2016年3月15日火曜日

NHK大河ドラマ「真田丸」第10回「妙手」 3月13日放送



サナダマル10回目っ!

面白かったです!

ドラマのスタイルは好き好きだと思うんですけど、ワタクシ的には今回がたぶん一番面白かった。なぜなら、

矢沢の叔父さんが元気ZZYだったからです!

面白いっ!凄いわー叔父さん。穏やかな優しい叔父さんだと思っていたら暴力爺だった(笑)。戦国ドラマだもんね。嬉しいな。
 
海亀は先週「このドラマは戦国らしいドンパチが無いからつまらないねぇ」などと文句を言っていたんですが、今回矢沢のオジイが頑張ってくれたぞあはははは。おじさんすごいー拍手喝采パチパチパチパチ。
 
俳優さん達も時代劇でコスプレしてガミガミ怒鳴るのって楽しいと思うんですよ。矢沢の叔父さんノリノリです。それを見る私も楽しい。こんな感じで時代劇が復活すればいいのになぁ。
 
海亀は本当に日本史好きなのかどうなのか自分でもよくわからないんですけど、ぶっちゃけ戦国のドラマに期待するのは怪獣映画とほぼ同じ(笑)。おじさん達が鎧をガシャガシャ鳴らしてガミガミ怒鳴ってくれればそれだけでもかなり嬉しい。ゴジラを見て喜ぶのに似ている。だから北条の氏政親分も好き。怪獣だもんね。
 
時代劇…特に戦国ものの楽しみにはそういう側面もあると思うんですよ。だから今回は面白かったです。矢沢の叔父さんが一番。上杉とのフェイクバトルも法螺貝の音に燃える。いいな。元気が出るわ。
 
戦闘シーン以外にもいろんな場面があって面白かったです。動きがあった。
 
 
★あらすじ
徳川と北条が組んだ。真田は困る。徳川に掛け合って上杉との国境に新しく城(上田城)を建ててもらうことにする。徳川は代わりに沼田城をよこせと言う「北条が沼田城を欲しがっている」。沼田城の矢沢の叔父さんは「嫌だ」…交渉に来た北条の使者を斬り捨てる。戦争勃発。矢沢爺は北条を相手に奮戦。真田は今度は上杉に掛け合って作戦通り(詳細略)北条軍を沼田城から退却させる。

●みどころ
・今回のMVPは矢沢の叔父さん
素敵。まーっこのお方、突然怒鳴る怒鳴る怒鳴る「断るっ!」「いやじゃっ!」「んがーっ!」優しい人だと思っていたのにだんだん猛者に見えてくる不思議。北条の使者を「えいやーっ」と斬り捨てる。わーっやっちゃったぞ。70歳の爺が北条の大軍を相手に奮戦。すごいなー叔父さん。ドキドキ。それから後で息子の三十郎がやってきたときの場面も好き。親父がガミガミ怒鳴って息子の目も真剣。おそらくお二人ともノリノリだと思います。熱が伝わってくる。
・今週の氏政親分
①最初はご機嫌「氏直、沼田をもらいにいきなさい」。今日のおやつは綺麗に並べられた紫の落雁。端から食べる。②沼田で使者が斬られるとキレる「攻める口実が出来た。根絶やしにせよ…」③上杉の情報を聞いて、おやつの金平糖をわしづかみ…おっと食べません。床にばら撒く。
お兄ちゃんの頑張り。本多さん相手に立派でした。拍手。本多さんが怖い。
・梅ちゃん
普段は大河ドラマには甘い恋愛を全く求めないんですけど、信繁と梅ちゃんの二人は可愛いです。堺さんがお若い。役は10代だそうですが40代の堺さんが20代に見えますね。二人とも仲睦まじく寄り添って可愛い。俳優さん達がいい化学反応を起こしてます。信繁が上杉との交渉から帰ってきて梅ちゃんをキュッと抱き締めるところなんて本当に可愛い。若いなぁ。まーそれにしても赤ちゃんとはびっくり。昔はみんな早いのね。
・今回も地図が大変分かりやすい。
・エンケン上杉
まさかフェイクの戦はフィクションだと思うんだけど史実はどうなんだろう?それにしてもエンケン上杉さんは静かな殿様ですね。いい人。このお方にはいつか怒ってキレて欲しい。今のところあまり怒らなそうなキャラですけど。ワタクシ個人的に怒った怖いエンケンさんがとても好き。このお方が怒ると声がコワイワー。普段は静かな正義の殿様でもいいからある日(静かに)大爆発して欲しい