2018年3月13日火曜日

David Byrne - Everybody's Coming To My House (2018)



お元気ですね。





Album:  American Utopia
Released:  Mar 9, 2018
℗ 2018 Todomundo Ltd., under exclusive license
to Nonesuch Records Inc. for the United States
and WEA International Inc.
for the world outside the United States.



先週の、深夜番組The Late Show with Stephen Colbertにトーキング・ヘッズのデビッド・バーンさんが出ていたぞ。新しいソロ・アルバムが出たそうだ。

Talking Heads80年代初期にアート系の大変な人気のバンドだったんですけど、私はどういうわけかこのバンドにハマることはなかった。たぶん同じアート系ならDavid Bowies先生のほうがいいと思ってたんですかね。

Talking Headsはベースが女性だったりアフリカ調のファンキーなリズムの曲もあっていろいろと面白いはずなのにどうも馴染まなかった。…たぶん頭でっかちな音楽に感じたのかも。頭で作ったグルーヴ…なんかインテリ過ぎて狙いすぎてノリが合わなかった。メロディも足りない。いやPsycho Killer🐔🐤でふざけてるよなぁと思っちゃったのかも。Burning Down The HouseOnce in a Lifetimeはかっこよかったけど

当時の友人はデビッド・バーンさんが好きと言っていたっけ。ワタクシは彼のルックスも微妙…感情が読めない目…それが一番の理由かもしれない 😵

旦那Aは大好きだったそうだ。学生の頃よく聴いていたらしい。たぶん今も棚にCDある。

というわけで、バーンさんがコルベアの番組に出ていらしてインタビューもあったんだけれど、彼はかなりシャイな方かもしれませんね。しかし音楽が始まったら踊りながらお歌いになるので、おぅお元気だなとびっくりした。いい感じです。ハーメルンの笛吹きみたい。 コルベア氏も若い頃大ファンだったそうだ。一緒に歌ってます。