2011年12月15日木曜日

Perfume を海外へ-6 なぜ海外に可能性があるのか-----1.不思議の国ニッポン人気

1.不思議の国ニッポン人気
このコラムを書こうと思ったきっかけは、彼女たちのYoutube映像への外国人からのコメントでした。ああ、けっこう人気あるんだな…と。それで、いろいろと調べてみると、Perfumeが、海外から見たここ数年のいい日本のイメージの直球ストライクゾーンの真ん中にいるんだと判ってきたんですね。
例えは、一部の若い人たちに人気のギャル、ロリ、ゴスなんかのストリートファッション。キティちゃんのサンリオ。メークやコスプレ。そんなコスプレの元ネタのアニメ。日本のテレビのアニメは30年以上も前からヨーロッパに輸出されているし、それにちょっと前ポケモンはむちゃくちゃ売れたんですよ。宮崎監督やその他一連のアニメ作品はディズニー経由などでどこでも手にいるし、マンガはアメリカでは大手の普通の書店のコーナーに翻訳されて壁一面に並んでます。村上春樹も大変な人気で本好きの人なら誰でも知っている名前。現代美術では、村上隆さんがちょっと前ヴィトンとバッグをコラボしたし、奈良美智さんの子供達はキャラクターグッズになってデパートで売られてます。それから三池崇史監督の残酷物がアジアンエクストリームといって一部にうけてたり、ニンジャ、サムライは誰でもわかる名詞だったり。
それにやっぱりゲーム関連、セガ、任天堂…、プレイステーションにWii…。こういう製品は世界共通の常識レベル。そして今まで長年積み重ねてきた高品質の日本製品、SONYTOYOTAHONDAPanasonicTOSHIBA、NIKONCanon、などなど数えればきりがない(MUJIUNIQLOも)。最近ではロボットが特に有名で、ホンダのアシモくんはその技術力に驚愕ですよ。

そんなものが混ざり合って、日本がなんだか面白そうなところに見えるのはほんとうなんですね。全部あわせるともう何が何やらわからない。だからいい。いろんなことが進み過ぎてる面白さ。ともかく、こういうものが過去10年くらいで徐々に浸透していったのを感じます。

そんなフシギの国ニッポン人気に最近のっかった方が2人いて、初音ミクときゃりーぱみゅぱみゅ。初音ミクは今年(2011年)トヨタと組んでCMに出演、それからLAAnime Expo内でコンサートまでやって評判だったらしいですね。私もYoutubeで日本のコンサートの様子を見てびっくりしました。こんなことが出来るなんて日本はすごいと思った。客もいい。きゃりーさんはあのPVの変世界とキャッチーな歌がヨーロッパで人気ですね。お二人とも可愛いです。面白い。