2014年1月3日金曜日

Perfume:2013年 紅白のPerfume



今回の紅白のPerfumeはこの写真1枚で全てが語れると思います。




綺麗ですね。いい衣装。Perfumeは白が本当によく似合う。

今回の紅白は、昨日も書いたように、全体ががやがや騒がしいノリだったせいか、Perfumeが出てきた時の綺麗さと可憐さ、清楚さは他の出演者とは別次元でした。本当に綺麗だった。

(彼女達が望んでいるかどうかは別ですが)Perfumeはもう他と混ざってガヤガヤやるより、ああいう風に他と一線を引いたちょっと別次元の人達として存在していていてもいいと思う。

くまモンやふなっしーの遊び、綾瀬さんの噛み噛み、あまちゃん軍団のコント、AKB軍団や嵐を始めとする様々なグループのガヤガヤ感…今回の紅白全体を覆っていた下世話な面白さみたいなものとは、Perfumeは全然別の場所にいましたよね。

あのPerfumeの優等生的な雰囲気と1曲踊っただけの短い出演が、もし「印象が薄い…」と批評されるのならそれはもうしょうがないと思う。だってあの紅白で、ふなっしーやあまちゃんにPerfumeが絡んでもしょうがないもの。ああいうイロモノ系はAKBさんのほうが上手い。そういうことが上手なあくの強いキャラもAKBファミリーには揃ってると思う。

それよりも、淡々と今のPerfumeを限られた時間内で上手くプレゼンできたことのほうが彼女達にとってはプラスだったと思います。



ライゾマさんの動くプロジェクションマッピングも、観客からどよめきが起こってましたね。一瞬で観客をおっと思わせたのはよかったです。Perfumeファンとしては、あの演出はもう何度も見ているんでそれほどの驚きも無いんですが、Perfumeをよく知らない層の人々から見ればびっくりするような面白い演出だったんでしょう。ああいう特殊なものを見せて、Perfumeそういう特殊なグループだと一般の観客にプレゼン出来たのはいいことだと思います。押しの強い演出ではなかったとはいえ、ファンじゃない観客へのPerfumeの芸のお披露目としてはとても良かったと思う。


ただ私個人的にはあの演出はもう終わりでいいかなともちょっと思った。あの演出は、結局Perfumeご本人達を輝かせる演出ではないんですね。彼女達をスクリーンにして映像を映す方法なので、あの演出の主役がPerfumeである必然性はあまりないと思う。それが一番の問題。

あんなに綺麗な女の子達なのに、映像が映しこまれる瞬間は、手足も顔も全く見えなくなる。見えるのは映像だけ。だから踊ってるPerfumeの面白さを殺してるようにさえ見えてしまう。

Perfumeはどこ?

それに映すイメージも幾何学模様でいつもと同じ。もう少しイメージに変化を持たせてもいいのになとも思う。もっと具象的なイメージ…風景でも自然の物でも機械でも…人体に映し込んで面白いものは他にも沢山あると思う。もちろんそちらに凝ってしまうとますますPerfumeの必然性は無くなってくるんですが…

…等々、あの演出はもういいかな…と思った。しかし…このあたりはドーム公演の演出を見ないとなんとも言えないですね。数あるいろんな演出の中の一つならプロジェクションマッピングも面白いですもんね…。他で違う事をやっているのならこれはこれで進化させていっても面白いのかも。さてこれからどうなるのか…。