2016年4月27日水曜日

NHK大河ドラマ「真田丸」第16回「表裏」 4月24日放送



サナダマル16回。話のほとんどが大坂城内の信繁の出来事という感じですが、歴史も進んでます。いつの間にか大名同士の戦は秀吉の許可制になったらしい。それで徳川は真田を攻めたいわけですが、一応秀吉にお伺いを立てる。上杉は「真田に味方をするな」と秀吉に釘を刺されているので、徳川が攻めてきたら真田は大ピンチという状況。

●あらすじ
上杉は越後へ帰郷。真田パパは上洛しない。秀吉は痺れをきらす。もうすぐ九州征伐も始まるし、徳川が真田征伐の許可を求めてきたので許可してしまう。真田ピンチ。…茶々さんと仲良くなれば殺されるかもしれないし、石田さんは利休さんを排斥しようとしているし、信繁いろいろと困った。

★感想
・大坂城。上杉さんが信繁を残して越後に帰っていった。あれー
・信繁、秀吉に呼びつけられ「上杉に真田に味方をするなと言ったのよ」と言われる。あれー
・そして秀吉の馬廻衆に勝手に決められている。いろんな事が勝手に進められている
・直属の上司は平野長泰「茶々様に近づくと殺されるぞ。実は前の子もそうなんだよ…」
・秀吉は利休による舶来品の展示即売コーナーへ。
・秀次が美術に詳しい。ブランド品に詳しいのね。
・寧々さんへ帯をプレゼント。
・おいきりちゃん、寧々さんとこで何やってるんだ。
・秀吉「九州征伐が始まる」←おおおおぉ…ってこのドラマで九州攻めが描かれることはまさかあるまい。
・次は茶々さんへ帯をプレゼント…すぐに信繁に話しかけてくる。この娘はたいくつしてるんだろうな…。
茶々さんに親しくして殺された秀吉の近習は今までに3もいるんだそうだ。こええぇ。
信繁の真田のパパへのお手紙は検閲されていた!ひー。
・石田三成「これからの世は、大名は殿下の許しなく戦をしかけてはならぬ。…もはや戦で事を決する世は終わった」←今週の〆言葉。
・石田さんの高圧的な感じもいいですね。だんだん慣れてきた。
・石田さんは堺を配下におくために、利休さんを失脚させるつもりでいるらしい。それにしても信繁はいろんな事を知りすぎる。
・いきなり茶々さんから呼びつけられ(逃げ場なし)
・信繁はそれにしてもずいぶんずけずけとぶしつけなことを聞くわね。
・加藤清正はただの暴力男じゃないか…おかしいやろ。あ、それにさっさと「自分が殺した」と白状するのか?聞いてないです。みんなよく内情をぺらぺら喋りますね。
・井戸に投げ込まれそうになったところを秀長さんが通りかかったので助かる。ぶっそうやな大坂城。
・秀長さん「兄上についてここまでやってきた。…生まれながらの大名は一人もいない。元をただせば中村の百姓。あっという間だった。だが心がついてきていない。」←今日の決め台詞。秀長は弟。豊臣家も弟ができる人なのね。

・その頃浜松城では。娘が可愛い本多忠勝。デレデレしてる。稲ちゃんは元気がいい。

徳川は秀吉に真田討伐の許可をもらうふり…?

・信州・真田には上杉離反のニュース。家康は秀吉に下ったのか。昌幸パパ「えらいことになった。どうすればいい」

・大坂城。秀吉は信繁を呼びつけ「家康が真田攻めの許可を求めてきた」←え…これって信繁に言う必要ある?
・(家康が本心で秀吉に従っているのではなくても)家康は単に真田を攻めたいだけ。それに秀吉は先週「徳川に恩を売っておきたい」と言って上杉に真田を助けるなと言っているので、徳川の真田攻めへの許可は既に決定事項でしょう。秀吉は信繁に「そうかーだまされるところだった。」なーんてニコニコしてるけど、そもそも秀吉は真田のことなどなんとも思っていない。上杉にも釘を刺してるし「真田は逆らってるから徳川は勝手に攻めていいよ。」と思ってますよね。
・案の定、徳川の真田討伐は認められたらしい。
・驚く信繁。