2016年11月3日木曜日

Girlschool – Future Flash (1981)



姐さんかっくいいっす。


Girlschool – Future Flash (1981)


Album:  Hit and Run
Released: Apr 20, 1981
℗ 2004 Sanctuary Records Group Ltd.,
a BMG Company

 
▼Live 2004 (★爆音注意)


イギリスのお姉さんメタルバンド・ガールスクール。
今も現役だそうです。(^o^)ステキ

70年代中期~80年代初期に英国で起こった音楽ムーブメント「NWOBHMNew wave of British heavy metal」。この時代に英国では沢山のHR/HMのバンドが誕生。

Iron MaidenDef LeppardMotörheadSaxonなどなどメタルの有名どころが数多く誕生し成功したんですが、殆どは男性バンド。そんな中で(たぶん)唯一のオール女性バンド。

結成は1975年。1978年にMotörheadのツアーにサポートバンドとして参加。その後1980年にデビューアルバム『Demolition』をリリース。それから現在までメンバーを変えながら継続して活動。リーダーでボーカル&ギターのキム/Kim McAuliffeさんと、ベースのエニッド/Enid Williamsさん、ドラムのデニス/Denise Dufortさんが80年当時のメンバーで今も現役。オリジナル・メンバーでギターのケリー/Kelly Johnsonさんが2007年にお亡くなりになって、現在はジャッキー/Jackie Chambersさんがリード・ギター。「30年以上のキャリアを誇る史上最長寿の女性ロック・バンドである (Wikipedia)」だそうです…というのを今回初めて知った。すごい~!


音もテクも気概も男前な女性バンド」のお題で次に頭に浮かんだのが彼女達の名前。そうだ女性のメタルバンド…いたじゃないか。彼女達のお写真は当時80年代初期の日本の音楽雑誌『Music Life』にも出てました。

このお写真。これが載ってた。よく覚えてます。カッコイイ

80年当時、日本の雑誌に英国のメタル・ムーブメントがとり上げられたのは短い期間だけで、すぐにニューウェーブのシンセポップに移ってしまったので彼女達の事を詳しく知ることはなかったんだけど、今回初めて動画サイトで漁ってみた。なんと現役で今も活動なさっているのね。

初期のアルバムの中ではこの曲が好きかな。彼女達の当時の曲はリリースされてから時間が経っていることもあって、すぐに馴染めるものは少なかったんだけどこの曲は好き。

女性なのに本当に重い音を出していらっしゃるのね。すごいなぁ。若い頃ももちろん素敵だけど、今現在50代後半で、スローダウンすることなくこういう大きな重い音を出していらっしゃるなんて本当にかっこいいです。皆さんお若いですね。今回彼女達の事が知ることが出来てよかったです。