2013年10月16日水曜日

NHK 土曜ドラマ『夫婦善哉』 第4回



見終わった。なんか可愛かったこの二人。話の筋よりも何よりもこの二人の俳優さん達がベタベタベタベタするのがとても良かった 二人で一緒にいるのがとても可愛い。仲良きことは美しき哉…。いいですね。

だからいろいろとあったけど、結局仲のいい二人の場面が一番印象に残ってる。今回は二人がダンスしながらニコニコしてる場面と、二人でラーメン食べてる場面。娘の結婚式に呼ばれて嬉しくて二人泣く場面、それに最後に遠ざかる二人の場面がよかった。尾野さんが森山さんの顔を見上げるのがすごく可愛い。柳吉は照れ屋の昔の男なので、目線をあわせないんだけど嬉しそうなのね。いいわこの二人。

しかしまあ柳吉は蝶子の弟にまでやきもちを焼くなんてしょうもない男。本当に寂しがりやのアホ(笑)酔って管を巻き始めた場面なんてほんとにどうしようもない。自分に酔ってるだけじゃん。あんなのは横っ面をパーンと張り飛ばして「しっかりせんかいっ!」と叱ればよろしい…しかし蝶子さんも疲れちゃったかな。あの後落ち込んでるのね。

しかし森山さんにはダメダメナヨ男の妙な色気がある。困ったもんだ。ダメ男の時はほんとにみっともないのに、蝶子さんに見上げられてるときは何故かだんだんいい男に見えてくるから不思議。イイ男とは女が作るものである…風に見える。俳優さん達、すごいですね。

そんなわけでドラマも終わってしまったんだけど、最後のハッピーエンドのシメが、晴れてこの二人が維康の家に認められて夫婦になることなんですね。先週もそうだったんだけど、やっぱり結婚が一番の要なんだな。娘さんの結婚式に二人で呼ばれたってことは認められたってことでしょ。へーそうか…世間に夫婦と認められる事がやはり何よりも大切なんですね。雨降って地固まる。最後は本当に嬉しそう。

最後に遠ざかる途中でチューする…あ、こらもっと近くで ミセナサイ…。

それにしてもよかったよかった。楽しいドラマだった。短かったのも良かったのかも。セットや衣装も見て楽しかった。着物の派手さもいいな…この時代。ステキ。

またこの二人が一緒のドラマが見たいな。二人のいい俳優さんが新たに発見出来て嬉しい。