2016年1月13日水曜日

NHK大河ドラマ「真田丸」第1回「船出」 1月10日放送



サナダマル始まりました。さーどうだどうだ?

今年は大河頑張って欲しいですね。去年は文字を打つのも無駄だと思いましたもん。また毎週日曜日を楽しみにしたいものでございます。

事前の期待は…うー…50%ぐらい? だってワタクシ三谷さんの映画を面白いと思った事が無いんです悶。あまり見ていないというのもあるんだけど。いつも軽い寒い…いや面白さがわからない。それから細優男の堺さんが真田幸村はアリなのか?…いやそれ以上に大泉さんのお兄ちゃんの方が心配やろ…。

この大河はコメディになるのかしら…重厚なんて無理ですよねぇ…1話目を見る前から三谷さん印はやっぱり心配じゃないですか…。さぁ一回目はどうだったのよ?


★全体の印象

わかりやすい
これ大切。この1話目って全体が色んな意味でわかりやすい気がした。

・ストーリーはシンプル
歴史に無知な海亀にもわかりやすかったです。

武田の元気がない。織田が攻めてきた。家臣は武田勝頼リーダーからどんどん離れる。忠臣・真田-草刈-昌幸パパが勝頼を自分の城に招いたものの勝頼は断り甲斐国内の別の城に移ることにした。そこでまた家臣の裏切りにあう。勝頼には帰る城が無い。武田滅亡? 真田の息子兄弟と家族は、父の待つ岩櫃城へと急ぐ。

・画面が見やすい
昔のカメラに戻った?光の当て方が普通のドラマっぽく見える。顔に光が当たっているので顔の表情が見やすい気がする。これって気のせいか?

・地図がいい
ゲームみたいですね。非常にわかりやすい。

そんなわけで、全体の印象は軽いんだけど話がわかりやすい。わかりやすいから話に入りやすい。そんな感じがした。


軽いのは家族の場面がコメディ調だから。現代劇ですよね。わがままな高畑ママに、妙に元気がいい木村佳乃姉さん、堺さんの顔芸、草刈-昌幸パパもかっこいいけどちと軽い。しかしこの軽さもそれほど気にはならなかった。大泉さんは意外に無難で大人しい

おそらくリアルな歴史再現時代劇にはならないんだろうと思う。例えば過去に男の真面目大河を作ろうとした『風林火山』みたいなものにはならないのだろう。丁寧に歴史を再現しようとした『八重の桜』前半とも違う。それなりに真面目な歴史大河に見せようとした『軍師官兵衛』とも違う。

今回『真田丸』の第1話は、淡々としながら家族の場面はコミカル。話もどんどん進む。最初に花火を打ち上げるような派手な場面もない。無駄を省いてストーリーのみを再現した感じもある。

しかし重厚ではないとはいえそれが悪いわけでもない。見やすくて、分かりやすくて、くどくならず、ストーリーをさらさらっと進めていく。今年はそういう見せ方なのかも。

海亀は本当は重厚大河が見たいんですけど、まー重厚重厚って言って最初から重苦しくなるのも問題ですからね。早くから重厚過ぎて視聴者にそっぽを向かれないように、今回はあくまでもテレビドラマ的な軽さを意図してやっているんだろうと思います。


★心に残ったところ
堺さんの馬上の変顔。大泉さんがいつ声を裏返してオーバーアクションになるかハラハラする。勢力分布図の小さい武将達が可愛い。草刈-昌幸パパの熊の毛皮。家族の団欒の音楽が昭和のドラマっぽい。温水さんが強いぞ。今回のMVPは平-勝頼様(哀愁漂う殿が素敵。可哀想)。

平さんいいですね。勝頼がもうすぐ終わりなのは惜しい。このお方はNHKのスペイン語講座でニヤニヤ優しいお兄さんなのに、キリッとした殿様の姿は本当に素敵ね。

真田を取り囲む外敵の顔ぶれもいい。なかなか曲者揃いなのは俳優さん達の顔を見てもよくわかる。この外敵キャラそれぞれがとても楽しみ。大河ドラマは大抵敵側のキャラの方が面白い。


★強弱と寒暖
家族の団欒や兄弟のやりとりの軽さもいいと思います。一番重要なのはドラマ内でユルイ場面とキビシイ場面を両方入れてドラマに強弱をつけて欲しいこと。昔の名作と言われる大河も、実は堅苦しい重厚なドラマばかりではないんですよね。『黄金の日日』にはコメディのシーンがかなりありました。面白かった『秀吉』もそう…竹中さんが褌一枚で変顔ハダカ踊りをした直後に、渡-信長が激怒して周りを震え上がらせるみたいな場面がよくあった。長丁場のドラマには強弱と寒暖があったほうがいいと思う。例えば『軍師官兵衛』にはユーモアが少なすぎた。

今回の『真田丸』の1話目にはそれほどの強弱はなかったけれど、なんとなく昔の大河を思い出させる雰囲気もあったので期待できるかもしれない。あとは優男の堺さんが、いかに勇猛果敢な強い武将に成長していくのか(可能なのか)、大泉さんがあのまま真面目なお兄ちゃんでいてくれるのか…生暖かく見守りたい。

実は現在、密かに『真田太平記』のDVDを見直そうかと思案中。

今年の感想は『軍師官兵衛』の時のように筋を全部なぞることはせず(大変だったので)、またいちいちガミガミ怒ることもせず、軽い感想だけを綴ろうと思います。