2014年10月24日金曜日

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第40回「小田原の落日」 10月5日放送



うわーまたまた1週間もごぶさたしちゃった。なんだか最近どうも筆が…タイプが進まない。やっぱり毎日お猫様と遊んでしまう。大変申し訳なく候。官兵衛感想コーナーもなかなかドラマに追いつけません。あと3回分。あ…今週末を入れると4回分になるな。年末までにはなんとかせねば…。

ドラマはやっぱりなんとなくさらさらっと見てしまってますが、人物達のキャラ設定及び配役は面白いと思う。竹中秀吉も、二階堂茶々さんと黒木おねさんの戦い、がっつり男前の伊吹氏政さん、イブ利休もかっこいいな。

ドラマとしてはやっぱり薄いかなという気もしますが、史実はいろいろと描写されているし、役者さん達を見るのも楽しい。しかし三成君はずいぶん悪者にされてるよなぁ。


★あらすじ

北条攻め。秀吉軍25万で小田原城を取り囲んで持久戦。3ヵ月後に官兵衛が和睦を直々交渉に出向く。折れる北条…本領安堵と思ったら秀吉爺が心変わり「氏政は切腹」。苦しい官兵衛。


●流れと感想

小田原城 北条氏は粘る。恭順はしません。氏政「来るなら上等!全面抗戦!」
大坂城 捨→鶴松を可愛がる秀吉。くーこれはおねさんは辛いねぇ。子供を持ったことで茶々の立場急上昇。茶々はますますふてぶてしく。それになんとおねさんを大坂城から追い出すことになった。茶々さんがやってくるからそうだ。おねさんピリピリ。二階堂茶々のビッチぶりもなかなか。
茶室 利休と官兵衛。利休「茶々→淀の方がのさばり三成が支える。秀吉は制御不可」
・大名の妻子は京に人質として集める…と決まった。おっとおねさんの京・聚楽第への移住は、(集められた)大名の妻子を監視するため。なるほど。
京・黒田屋敷 光と糸も京にやってきた。
小田原城 11月、秀吉が北条に宣戦布告。北条氏「上等!受けて立つのみ!」氏政さんやる気満々です。
京・黒田屋敷 秀長が来訪中。いきなり官兵衛に「豊臣家を頼むぞ」。急ですね。
大坂城 小田原城攻め作戦会議。秀吉軍は25。官兵衛が家康に家のリフォームのアドバイス→秀吉軍を泊めるため。
黒田家 夫婦の時間。和んでます。長すぎ。
159031日 秀吉軍出陣。三成は家康からの秀吉への城オファーを心配してます。三成は心配性ですかね。人が信頼できないんですね。まわりは皆敵ばかり。三成と官兵衛がガンを飛ばしあう。
・お~船が浮いとるぞ。
4月の1ヶ月で秀吉軍は小田原を包囲。北条さんはまだ余裕。
・小田原城が落ちなければ、周りの城から落とせばよい。というわけで三成が城攻めに送られる。「たまには武功をあげてみぃ」(キツイナー)
・…ところで秀吉、突然利休の竹の花入れを庭に投げる「つまらんっ!」ひゃー…これはどきっとしますね。
秀吉軍は宴会中。茶々もやってきた。また文句を言ってふてくされてます。おねさんの文句を言うと急に秀吉が顔色を変える「おねのことを悪く言うのは許さん」。お…いいですね。この二人の場面がだんだんよくなってきた。二階堂さんのビッチ茶々は悪くないと思う。
小田原城 だんだん苦しくなってきた?なんと秀吉は向こう側の山の上に城を建てちまいました。北条氏びっくり。
・そこで官兵衛が和睦を進言。交渉にも官兵衛が向かう。
・官兵衛いきなり城の前に馬を止めて一人乗り込む。この場面は第1回でのシーンですね。顔が若い。髭も痣も薄い。
・早速北条氏政と直々交渉。なんだか氏政さんに比べると官兵衛君は貫禄負け。ま~この氏政さんの迫力はすごい。「北条家を残す為にもご決断を」
75日 小田原城開城。篭城持久戦は3ヶ月か。
秀吉陣 官兵衛お手柄。三成の城攻めは失敗したらしい。
・ところで秀吉がまた前言撤回「氏政は切腹を命じる」ヒャー…官兵衛「それは話が違います」またまたびっくりしてますよ。ふぁ~こんなの何回目?秀吉爺は気が変わりすぎる。んもー宇都宮さんも北条氏も…毎回大変よ。
茶室 利休に愚痴をこぼす官兵衛。利休も同意。ぜーんぶ三成が悪い。利休さんかっこいいな。しかしいまさら秀吉爺の修正は難しいとおもうぞ。