2014年10月17日金曜日

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第39回「跡を継ぐ者」 9月28日放送



んん…なんなんでしょ…なんだかこの感想コーナー、毎回あらすじだけを書き起こして時々茶々を入れるだけになってきた。面白くないわけじゃないと思うし史実の細かい事も細々と出てくるのですが、何故か見ていて盛り上がらない。どうしてですかね。どうも応援したいキャラがいないんですね。もっと見たいと思うキャラがいない。だからどうでもいい誰かの話が淡々と進む感じ。竹中秀吉はだんだん怖くなってすごいと思うんだけどなぁ…。


★あらすじ

秀吉の言葉に怖くなって官兵衛引退宣言…が、秀吉に止められる。秀吉が茶々の妊娠をネタにした民衆を処刑。また官兵衛がガミガミ怒る。茶々に男の子が生まれる。


●流れと感想

・先週の続き…官兵衛が家康に会った。秀吉は「次の天下を取るのは官兵衛じゃ」。…え、今までそんなにすごいとこ見せたっけ?官兵衛君ご本人も困ってますよ。怖くなったらしい。
京・聚楽第 茶々ご懐妊。まーなんと趣味の悪い部屋だこと。伯父さんにそっくりな悪趣味ですね。
大坂城 茶々さん、おねさんにごあいさつ。「ここより京に移ったのが良かったわ」うひゃ~最初から戦闘モードだわこの小娘。ビッチやなぁ。たぶん黒木おねさんも気が強いと思うけど、この娘には負ける。この場面のおねさんの複雑な表情はよかった。
豊前・中津城 いきなり官兵衛が長政に家督を譲ると言う。家臣に理由を言って聞かせる。秀吉が怖いんですね。長政君泣き顔。
・夜、また落ち込む長政君を糸ちゃんがビシビシ慰める。長政君はよく落ち込むな。真面目なんですね。官兵衛夫婦も二人で和む。
大坂城 官兵衛、秀吉に引退の報告。秀吉もびっくり。秀吉、すぐにその理由を言い当てる。やっぱり頭いいんだな。もちろん秀吉は官兵衛を止める。三成が文句を言う。秀吉「これ以上わしと官兵衛の事に口を出すな。」三成の額の青筋がすごいです。
駿府 うだうだ言ってる徳川さんち。
大坂城 秀吉は最高パワー絶好調。茶々はわがままです。面白いなぁあははははははアホ…秀吉は茶々の前ではアホになる。男とは愚かなものでございます。
2月、事件。町衆が秀吉と茶々を揶揄する歌を詠んで喜んでいるらしい。秀吉が怒る怒る。ゴジラだ、吼えてます。結果、なんと100人以上を惨殺したらしい。おねさん泣く。
豊前・中津城 おねさんから官兵衛に「大坂に来て欲しい」とお手紙。
京・聚楽第 うわ~いきなり官兵衛暴言「耄碌してる」って言った?ガミガミ秀吉を厳重注意。ガミガミ言ってます。もうこのドラマ、こういうのを本当かどうか考えるのも無駄なんだけど、まさか官兵衛君があそこまであからさまに関白秀吉を咎めるなんて無理だろうな。結局、秀吉は金をばら撒いて民の機嫌をとる。2人とも仲直り。
淀城 茶々に男の子が生まれた。おねさんはちと寂しそうだ。
大坂城 長政は家督を継ぎ官位も与えられる。おねさんにあいさつ。おねさんも嬉しい。
小田原城 北条氏政キターッ!重厚。
豊前・中津城 官兵衛も部下と小田原攻めを考える。