2014年1月2日木曜日

紅白歌合戦観戦記 2013/12/31



今回もまたまた録画の紅白を旦那Aと観戦。

うひゃ~今年は全部ぐだぐだやな…でも今年は40%越えの高視聴率だったそうです。…ということは、紅白そのものの意味が変わってきてるんでしょう。

去年は真面目にいろいろと批評・感想も書きましたけど、もうあまり意味は無いですね。なんだかわいわいガヤガヤいろんなものが混ざり合ったバラエティ風味。歌合戦というのはフォーマットだけ。本当に面白いのは周りのガヤガヤだもの。

実は私も一番笑ったのはくまモンとふなっしーの通路バトル。二人でもみ合ってカメラにしゃしゃり出てきて殴り合ってるのが一番面白かった。くまモンかわいいわー。みかんを持って出てきたらふなっしーが押し倒すし。嵐の二宮君、うるさいふなっしーを本気で後ろに投げ飛ばしましたよね…(大笑)。もうすげー笑った…本気で投げ飛ばしてんの…で、ふなっしーさん、後ろの人ごみに倒れこんでましたよ…ははははははは…。あまりにおかしいんで10回ぐらいリピートして見ましたもん。旦那Aも大笑い。


 
あまちゃんはドラマを見てないんでよくわかんなかったけど結構おかしい。能年さんは若いのに胆が据わっている。薬師丸ひろ子大先生が歌ったのは盛り上がったわね…。ワタクシそういう世代ですもん。
 
エーそれから、綾瀬さんはグダグダやね。超マイペースで泣きたいときに泣くし、噛むし、いろいろ間違ってへらへら笑うし…。しかしね…可愛いからしょうがないな。ああいう人に「真面目にやれ」などと文句を言ってもしょうがないですね。世間も結構彼女のおかげで和んでたみたいですもんね。すごいよなぁあのゆるさ。もう日本はそういうゆるゆるの国なんだと思うわ…まあいいじゃないか…。
 
あとはですね、大島優子ちゃんのびっくり卒業宣言? うひゃー! 北島三郎先生の最後の大舞台でそんなこと言うんかい…!うへーなんという度胸!…なんだか見直したわ。ええ。たいした玉でございます。すごいわね。
 
でもね、最後北島三郎さんが本当に華やかな舞台で有終の美を飾っていらしたのは素晴らしかったです。ドラゴンもすごい。さすがに大島優子ちゃん事件も最後は忘れられてましたね。
 
などなど…歌以外のほうがずーっと記憶に残ってます。ああいう風にしなきゃ視聴者を呼びこめないってことは、NHKの制作の方々もよーくわかっていらっしゃるんだろうと思います。結果、視聴率も良かったわけで、きっと次回もこういうバラエティ風味なんでしょう。これを喜んでいいのかどうか分かりませんが…。
 
 
さて、肝心のお歌は…? ざっと感想を…。

演歌の方々は上手い!

紅白を今も歌合戦と呼べるのは演歌の方々のおかげ。演歌の方々にハズレなし!全員上手い!この方々がいるかぎり安心…なんですけど、この演歌のジャンルは生き残る事が出来るのか…が、今後の一番の大きな課題でしょう。このジャンルが廃れていくのはほんとうに悲しい。もし無くなったら日本のエンタメ界にとっての最大の損失。もっと日本人は演歌の素晴らしさを見直したほうがいいと思います。このジャンルが無くなったら、歌を歌える人がいなくなる。マジで…。非常に心配。
 
じゃあJ-POPの方々は歌えているのか…?
 
かなりあやしい。

皆さん、もうすこしお歌の練習をした方がいい。まあいろんなジャンルがありましたけど、上手かったのは松田聖子さんとクリス・ハートさん(彼が一番)。徳永英明さん、EXILEさんも上手い…とても気持ちいい声。いきものがかり。そして高橋真梨子さん。
 
あとはそこそこ。聴くに堪えない音痴レベルも56組(人)いました。
 
結局今のJ-POP界の何が問題かって…普通に上手く歌を歌えるプロのシンガーがあまりにも少ないんじゃないか。AIさんや平井堅さんはどこ行った。私が知らないだけで本当に上手い人達はもっといるんじゃないのか…。そういう人達が「その年最大の歌の祭典」に出なくてどうする…?
 
せめて、アイドルの人達にはもっと歌を練習して欲しい。昔のアイドルは上手かったですよ。山口百恵さんも、松田聖子さんも、中森明菜さんも、十代で歌のプロでした。今そういう若い才能のある歌手の方っているのかな…と本当に心配になってきます。
 
自作の曲を歌うシンガーソングライターは味のある歌い方ができればいい。だけどそればかりになったらつまらない。今の日本にはどんな曲でも歌いこなせる歌のプロがもっと必要。ポップスを歌わせてもバラードでも、何を歌わせても上手い歌手。いなくなったら問題だと思う。これから20年後30年後、もし演歌というジャンルが廃れていったら日本からプロの歌手がいなくなります。そろそろ実力で勝負する「スター誕生」みたいな番組を再開して、才能のある若い人を発掘したほうがいいんじゃないか…と本気で考え始めた。
 
作曲や作詞の上手い人が曲を書いて、プロの歌手が歌う…そういう文化をもう一度見直してもいいんじゃないか…。
 
楽曲ではサカナクションさんの「ミュージック」とmiwaさんの「ヒカリへ」がよかったです。
 
最後にTOKIOがびっくりするほどむさ苦しくてよかったわネ。エエ男。オヤジ臭くて大変よろしい。でも変な服。もっと普通の衣装にすればいいのになぁ…。