2017年3月1日水曜日

LIVE★Journey/ジャーニーLive!!!・2戦目 -26 Feb 2017



結局2回目も参戦しました。


★当日の朝

昨日からの心の穴は埋まらない。何度もジャーニーのメンバーのTwitterを覗く。ニールさんとケインさんは1日違いでお二人とも誕生日だそうだ。ケインさんはびっくりするほど熱心なキリスト教徒なのね。ビデオで「今夜またショーがある…」と言っている。

ちょっとTicketmasterを覗いてみようかな。あ…まだ席が残ってますね。お一人様席はまだいい席がポツリポツリと残ってます。おお…。

ケインさんが「今日は僕の誕生日…67歳になった」と言っている。えええええええっ?そんな年なの?????ええええええ?

ちょっとまて。今67歳ということは、もしジャーニーがまた5年後にこの土地に来ることになったら彼は70歳を越えているじゃないか。ニールさんは明日が誕生日で63歳。ロスさんは何と68っ!スティーヴさんは62歳だけど彼はいつまでジャーニーにいるかもわからないアーネル君は49歳。彼も5年後に今のように歌えるだろうか…。

今を逃したらもうこんな現役バリバリのジャーニーは見られないかもしれない…。

心臓がドキドキし始める。行こう。行かなきゃ。もう1回見よう。背に腹はかえられぬ。旦那Aに告げる「今晩また行って来るわ。」少し驚いた顔をしたが「わかった」と言ってくれた。ありがとう。晩ご飯は作っていくからね。心は決まった。

Ticketmasterでチケットを購入。チケットをプリントして準備完了。さあ久しぶりにお一人様参戦だ!力みなぎる…。


LIVE 2回目

★前座が始まっていた
 
駐車場についた後もだらだらして、のんびりと会場に入ったら前座のWillie Kさんの歌が始まっていた。チケットを見ると今日は開始時間が1時間早い。おっと待ち時間ゼロ。Willieさんが終わってキッチリ30分後の730分に会場が暗くなる。Journeyのライブ開始です。
 
 
 ★ゆっくりと温まる

今日の席も悪くない。金曜日の席と同じぐらいの高さ…アリーナのフロアから階段を上がった4列目、金曜日より一つ後ろのブロックなのでステージは少し遠くなる。アリーナのフロアを前後に二分して走る通路の横の階段席。それでも近い。十分満足。

ヒット曲が続く。おっと客がおとなしいかも。立ち上がらない。金曜はフロアがすぐに総立ちになったのに今日は皆座っている。そうか日曜日の今日は、明日学校や会社のない年寄りが多いのかも。それでも歓声は十分にあがっている。やっぱり皆一緒に歌う。今日は私もおとなしくバンドを鑑賞しよう。

今日は2回目なので落ち着いて安心して見ることが出来る。セットリストはほぼ同じ。「Be Good to Yourself 」「 Only the Youngがやっぱり嬉しい…美しいコーラス、切ないメロディーがいい。思わず歌う。今日はオペラグラスを覗いてじっくり味わう。これもまたいい。Lightではお約束の星が会場に舞う。とにかくジャーニーは曲がいい。曲が素晴らしい。

今日の席は前面から見る角度に近いので、ニールさんのギターもよく見える。オペラグラスからまたスティーヴさんを見る。ふあ~彼はかっこいいなぁ。

★今日の目玉はESCAPE

ライブの半ば、1213番目の辺りは毎回セットを変えているらしい。今日は「After All These Years を歌わなかった。たぶんアルバムEscapeからのStone in LoveStill They Rideをやったと思うがはっきりした記憶が無い。そして、

 あっ
ESCAPEだっ!

おおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!モリアガル。ほーっこれは目玉目玉目玉っ。ひゃ~まさかこの曲が聴けるとはっ!嬉しい嬉しい嬉しい嬉しいよっ。これだ…今日来てよかった。この曲大好きだうれしいっ。

大興奮して携帯で動画を撮っていたら途中で画面が固まった。メモリーがなくなったらしい。その後携帯のカメラ機能は全く作動しなくなる。いい…それでもいい。Escapeが聴けたならそれでいい。動画も30秒ほど撮れた。

★スティーヴ先生

その後「La Do Da」の後にスティーヴさんのドラムソロ。オペラグラスでガン見。キレがいい。く~かっこいい。彼は本当にかっこいい。やっぱり来てよかった。無茶苦茶かっこいい。惚れた惚れた惚れた好きだ好きだ好きだ好きだ 彼は知的な雰囲気ですよね。ドラムを叩く表情が哲学者みたい。激しいのにどこかクール。素敵ね。彼の事をもっと知りたい。

ニールさんのギターソロもそうなんだけど、近年はこういう個々の楽器の長いソロをあまり見ませんよね。昔のバンドは長いソロが多かったのに。長いドラムソロはすごく盛り上がる。スティーヴさん本当にかっこいいわ。(…フュージョン系は今もドラムソロが多い)

★アーネル君がまた走る!

曲は進む。Wheel in the Skyの間奏が始まったので、さっき固まった携帯をいじっていたら、なんだか周りがうるさい。頭を上げると、

アーネル君がフロアを走っていたっ!

わああ、あ、目の前に来たっ!ここの席はフロアの真ん中の通路の横の階段。目の前でアーネル君が立ち止まる。わっこっち向いた。目があった!わあああっ。周りが階段を駆け下り始めたところで、アーネル君があっちに走っていった。

わああああっ今ここにいた。目の前にいた。興奮っ!なんだか笑いがとまらない。周りもみんな立ちあがっている。そしてFaithfullyの合唱とDon’t Stop Believin’で大盛り上がり大会。やっと会場が温まった。みんなで歌う。歌声喫茶か。夢中で歌っていたら紙ふぶきが数枚顔に張り付いた。

★そしてアンコール

ニールさんの「サンタナみたいなのジャムってもいい?」でLa Raza del Sol開始。まってましたスティーヴ先生。オペラグラスを覗き込みじっくりと鑑賞。会場はみんな座り始める(笑)正直やね。まあフュージョンのライブなんて座ったままが多いから不思議ではない。しかしこのリズムなら踊りたいよねぇ。

Lovin', Touchin', Squeezinでまた全員立ち上がる。合唱。歌う歌う。そのままRock and Rollで締め。ああ…終わってしまった。


★本日の感想

今日は金曜日に比べると客がおとなしかった。なかなか立ち上がらないし、立ってもすぐに座る。それでも歌声は聞こえてくるので皆楽しんではいるらしい。会場は95%ぐらい埋まったのかな。今回のジャーニーのショーは全3公演で、この日は最後の追加公演だったので完売はしなかった模様。それでも雰囲気は悪くない。やっぱり皆歌う。

金曜日の最初から興奮気味の観客に比べて、今日はなんとなく全体がまったりしていた。まあこの土地はだいたい皆のんびりしているからこの感じもいい。特に今回私はオペラグラスでスティーヴ先生をしっかり見たかったので着席は悪くなかった。

アーネル君が一瞬目の前に来てくれたのも嬉しかった。もうこんなことは2度とないかもしれないなぁ。彼はかわいいのね。49歳でほぼ同世代なのにすごく若い。ステージ上で何度も飛び上がってとても元気がいい。彼のバンドに対する愛と謙虚さもいい。ジャーニーのメンバーであることを全身で楽しんでいるんだろうと思う。彼が見れて聴けて本当によかった。好きだ感謝してます。

それからキーボードとコーラスで参加、1曲歌ったトラビス/Travis Thibodauxさんのことも忘れずに書いておこう。ツアーのサポートメンバーなんだろうけど、彼のシンセやコーラスがバンドの音に厚みを加えていたことは間違いない。どの楽曲もライブなのにアルバムとほとんど変わらないコーラスが素晴らしかった。ジャーニーはコーラスも凄い。


最初に彼らの曲を聴いてから35年以上の時が過ぎた。長い時間が過ぎてしまったけれど、今の彼らを見られて本当に良かった。彼らのライブの力技を知る事が出来てよかった。バンドとして本当にレベルが高い。そしてジャーニーは楽曲が命。素晴らしい楽曲を再現するために全員が全力をつくす。なんとかっこいいバンドなんだろう…。彼らの歌に再度出会えてよかった。

来てくれて感謝してます。ありがとう。Thank you


さあこれでお終い。2回見たから満足出来た。金曜の夜のような心の穴は感じない。満足した。お一人様でも参戦してよかった。

ライブの後は会場周りを30分ほどうろうろして余韻に浸る。これも自由。駐車場が空にになった頃に車を出す。夜の10時半も過ぎると街に車の数は少ない。海沿いの誰もいない広い道をゆっくりドライブして帰る。いや~いい…気持ちいい。ぼっち…いいわ。自由だ。やっぱり私は一人が好きだ。また行こう。見たいバンドが来たらまた一人でも見に行こう。

帰宅してドアを開けると猫さんがガレージからの入り口に迎えに来てくれていた。旦那Aが仕事中なので1匹で退屈したらしい。なんだかベタベタ甘えてくる。寂しかった?ごめんね。またいつものように猫を追って走る…。


Setlist Feb. 26 2017
1. Separate Ways (Worlds Apart)
2. Be Good to Yourself
3. Only the Young
4. Guitar Solo  (Neil Schon) 
5. Stone in Love
6. Any Way You Want It
7. Lights
8. Piano Solo  (Jonathan Cain) 
9. Open Arms
10. Guitar Solo  (Neil Schon)  
11. Who's Crying Now
12. Escape
13. After The Fall  (Travis Thibodaux on vocals) 
14. La Do Da
15. Drum Solo (Steve Smith) 
16. Guitar Solo (Neil Schon) 
17. Wheel in the Sky
18. Faithfully
19. Don't Stop Believin'
Encore---------------------
20. La Raza del Sol
21. Lovin', Touchin', Squeezin'
22. Rock and Roll (Led Zeppelin cover) 
-----------------------
Setlist fmのデータが修正されていて、これが最終版らしいんだけれど、私は未だに(たぶん12番のあたりで)Stone in Loveをやった気がする。やんなかったのかなぁ。