2012年5月31日木曜日

NHK大河ドラマ「平清盛」第21回「保元の乱」



これもついでに今日中にUPしとこう。


前回から引き続き良かったです。汚名返上? 面白かった。ただ戦(いくさ)ものが好きなだけかもしれないけど。あちこちに場面を移しながら、ほぼ全編バトルなんだもの。コーフンするわ…なんか血が踊る(笑)。あの綺麗な鎧のむさい男達を見てるだけでドキドキする。あー面白かった。この第20回と21回は録画を保存しよう。


まず最初に戦の図を地図で見せてくれたのはありがたい。こういうのがあるととてもわかり易い。戦といってもひとつの街の中での戦いで、戦国時代に比べるといかにスケールが小さいのかが分かって興味深い。


俳優さん達もいい。信西(阿部サダヲさん)いいですね。こういう人物がいると話が盛り上がる。「即刻火をかけよ!」 この人サイコー!


まず、武装した侍たちが御殿の前に跪いて並んでいる場面だけでうわっと思う。そんななかで、むさい男の義朝は「オレは死ぬ気なんだからすぐ昇殿させろ」とごり押し。いいですね。男くさー。なんだかあんまり義朝がかっこいいんで清盛君がかわいそうかも。



さて軍議、崇徳上皇側と後白河天皇側で、それぞれ夜討ちの話をする場面。頼長と(大男)為朝の崇徳上皇側、信西と義朝の後白河天皇側を、同時間に同時進行で対比させながら見せる場面は面白かった。頼長が「そんな品のないことはしない」と言ってる間に、信西側は「いけいけっ!」。これで勝負は決まったのか…。ドキドキします。


さて戦が始まって、まー崇徳上皇側の為朝さんていったい誰? 大男じゃないですか。矢も大げさにぶんぶん飛んで面白い。昔の歴史上の怪力男なんてあれぐらい漫画みたいでいいと思います。しかしこんな俳優さんが今の日本にいたんだ。それにどの場面だったか忘れたけど、宇梶さんも出てきたし、これは大男ぞろいで面白くなってきたぞ。


いちいち細かく書かないけど戦の場面はそれぞれよかったし、悲しみの為義パパが頼長を怒鳴りつける場面も良かったです。頼長さんも真っ青になって震えて、あの威張ってた藤原摂関家がガタガタじゃないですか。これで武家の世になっていくのか…。おっと白いインコちゃんを忘れないで。兎丸たちの楽しそうなバタリングラム攻撃もいいし、あー面白かった。ところで、あの白河北殿のセットは本当に燃やしたんだろうか。


戦の場面はなんだかまったりしてるんだけど、当時の話によると「やあやあ我こそは…」とか、戦いの真ん中で歌を歌ったりする(だったかな)ような、実際にまったりした戦いぶりだったらしいので、こんな感じなんでしょうか。


前回のような繊細な心理劇は無かったし、戦ばっかりだったけど、戦なんてアクションばっかりなんだからこんなふうにガヤガヤやってればいいと思う。面白かったわ。なんだかまとまりのない感想で申し訳ない。どうもこの回、また視聴率が落ちたらしいのだけど、これはもったいないですよ、みなさん。この回は画面を見てるだけでも面白いのに。


さあこの後、またヘビーな心理劇が始まると思うのだがどうなるんだろう。