2019年7月31日水曜日

Blinkie - Little Love feat. Grace Tither (2019)



いい曲です

 
 
Blinkie - Little Love feat. Grace Tither (2019)

Little Love (feat. Grace Tither) – Single
Released: May 3, 2019
℗ 2019 PXL Records under licence to 2TE Records/ Warner Records Inc. UK

 

これも英週間ダンスチャートの曲。今週16位。これはもうベタなEDM風の音なのですがとても気持ちがいいのだ。最近はダンス曲の中にピアノの音を入れた曲がとても多いですね。流行の音なのかな。勢いがあっていい。

歌は、ソングライターとシンガーのGrace Titherさん。ロンドン在住。様々な方々とコラボしているらしい。この曲も彼女が作曲。印象に残る力強い声。

Artist | Producer | DJBlinkieさんはロンドン在住。15歳から曲を作っていて、Quincy JonesRick RubenKanye West等々に影響を受けているそう。まだお若い方みたいですね。


乾かない手・丸い指



ここ数年、水仕事をしていて気になることがある。

手が乾かない。

料理をしたり食器を洗ったりした後、私の手はタオルで拭いてもなかなか乾かなくなった。どうも勝手が違う。それにとても不便だ。

例えば野菜を洗ってタオルで手を拭く。すぐに冷蔵庫のドアを開けようとして手がまだ濡れているのは困る。手が湿っていれば戸棚からガラスのコップを取り出すのも困る。猫のお皿を洗い終わって猫と遊ぼうとしても、手が濡れていてはすぐに猫にさわれない。なぜなら湿った手には猫の毛がよくくっつくからだ…また手を洗いに行かねばならなくなる。普段からよく手を洗う人間なので、次の事を始める前にいちいち手を乾かさねばならぬのはまた時間の無駄。それでも手を洗わないわけにはいかぬ。…そんな風だから手が乾かないのは大変不便。

以前の私の手は、手を洗った後でもタオルで軽く抑えればすぐに乾いていた。手が乾かなくて不便だなんて考えたこともなかった。なぜだろう? 皮膚の質が変わったのかも知れぬ。


自分の手などは毎日見ているわけで、その肌の質が変わったなどと日々確認などはしていなかった。手のケアも殆どしていない。クリームの類もあまり好きではない。手がベタベタすればそれはそれで不便だし、それに猫が舐めたら彼女の身体に悪そうではないか。

じっと手を見る。確かに肌のハリは無くなっている。よく見れば甲の皮膚がしわしわと元気がない。そういえば最近猫の写真を撮ったら、写り込んだ自分の手があまりにみっともないので慌てて写真をトリミングして手をカットしたこともあった。またある時は外出時の車の中で干からびた自分の手の甲にギョッとして…慌ててハンドクリームを車に持ち込んだこともあった。

要は年を取って手の皺が増えたということなのだ。手の甲を見れば縮緬のようにチリチリヨレヨレと細かな皺のようなものが増えている。手を甲の側に80度ほど反らせれば、甲側の手首に5本ほどの大きな皺が寄る。もう全体にシワシワなのである。そして潤いも無いから、そのシワシワの皮膚に水がつけば若い頃のように弾かないまま水は皺に留まる。だからなかなか乾かないのだ。

それに問題はもう一つある。

手の形も変わったかも知れぬ。最近の私の手は掌の肉付きが良くなっている。それほど体重が増えたわけでもないはずなのに、指は以前よりも太くなっている。全体に丸くなった。先日、もう15年くらい着けていない結婚指輪を着けようとしたら薬指に入らなくなっていた。手首も前より太くなった。確かに昔とは形も違っている。おばちゃんの手になっている。げげ


女には若い頃がある。25年以上も前の女友達の手は皆細くて綺麗だった。彼女達の手は皆「娘」であり「女」だった。私の手も当時はそれなりに「若い女」の手だったのだろう。

同じ頃に見た母の手は「お母さんの手」「おばちゃんの手」、料理の上手な叔母の手も「おばちゃんの手」だった。彼女達はおばちゃんなのだから彼女達の「おばちゃんの手」は当たり前なのだと当時の私は納得していた。また「彼女達の手はいつなぜおばちゃんになったのだろう?」とも密かに思った。

その「おばちゃんの手」が目の前にある。女は手がおばちゃんになったらもう本格的におばちゃんなのだと認めるしかない。もう「女の手」を持つことは二度とないのだろう。まぁそんなものなんだろう。そういう年齢になったということだ。

昔の母の手もおそらく今の私ぐらいの頃に「おばちゃんの手」に変化したのだろう。50を過ぎた頃から、女の手は「おばちゃんの手」に変化する。それは身体の中からの変化で起こる現象で止めようがない。水仕事の時のゴム手袋とか、クリームとか、マッサージとか…その変化をゆっくりにする方法はあるのだろうが、身体の中に起こる大きな変化は止められるものではない。な~んだ…そういうことなのか。それは誰も教えてくれなかったことだ。誰に尋ねたわけでもないけれど。

女の手は姿・形を変える。女はある日そのことに気付いてギョッとするのだ。以前から欲しいと思っていた繊細なデザインの指輪はもう私の手には似合わない。石はもっと大きい方がいい。

…いや指輪よりも、大根の皮をむいたりパンの生地をこねた方が似合う手になったということだ。それはそれで悪くない。

これも記録しておこう。おばちゃんにとっても日々ますますおばちゃんになるのは生まれて初めての経験なのだ。こんな風に時々驚かされるのです。



2019年7月29日月曜日

Todrick Hall - Nails, Hair, Hips, Heels (2019)



すげぇわ かっこよすぎ お見事

 
 

Todrick Hall - Nails, Hair, Hips, Heels (2019)

Album:  Haus Party 1
Released: May 23, 2019
℗ 2019 Todrick Hall
 
 
 

もう一本、アメリカのすごいお方を。この曲は現在727日付けの米ビルボード50 Hot Dance/Electronic/EDM チャートで29
 
Todrick Hallさんを最初に知ったのはSuperfruitのビデオだったのではないかと思うのですけど、その後もRuPaul's Drag Raceで番組内のダンスのコーチや審査員をなさっていたのを何度かお見かけしました。
 
以前から彼のMVも時々チェックはしていたんですが…これはすごいわ。圧巻。ちょっとぉ…すごいわねぇ。
 
まず歌詞のリズムの取り方がかっこいい。それに歌詞にあわせてダンス。集団でダンス。ひゃ~っ…このダンサーの方々、全員ハイヒールを履いた男性ですからね。ひゃーすごいわねー。みんな頑張るなぁ。
 
私もハイヒールを諦めずに頑張ろうと思いました。男性に負けてはいられないわね。…まぁ最近は楽なウェッジのサンダルが多いんですけど…ピンヒールも頑張ろう…。
 
歌詞は…爪、髪、お尻、ヒール、大きなお尻、リアルな唇…イケてる女はアタシアタシアタシよ…みたいな歌かな。ちょっと訳してみよう。これはゲイのスラングが沢山出てくるのでちょっと難しかった。こういうタイプの言葉は、ちょっと口が悪くて気の強いいなせなお姉さん風の言葉だと思うのでなんとかそれらしく。マチガッテルカモ
 
2:20あたりから、Todrickさんが号令をかけて全員を踊らせるんですけど圧巻。この最初のDrop for meはやってみるときっついぞ。fan for meの扇子を開くタイミングがかっこいいな。

 
Nails, Hair, Hips, Heels
Todrick Hall
---------------------------------------------------------
Nails, hair, hips, heels, ass fat, lips real
爪、髪、お尻、ヒール、大きなお尻、リアルな唇
Purse full, big bills, bitch I'm a big deal
お財布は一杯、高額紙幣、あんたアタシすごいのよ
Legs, legs, face, eyes, thin waist, thick thighs
脚、脚、顔、目、細いウエスト、太い太腿
You, me, you wish, new phone, who this?
あんた、アタシ、あんた欲しいの、新しい携帯、誰?
Pussy puss, puss
子猫子猫子猫ちゃん
Give them cunt, cunt, cunt, bitch
奴らに女をあげなさいよあんた
Mama yes god when you pop that tongue bitch
ママはびっくり、あんたが舌を鳴らしたら
This whole club is my runway, run bitch
このクラブは全部アタシのランウェイ、あんた走って
Y'all five, four, three, twos, I'm a one bitch
みんな5432、アタシが1

Girl, what did that girl just say, girl?
あんた、あの女今なんて言ったのよ?
Girl, I don't dance, I work
あんた、あたしは踊らないの、働くのよ
I don't play, I slay
あたしは遊ばないの、キメるのよ
I don't walk I strut, strut, strut and then sashay (okay)
ただ歩かないの、闊歩闊歩闊歩、そして優雅に移動する
I don't work for free
タダでは働かないわ
No, that's not the tea, hunty (no ma'am)
そんなことはやらないわよ あんた
So make it rain on me, and I might let you see
だからお金をあたしにふりそそいで、そしたらちょっと見せてあげるかも
What you gonna let them see?
何を見せるのかしら?

My nails, hair, hips, heels
あたしの爪、髪、お尻、ヒール

Head, shoulders, knees, toes, don't know these hoes
頭、肩、膝、つま先、こんな女達知らないわ
Face, lips, eyes, nose, camera, click, we pose
顔、唇、目、鼻、カメラ、カシャッ、私達はポーズする
Beat mug, limp wrists, V.I.P list, wave, wave, blow a kiss
完璧なメイクの顔、華麗なオトコノコ、 V.I.Pリスト、手を振って振って、投げキッス
I'm that bitch, sis
アタシはそんな女よ
Left, right, left, right, left with a spin bitch
左、右、左、右、左で回って
Where's my sash and crown, 'cause I win bitch
あたしのサッシュと王冠はどこよ?だってあたし勝つでしょあんた
I'm so fab, I'm gone with the wind bitch
あたしは最高、風と共に去りぬだわ
Y'all six, seven, eight, nines, I'm a ten bitch
あんたたち、6789、あたしは10点なのよっ

Girl, what did that girl just say, girl?
あんた、あの女今なんて言ったのよ?
Girl, I don't dance, I work
あんた、あたしは踊らないの、働くのよ
I don't play, I slay
あたしは遊ばないの、キメるのよ
I don't walk I strut, strut, strut and then sashay (okay)
ただ歩かないの、闊歩闊歩闊歩、そして優雅に移動するの
I don't work for free
タダでは働かないわ
No, that's not the tea, hunty (no ma'am)
そんなことはやらないわよ あんた
So make it rain on me, and I might let you see
だからお金をあたしに沢山頂戴、そしたらちょっと見せてあげるかも
What you gonna let them see?
何を見せるのかしら?

My nails, hair, hips, heels
あたしの爪、髪、お尻、ヒール

Okay dolls, y'all know what time it is, come on
オーケイ女の子達、何時かわかってるでしょ、いくわよ
Everybody on the floor, everybody on the floor
全員フロアに 全員フロアに
Now I want you to stretch out those arms, stretch out those legs
さあ腕を伸ばして、脚も伸ばして
Stretch out that wrist, stretch out that weave
手首をストレッチ、つけ毛も伸ばして
I don't want to see you dance, I want to see you work, come on
あんた達のダンスは見たくないわ、あなた達の働きが見たいのよ、いい?

(それぞれ4回ずつ)
Drop for me, drop for me, drop
あたしのために…落ちて
Tongue pop for me, pop for me, pop
舌をポンと鳴らして
Pose for me, pose for me, pose
ポーズして
Now blink for these, blink for these, hoes
まばたきして 女ども
Twirl for me, twirl for me, twirl
回って
Say girl for me, girl for me, girl
「ガール」と言って
Now snap for me, snap for me, snap
指を鳴らして
Now clap for me, clap for me, clap
手を叩いて
Give trade for me, trade for me, trade
イイオトコちょうだい
Throw shade for me, shade for me, shade
相手をこきおろして
Now, fan for me fan for me, fan
扇いで
Shablam for me, shablam for me, shablam
シャブラム(脚を開いて後ろに倒れこむダンス)して

That's all
これでお終いよ
Ha, ha, ha, ha, ha
---------------------------------------------------------
Songwriters: James Smith / Gordon Warren / Ryan James
Hailey lyrics © Universal Music Publishing Ltd., WARNER/CHAPPELL MUSIC LTD

 
 
 
 

2019年7月25日木曜日

MJ Rodriguez, Billy Porter, Pose cast - Love’s In Need of Love Today (2019)



Pose』からもう1

 

Love’s In Need of Love Today (2019)

Love’s In Need of Love Today (feat. MJ Rodriguez, Billy Porter, …)
[from Pose] – Single
Released: Jul 23, 2019
℗ 2019 20th Century Fox TV Records

 
 
元歌はStevie Wonder1976年の『Songs in the Key of Life』から。

まずブランカ役のMJ Rodriguezさんがリードを歌い、1:45からプレイ・テル/Billy Porterさんが参加。これも『Pose』のドラマの中のシーン。シーズン1にも同じような設定でお二人で歌っていましたが、今回もいい。MJ Rodriguezさんもいいお声。

Pose』のシーズン2の感想は、シーズンが終わってから書こうと思うのだけれど…。なんだかこのシーズンは少しシーズン1とは趣が変わったかもしませんね。俳優さん達は相変わらず魅力的なのだけれど、どうも話の進め方が雑。シーズン1のように滑らかじゃない。

それに音楽の選曲がシーズン1ほど良くない。…まぁ詳しくはシーズンが終わってからの感想で…。


Billy Porter - For All We Know (2018)
Billy Porter and MJ Rodriguez – Home (2018)
Billy Porter - The Man That Got Away (2019)
MJ Rodriguez, Billy Porter, Pose cast - Love’s In Need of Love Today (2019)


Billy Porter - The Man That Got Away (2019)



素晴らしい

 

Billy Porter - The Man That Got Away (2019)

The Man That Got Away (feat. Billy Porter) [from Pose] – Single
Released: Jul 23, 2019
℗ 2019 20th Century Fox TV Records
 

 いい声。なんと気持ちのいい声。ただテクニカルにうまいだけじゃない。心…歌に心が見える。さすがミュージカルスター。歌に心が見える。すごいな。絶品。
 
FXのドラマ『Pose』のシーズン2を見ているのですが、今週のエピソード6回のBilly Porterさんの歌。元歌はJudy Garland の映画『A Star Is Born』から。
 
Billy Porterさんは近年TVのトークショーや雑誌の記事など…メディアにも出ていらっしゃるのをお見かけするのですが、彼は元々ニューヨーク・ブロードウェイのミュージカル・スター。特に2013年の『Kinky Boots』では第67回のトニー賞のベスト・アクター賞、グラミー賞のミュージカル・シアター・アルバム賞他、様々な賞を受賞なさっている実力派。
 
Billyさんはこのドラマがなかったら、もしかしたら知ることはなかったかも。彼の声が本当に好きだ。このドラマのPray Tellのキャラクターも可愛い。ファンになろう。彼の声は本当に素晴らしい。


Billy Porter - For All We Know (2018)
Billy Porter and MJ Rodriguez – Home (2018)
Billy Porter - The Man That Got Away (2019)
MJ Rodriguez, Billy Porter, Pose cast - Love’s In Need of Love Today (2019)


2019年7月24日水曜日

RTEN feat: M*L*F - All In Me (2019)



これは何のリズム?



RTEN feat: M*L*F - All In Me (2019)

Rten, Vol. 1 - EP
Released: 15 Feb 2019
℗ 2019 RTEN Music



これも暫く前に英クラブチャートに入っていた。リズムがかっこいい。記録しましょう。

またまたこのグループも情報があまりないんですけど…RTENとは"Rhythm Tempo Energy Noise"の頭文字をとったものだそう。ロンドンをベースに活動する音楽プロデューサー、ソングライター、DJから成るグループ。個々のメンバーの名前は出てこなかった。

M*L*Fは、Music Producerと言う事以外に全く情報が出てこない。こういう方々というのはせっかく曲が売れているのに自分の名前を売ろうとは思わないのだろうか?

まーそれにしてもリズムがかっこいいな。MVでは会社を飛び出した男性が街に出て踊れば、出会った人々が道でパタパタパタパタ一緒に踊り始めますが…これは事前に設定をセットアップしたものなのか?それとも実際に撮影していて普通の人々が街で一緒に踊り始めたのだろうか? …もし私がこういう状況にばったり出くわしたら100%確実に一緒に踊りますね。踊る踊る。アホダカラ

話は変わるけれど、昔ロンドンにいた頃にコロンビア人の友人がいたんですけど、小柄でボン・キュッ・ボン、普段は物静かで真面目な彼女が、パーティーで南米っぽい曲が流れたら超複雑な細かいステップで踊り始めてとてもかっこよかったのを覚えてる。南米の人はやっぱりダンスが上手い。流石。この曲のリズムは南米っぽいのかな。ジャンルがわからないけどかっこいい。