2015年7月17日金曜日

DOLL$BOXX - Loud Twin Stars (2012)



もう一度DOLLBOXX



DOLL$BOXX - Loud Twin Stars (2012)

Album: DOLLS APARTMENT
リリース: 2012年12月12日
℗ 2012 King Record Co.,Ltd.


この曲も1度聴いて頭から離れなくなった。いい曲です。本当にいいバンド。競争するようなFukiさんとはなさんのツインボーカルが最高にいい。バンドの化学反応。

前回の「おもちゃの兵隊」から、もう少しこのバンドについて調べてみた。このバンド、パーマネントなものではないらしく、2012年にバンド「ガチャリックスピン」の4人と、別のバンド「LIGHT BRINGER」のボーカルFukiさんがコラボして出来たバンドだそうだ。

コラボ・プロジェクトとして2012年に10曲入りのファーストアルバム「DOLLS APARTMENT」をリリース。その後4人のバンドのメンバーはまた「ガチャリックスピン」として活動していて、今後FukiさんとDOLLBOXXを再開するのかどうかはわからなかった。


まずこのガチャリックスピンさんが本当にすごいバンドで…いやー彼女達は楽器のテクだけでなく全員華があってすばらしいです。かっこいい。現在のボーカルは主にドラムのはなさんが担当。全員歌う。

色々と映像も見たんだけど、特にベースのKogaさんが非常にファンキーなベースを弾くお方でびっくりした。かっこいい。サクライテツオか須藤満か…バリバリにファンキーで好きなタイプのベース。踊らずにはいられない。KogaさんはPrimusがお好きだそうで…ウヒャー…スバラシ。

ギターのTOMO-ZOさんもキーボードのオレオレオナさんも、このバンドは全員が魅力的。全員上手い上手い上手い。こんなに上手かったら女版レッチリでもガチ王道でもなんでもやれる。怖いものなし。


ただ一つ外野からの意見。彼女達のことは先週知ったばかりで、よく内情を知らないまま印象だけでの(たぶん的外れな)意見なんだけど、私は今のガチャリックスピンさんには強力なリードボーカルが欲しい。

はなさんは歌も上手いしいい声なんだけど、一般的にドラムのリードボーカルは客が混乱しやすい。バンドは前面に派手なフォーカルポイントがあったほうがいい。その方がわかりやすい。

そんなわけで、結局ガチャリックスピンよりもDOLLBOXXのほうに目がいってしまう。Fukiさんのボーカルは本当にパワフルで、ボーカルがガチャリックスピンのうるさい音に負けていない。女性らしいのに力強い声がよく通る。本当に上手いですね。ちょっと松田聖子を思い出した。

実験的に生まれたコラボワークだったのだろうけど、このDOLLBOXXは本当にいいバンド。華やか。最強。ちょっと奇跡かも。時々またコラボしてくれればいいなと思う。