2012年12月4日火曜日

NHK大河ドラマ「平清盛」第47回「宿命の敗北」


簡単に…。

絵はいいんですよね最近。

ドラマそのもの(脚本、演出、思想)には、匙を投げたんですが…
それにしても清盛の松山さんはよくがんばってると思う。いろんなことを一人で肩に背負っているのが不憫じゃ…。時々演技に力が入りすぎてるのは実年齢の若さのせいでしょう。でも老獪で醜悪なジジイを一生懸命熱演してるのはいいと思う。今どきの27歳であそこまで自分を崩した演技が出来る人も少なかろう。まだ若いのになりふり構わず破壊的でいいと思う。なんかこのドラマで吹っ切れたのか。それとも元々こんな人?

対する源氏。頼朝君はもうちょっと肉を食って精をつけたほうがいい。なんとなくいつもほや~んと見えてしまう。奥さんのほうがずっと男前。それにかわいい義経君のほうが元気がいい。お兄ちゃんはもうちょっと元気を出しましょう。

あとは…深キョンが若い…。あきれるほど若い(ほぼ)60歳はいいのか…。