2012年7月20日金曜日

アジア人はスーパースターになれるのか:Far East Movement



Far East Movement ft. The Cataracs, DEV - Like A G6 (2010)




Music video by Far East Movement performing Like A G6.
(C) 2010 Cherrytree Records/Interscope Records




ちょっと前のエントリー「日本人はスーパースターになれるのか」で、アジア人の芸能人は西洋世界では全然ダメダメだと、さんざん言っていたのですが、真実は(土下座して)大変ごめんなさいなのだということに今日気がついた。ありゃー。世の中は私が思うよりもずっと速く進んでいるらしい。


びっくりしました。米国カリフォルニア、LA出身のグループ。日中韓フィリピン系アメリカ人のメンバー4人。その名も堂々Far East Movement(極東ムーブメント?)! いい名前。2010年にこの曲Like A G6」がアメリカのビルボードHOT1001をとってるんですね。それだけじゃない。世界中で大ヒット。知らなかったですねーこれは。


国別チャート(2010)                    トップポジション
Australia (ARIA)                                           2
Austria (Ö3 Austria Top 75)                       8
Belgium (Ultratop 50 Flanders)                2
Belgium (Ultratip Wallonia)                      2
Brazil (Billboard Hot 100)                          8
Brazil (Billboard Hot Pop Songs)              2
Canada (Canadian Hot 100)                      3
Czech Republic (IFPI)                                 28
Denmark (Tracklisten)                               19
European Hot 100                                      17
Finland (Suomen virallinen lista)             15
France (SNEP)                                              14
Germany (Media Control AG)                  15
Ireland (IRMA)                                            12
Netherlands (Dutch Top 40)                     4
New Zealand (RIANZ)                                 1
Poland (Dance Top 50)                              18
Slovakia (IFPI)                                              6
South Korea (GAON)                                  1
Sweden (Sverigetopplistan)                     7
Switzerland (Schweizer Hitparade)         10
UK R&B (Official Charts Company)          1
UK Singles (Official Charts Company)      5
US Billboard Hot 100                                  1
US Pop Songs (Billboard)                           4
US Hot Dance Club Songs (Billboard)      3
US Hot R&B/Hip-Hop Songs (Billboard)  8
US Rap Songs (Billboard)                           3
(by Wikipedia)


すごいじゃない。アメリカで1位。オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、オランダ、ニュージーランド、韓国、イギリスで1位~5位内。大大大ヒット。これは心底驚いた。いいじゃないですか。アジア人頑張ってるじゃないですか。これは超うれしい。

ロサンゼルスはアジア人の移民が多いことで有名だけど、やっぱりここから出ましたね、アジア勢。K-POPが狙っているのもこのあたりの市場なんでしょう。要はこれからは「アジア人でもいける」ということ。参りました。

面白いのは、上記のチャートを見ると、この曲が売れてるのがヒップホップ/R&B系がうけるアメリカをはじめとする上記の国々で、違うタイプのダンスチャートが賑わってる西ヨーロッパや東欧では、ことごとく10位圏外というのも面白い。それでも十分売れてるんですけど。

曲もイイカンジです。DEVさんという女の子のラップがいい。

ビデオは、アジア人を始めとするマルチエスニックな若い子達が、わいわいパーティーを楽しんでる風。ちょっと前にアフリカ系のストリートカルチャーが、ちょっと悪っぽいけどワイルドで楽しそうな魅力だったのと同じような感じでしょうか。アジア人の若い子達がワイワイガヤガヤなんだか楽しそうだという魅力なんでしょう。そうそうこれから面白いものはアジアから出てくる。嬉しいですね。単純に嬉しい。これからもアジア勢、バリバリ頑張っていろんな事を蹴散らしていただきたい(笑)。応援するわ。