2014年1月14日火曜日

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第2回「忘れえぬ初恋」



なんか…面白かったです。すごく大河っぽい。うんうん。あまり奇を衒った感じもしないし普通なんだけど、見たいところはしっかり見せてくれて気持ちがいい。合戦とかね。よく撮れてますよね。話もすごく単純なんだけど分かりやすくて…TVドラマ時代劇という感じでいいと思います。

妙に映像に凝り過ぎた映画風でもなく奇抜な漫画っぽいわけでもなく、かといって文芸調でも勘違い芸術枠でもなく、すんなりとTVの時代劇ドラマとして面白かった。去年の前半は超真面目な大河でしたから今回はサラッと戦国ものでいいのかも。

岡田さんはいいな…。顔がイイのは言うまでも無いことですが、アクションが出来るのがいい。馬を操る様子も殺陣も決まっていたし身体がよく動く俳優さんなのね。男臭くて時代劇が似合う。まだ30代前半なのにチャラチャラした感じもないし、すごくいい感じ。かっこいいです。このままイケメンアイドルであることを暫し忘れて、思いっきり戦国の猛者らしく汚れてくれれば尊敬するわ。ちゃんとハゲ月代ヅラも被ってね。ヨロシク。

結局、戦国時代のドラマは合戦シーンさえ決まっていればそれなりに満足できる…という証みたいな回でした。合戦シーンはきちんと描いてましたよね。まだまだ地方の小競り合いという小さい戦の感じもいいと思う。こういう感じでだんだん規模が大きくなっていく合戦シーンをきっちり撮っていけば戦国大河として面白くなると思う。


全体的に、台詞に深みがあるわけでも無いし、場面場面のつながりが特に上手いわけでも無いけど、それほど不自然な感じがしないのは、分かりやすい話でグイグイ次に繋げていくからでしょう。

話が分かりやすいんです。

若い官兵衛君、親分の小寺家に人質奉公。先輩にいびられる。親分のマダムは綺麗でエロい。親分にも可愛がられる。初陣。官兵衛君初陣なのに全軍を救って勝利。お手柄。先輩は面白くない。でも死体累々は怖いぞ。爺ちゃんの家に遊びに行くと可愛い彼女おたつちゃんがいる。その彼女が大人の事情で浦上氏に嫁に行く。官兵衛君悲しんでいたら、赤松家が怒っておたつちゃんが嫁に行った浦上氏に宣戦布告…ああおたつちゃんの運命やいかに!!!

ここまで分かりやすければドラマ的には十分。あとは演出でじっくり見せてくれればいいと思う。十分楽しかったです。官兵衛君の周りのむさいオッサン達も戦国らしくてなかなかよかった。赤松さんは「帰ってきたウルトラマン」だな。近年ウルトラマン・ジャックと言うそうだ。


そうだな…一つ残念なのは、官兵衛君、この時代には16歳なんですよ。近年の大河の子役が12回目で消えてしまう事を見ても、大人の事情だろうとは思うのですが、岡田さんは16歳には見えないですよね。演出上、岡田さんに似た高校生ぐらいの若い俳優さんを連れてきて成人するまで演じさせたらよかったのにな…とも思った。

おたつちゃんとの雨宿りなんて、まんま大人の男と若い娘の情事ですもん…はははは。二人が無理に別れさせられてもあまり可哀想な感じがしない。若い男の子ならもっと悲しい感じが出たと思う。赤松氏との合戦での機転の早さも、若い俳優さんのほうが将来の天才軍師を予感出来ていいと思う。まあいいですけどね。岡田君はイイ男なんで…まあいいや。


初回で懸念した江口信長さんもいいんじゃないかな…大きい人なので迫力がありますね。顔がどうも信長の雰囲気ではないんだけど、これから演技で押し切ってほしい。竹中秀吉の「おやかた様命」も微笑ましくてよかったです。

しかしながら今回一番印象に残ったのは高岡早紀さんのお紺様…ふふふ。