2013年9月10日火曜日

NHK大河ドラマ「八重の桜」第36回「同士の誓い」



今週ちょっと面白かったです。やっとなんか…動き始めたかな…という感じ。

もう会津は過去の話で、明治の同志社誕生物語みたいなものになってるんで、頭を切り替えなくては。とりあえず物事が進み始めたんで歴史ドラマっぽくなってきた。もーJoe君が八重ちゃんにベタベタハグハグする話なんてどーでもいーんだもの…つまらんわ…。


そんなわけで大変大雑把なあらすじ。

187510月頃。八重ちゃん(綾瀬はるか)が女紅場で教えていると、突然解雇されそうになる。耶蘇教のJoe(オダギリ・ジョー)と婚約したのが問題らしい。槙村さん(高嶋政宏)は、もし八重ちゃんが「絶対耶蘇にはならん」と生徒の前で宣言するならば止めなくてもいいと言う。八重ちゃん「旦那様の信じるものをないがしろにすることは出来ない。」すると槙村さん「口先だけでいい…。」結局、曲がった事が大嫌いな八重ちゃんは生徒に向かって「この結婚は自分で決めた。嘘はつけん!」と宣言して女紅場を止めてしまう。Joeは嬉しい。
 
その頃、巷でも耶蘇教に対する町人達の抵抗は激しい。そこを大垣屋さん(松方弘樹)が取り繕ってくれる。元公家の屋敷で18751129、同志社開校。生徒数8人。
 
187613日、Joeと八重ちゃん結婚。八重ちゃんはキリスト教徒になった
 
その頃、鹿児島では西郷どん(吉川晃司)が学校を開いて生徒を教えている。大山さん(反町隆史)が西郷どんに政府に帰ってきてくれと頼む。学校には不満分子も多くて、このままでは戦争になるかも…と心配している。そこで西郷どん「枯葉が落ちにゃ次の花が咲けん…それでよか…」
 
 
なんだか…強い八重ちゃんが帰ってきました……というよりも、この時代の京都がどんな様子で、キリスト教や外国人がどれほど嫌われていたか…というのが興味深い。いやーちょっと前まで、キリスト教は禁止(タブー)であり、また尊皇攘夷なんて外国人を嫌う動きも多くあったわけですから…なるほどな…。そんなところに、(Joe君が日本人だとはいえ)外国人の先生がいて、おまけにタブーな耶蘇の匂いまでするといったら、そりゃー嫌がられて当然でしょう。このドラマでは、町の親分大垣屋さんがなんとなくまとめてましたけど、実際にどうやったら可能になったんですかね。そのあたりの歴史は面白いなと思った。
 
八重ちゃん個人の心境の変化というのはあまり見えませんでした。彼女も今まで仏教徒で仏様を信じていたでしょうから、Joe君の奥さんになる前に(タブーだった)耶蘇教徒になっていいものかどうか…の葛藤はあったんでしょうか。いや無いのかなー。
 
 
現代の日本人というのは一般的に「西洋はステキ…」みたいなノリがあるみたいで、誰でもウェディングを教会でやったりするんで(この八重ちゃんみたいに)機会さえあれば仏を捨ててキリスト教徒になれる日本人は結構多いんじゃないか…と思うんだけどどうでしょう。
 
実は、とある宗教の信者になるって、その宗教の中身を知れば知るほどなかなか簡単ではないと思う。私、メリケン人と結婚して西洋に住んで長いですけど、未だにキリスト教徒になろうなんて全く思わないです。無宗教でいろんな学説を自由に学べたほうがいいもんな…。西洋人でも現代は宗教にすがることは一般的ではないです。よほどでないと日常でも何かの宗教の信徒になる必要性はほとんどないと思う。(…ところでワタクシはメリケン人の旦那Aに和装をさせて、ワタクシも文金高島田+角隠しに白無垢で嫁にいったぞ。日本の神宮で天照大神の前で誓いの言葉…とかやったのだ。旦那Aは「刀は刺さなくていいのか…?チョンマゲのカツラは被らないのか…? サムライ、スゲー!」とノリノリだったぞ。)
 
 
しかし100年以上前の西洋人にとってのキリスト教は、そりゃーもー今では想像も出来ないぐらい大変大変真剣なものです。あまりにも真面目すぎて、よその国の文化を壊して侵略しても平気なぐらいのゴリ押しの宗教だったわけで…そのあたり、会津の女・八重ちゃんは平気だったのかどうか…知りたい。
 
最初はキリスト教云々というより、おそらく「一緒になる旦那様の信じることを共に信じたい…」とか、そういう日本の女性らしい古風な動機だったんじゃないかと思いますが、あれだけ戦争で人を殺した所謂罪深い人キリスト教徒になって自らの心を救おうとした…とか、そういう考えって彼女の中にあったんでしょうか。実に面白いお題だと思うんだけど、そんな尺はないな…。
 
 
最後にまたまたカメのダメ出し。

Joe君、もうやたら人前で人をハグハグしないでほし…。いったい誰があんな現代人みたいなJoe君の演出がいいと思ったんですかね…。時代考証全く間違ってますよ。いくらメリケン人だって100年前はハグハグなんてしません。あまりに気になったので現代のメリケン人の旦那Aに聞いてみたら、彼の祖父母だってそんなに人前でハグハグしなかったそうです…たった40年ぐらい前でも。

八重ちゃんの時代の英国はガチガチのヴィクトリア朝で、男女は信じられないぐらいガチガチに分けられてたような時代なんで、同時代のメリケンもそれぐらいかなりお堅い状況だったろうと思います。特に宗教関係の人なんてガチガチだったと思う。
 
…よって、Joe君が誰彼かまわずハグハグするのを見るとモ~我慢できん!(怒)チョー違和感…イヤデス。ハグハグアメリカ男への妄想を、明治のアメリカかぶれの日本人にさせる必要もなかろう…ほんとあきれる。どーでもいいけど。