2017年6月16日金曜日

関西テレビ 『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』全10回 感想



日本での放送は2017411日から613日。

アクションアクションアクション…硬派でびっくりしたドラマ。みどころはそこ。アクションです。

若い小栗旬さんがアクションが出来るのは驚かない。西島秀俊さんもカラダを鍛えていそうだ。しかし田中哲司さんがあれだけ動けるとは思わなかった。野間口徹さんも新木優子さんもアクションをなさってましたよね。ひゃーびっくりしたわ。


実は内容は真面目に見ていなかったんですよ。ドラマは人物の内面を描いたものの方が好きなので、普段から刑事もの、事件ものに引き込まれることはあまり無いんだけれど、このドラマは回を追うごとにアクションと雰囲気で引き込まれてしまった。

硬派です。ゆるいところが全く無い。最初から最後まで真面目真面目真面目。

テロだとか国家転覆だとか大きな話です。アクションと雰囲気を主に見て筋をきちんと追っていなかったので、全ての回がきちんと繋がって辻褄が合っていたのか、リアリティのある話だったのかよくわからないんですけど、雰囲気はとてもよかった。緩急などと言って緩い笑いに逃げないのがいい。全体に殺伐としていた。人物達にほとんど笑顔の場面が無いのも珍しい。…まー国家転覆のテロが毎週起こるなどということは現実には無いだろうからリアリティはないのかな。

緊張と殺伐さとアクションを見せるためのようなドラマですけど、これはこれで面白い。エンタメとして成り立ってます。

暴力描写の演出はギリギリ大丈夫。グロと痛いのは苦手だけれどこのドラマは大丈夫。暴力はストーリー上必要であればOK。痛いところを強調しなければいい。このドラマはグロを餌に視聴者を釣っていない。暴力描写がギリギリのところで不快になっていないのが上手いなと思った。しかしよく人が簡単に死ぬドラマだ。

全体に殺伐としているのよ。最後まで硬派で通しましたね。いいことです。あまり他では見ないので珍しい。例えば同時期にやっている『小さな巨人』は演出がコメディです。このドラマのように最初から最後まで素面で真面目な硬派をやるのはとてもいいと思う。


小栗さんがいい感じ。彼はお顔が童顔だと思っていたのに、このドラマでは男臭くていい表情をなさってました。全体に硬派で他の俳優さん達も皆いい感じでしね。演出が真面目に俳優さん達を撮れば皆いい表情をなさいますね。いいことです。皆かっこよかった。

俳優さん達がよく見えるかどうかは演出次第。


ところで最後はどうなった?それぞれのメンバーが何をやっていたのかわからなかった。元爆発物処理班の樫井さんの書いてる設計図に「標的 警視庁」と書いてあったので、今度はあのメンバーがテロリストになるのかな? しかしいくら上司や政治家が酷いやつだからって自らがテロリストになっちゃぁいかんでしょう。続きはないのかな。国を敵にまわしたらテロリストのドラマになってしまいますね。

ともかく面白かったです。全体の硬派な雰囲気がよかった。皆様おつかれさまでした。