2013年4月14日日曜日

きゃりーぱみゅぱみゅさんがロサンゼルス公演大成功だそうです



まずは、その様子のレポートから。



いちいちチェックしていないんで気付かなかったんだけど、きゃりーさんはワールドツアーばく進中の模様。日本も含めてほんとに世界中回ってるんだ。すごいですね。今日まで知らなかった。

今回のロサンゼルスのキャパは2300人。実はこのお方、新人のように見えてロサンゼルスでは2011年から小さい箱でやったり、去年はJapan Expo内でショーをやったりして初めてじゃないんですね。

動画サイトに早速今回のロスのライブの様子がほんのちょっとだけあがってたけど、会場中大盛り上がり大会。「つけまつける」で会場中がバンザイして踊ってます。素晴らしい。たいしたもんです。

こちらはご本人の会見。

http://www.youtube.com/watch?v=j5fwnSk7JIQ(いつか消えるかも)


「日本政府が推し進めている“クール・ジャパン”事業の一環で…」というのに、今さらながらやっぱり驚いてしまうのだけど、それ以上にご本人が「…(私は)アーティストなので日本にこういう元気なアーティストがいるよっていうことをロスにも発信していきたいと思います。」と、ご自分の立ち位置を明確にしているのにも驚き。この子はほんとに頭がいい。まだ20歳よ…。

淡々としてるんですよね。妙な自意識やエゴがほとんど感じられない。「自分がやりたい事を自己責任でやってるんだ」というのを、一切躊躇せず堂々と宣言してる。結局そこが正真正銘のアーティストたるところ。自分が何のためにこれをやってるのか…ということさえしっかりとしていればこれだけ潔くなれる。

真面目な話をするなら、彼女はダンスも歌も一流ではないんです。どちらもパフォーマーとしてそれほど上手いわけではない。だけど彼女が世の中に発信していきたいこと、モノ、思想はしっかりと存在してるんですね。ポイントはそこ。だから流されることがない。

アーティストになるには自覚が必要。「アーティスト」と自ら宣言することは、自分の作品に責任を持つということ。だから自分がやりたいことなら(作品上で)どんなに妙なことでも出来るけど、やりたくないことは金を積まれてもやらない…。そういうのがファンにとっては(彼女の)作品に対する信頼に繋がったりする。…と同時に自分の作品に全責任を持つことは(アーティスト本人に)相当の覚悟も必要。ウケてもウケなくても全て自己責任。それをこのお方は飄々とやってる…。

所属事務所の自由な気風も大きいと思う。ウケてるうちにどんどん出ていく、やれるうちにやっちまえ的なフットワークの軽さで、たった2年間でここまできた。世界に出るにはこれも必要。それが出来たのも彼女のやりたいことがブレてないからでしょう。

政府が「クールジャパン」で持ち上げようが、メディアが囃し立てようが、ご本人は淡々とやりたい事をやっているだけ。やりたいことをやってるのがたまたま政府や世界に取り上げられても、彼女の立ち位置は微動だにしない。すごいことです。

きゃりーさんにはますます驚かされる。