のワケアリ夫婦が22歳のウブな女子大生を信頼して、全ての秘密を話すなんてありえないと思うんですよ。私が30代だったら22歳の学生なんて全く信じませんもん。そんなプライベートなことは話さないと思う。

だけどポイントはそこじゃないんですね。この話、女子大生の矢野布美子の目線で見るとなかなか面白い話なんですよ。仮に女子大生の妄想だとしても実に面白い。これウブな女子大生の冒険RPGとして見るとなかなかいいのね。いろんな意味で冒険でしょ。

これ最後にああいう多少安っぽい終わり方をしなければ、途中までの話の展開そのものはなかなかエロくてドキドキでいいですよね。若い女性が喜びそうな設定だと思う。そういう意味では、最近アメリカで高校生にウケた『トワイライト・サーガ』にも似てると思う。まあいろいろと若い女性が妄想しそうな展開で面白い。もっとドロドロに踏み込んでもいいな。その方が最後の狂気も納得できる。


ともかく、こういう話を真面目にドラマ化して下さったのは嬉しい。最近見たNHKさんの不倫ものなんて何故かお笑いになってましたからね。最近の若い人向けの恋愛物ドラマを見てもみんな癖のない一直線な話が多いんで、一般的にこういう一癖あって暗い色恋の不幸な話はあまり一般ウケしないんだろうと思う。しかしこういう情念の話が無くなったら本当につまらないです。もっとドロドロしたのをやってもいいと思うのよ。屈折したエロ話に見えて、実は人の心の話ですからね。古今東西普遍のテーマです。娯楽として大切に残して欲しい。

それにしても、こういう昭和テイストの話なら、7080年代に当時の俳優さん女優さん達でのドラマ化を見てみたい。松坂慶子さんや秋吉久美子さん、古谷一行さんとかもっとエロエロでやっていただきたい。女子大生は誰だろう…田中 美佐子か。電気屋は根津 甚八だな…。