2014年9月4日木曜日

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第31回「天下人への道」 8月3日放送



さーどんどん話は進んでいきます。んまー早い早い。劇的なシーンになりそうな史実もポンポンすっ飛ばしてナレーションのみで終わらせたり本当に早い。そのせいかやっぱり印象が薄く感じられるのはしょうがない。官兵衛君が関わらないから…というのが理由でしょうかね。

以前からそうなんですがやっぱりこのドラマ、視聴者の歴史の知識に頼っている部分がかなり多いと思う。いろいろと省略されていてびっくりする。しかし知らなかったらどうするのだ?

清洲会議も数分で決着。柴田勝家に嫁いだお市さんが信長の妹であることなんて説明あったっけ?だって今回突然出てきて突然死んでしまうなんてどうして出てきたのかもわからない。あんなに短い場面なら、長身の髪の長い女性の後ろ姿だけでもいいのにと思う。なんだか無駄な登場。

賤ヶ岳の戦いがものすごーく省略されていたのも残念。なんだか数秒で終わった印象。信孝や中川清秀なんてせめて退場の場面があってもいいのにいつのまにかいなくなってしまった。とても粗いと思う。


★あらすじ

天下取り競争。清洲会議で秀吉が一歩前に進む。柴田勝家は面白くない。結局いろいろと揉めて戦争勃発@賤ヶ岳。なーんにも見せずに戦は終わる。浅野三姉妹登場。


●流れと感想

清洲城 1582627日。清洲会議(ちなみに清洲会議とは…本能寺での信長の死後、秀吉が光秀を討った後、残された織田家家臣=柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉、池田恒興の4人で戦後処理と織田家の今後を決めた会議)。揉めてますね。一旦会議から秀吉が官兵衛の元に逃げてきた。秀吉がノブ様の孫・三法師ちゃんを推すことを決めたのは官兵衛のアイデアなの?ともかく秀吉が理屈を捏ねて勝利。
・秀吉が一人ノブ様の鎧に話しかける。官兵衛「倒さねばこちらが倒されます。」おーなんだか黒いね。もう柴田を殺せモードなのか?なんか性格が物騒になってきた。
・柴田はあせる。柴田と丹羽がノブ様の三男・信孝と密談。
姫路城 秀吉が引っ越してきた。長浜城は柴田さんに譲渡。おねさんは姫路は初めて。光ちゃんとなごむ。
・一方柴田さんはノブ様の妹・お市と結婚。急ですね。今さらここでわざわざお市さんを出す必要もないと思う。このドラマでは秀吉はショックを受けない。
岐阜城 官兵衛が信孝を訪ねる。三法師ちゃんを留める信孝に文句を言いに来た。もうノブ様の死後3ヶ月。秀吉はノブ様のお葬式がしたいので三法師ちゃんを渡して欲しい。信孝は面白くない。キレた。官兵衛がニヤリ。
京・大徳寺 秀吉がノブ様の葬儀を強行。喪主はノブ様次男・信雄。
越前・北庄城 柴田があせる。怒ってます。柴田さんはやる気満々。
山崎・宝寺城茶室 秀吉の茶会。千宗易の伊武雅刀がいい。このお方は声がいいんです。…あっ中川裏切り清秀がいるじゃないか…。秀吉は衣装が派手になってます。出席者は秀吉の味方「迷いがなければ茶も美味い」。宗易が廊下で官兵衛に弟子に会ってくれと言う。
茶室 官兵衛と秀吉「柴田と毛利が組むかも」心配。
安芸・吉田郡山城 柴田に手紙を出したのは吉川さん。あちゃー。おっと久しぶりの3人コント。吉川さんはまだ怒ってますね。秀吉に騙されたと言っている。小早川さんは秀吉につくつもり。おじさん達が喧嘩するのを見て甥の輝元君は困り顔。キョロキョロしてます。
備後・鞆・足利義昭の御座所 蜂須賀小六と官兵衛が義昭を訪ねる。神出鬼没ですね。どこでもドアか?だって遠いのに。官兵衛、義昭に秀吉に下るよう進言。義昭さんは上洛したい。官兵衛たちに刀をあげて機嫌をとるが、実は柴田に手紙を出したばかり。この人はお目出度い。
千宗易の庵 官兵衛が来る。本当にこの人は忙しいです。もう京都?茶室の中にはなんと…ツルッと荒木ちゃん…を改め道糞(大笑)犬の○○○だそうだ。これはびっくり。宗易の弟子とはこの人。官兵衛はまずだしちゃんの事を持ち出すが…我慢できずに退出。そりゃー幽閉されたのはきつかったですもん。宗易さんは官兵衛に許しなさいと言う。
姫路城 1583年正月のパーティー。糸ちゃん登場。まーこの子はよくしゃべる。こら合コンじゃないぞ。むやみに戦国の男に話しかけるべからず。黒田長政は覚えていない。とりあえずいきなり結婚話がまとまる。なんだかなーもっとよそよそしい政略結婚でいいんじゃないの…。
千宗易の庵 官兵衛が道糞君に会いに来た。おっと高山右近がいる。この人も道糞君を裏切ったのよね。右近がお世話をしてるんだそうだ。その後道糞君の思い出話「信長が死んだことで勝った!」それにしても道糞でも俳優さんはいいですね。田中さんはたぶん舞台劇風の芝居。だからこそ言葉がはっきりとしてとても印象に残る。存在感がありますね。官兵衛が熱くなる「秀吉様が乱世を終わらせる」道糞「秀吉は織田を乗っ取る。あいつも変わるぞ。」←当たってますね。
姫路 官兵衛と光ちゃんのホームドラマ。光ちゃん「お支えいたします」言葉がちと直接的だけど奥さんとしてはこれでいい。
15832月 秀吉戦へ。滝川一益を攻撃。そこに柴田勝家も参戦。賤ヶ岳の戦い開戦。短い戦闘シーンと官兵衛の碁石で戦いの進展を見せる。どんどん勝ち進む。越前北庄城でもう柴田が落ちる。うわーもう終わり?おいーお市さんもう死んじゃうならそもそも顔を出さなくてもいいのに。しかしもう少し戦を見せても良かったのでは。織田信孝が死んだのも、中川裏切り清秀が討ち死にしたのも、高山右近の苦戦も描かれていない。エピソードは結構あるのにな。官兵衛主役だからしょうがないのか…と言っても官兵衛と佐久間盛政との戦いとかいろいろあったそうですよ。もう予算が足りないのか?戦闘シーンを描くつもりがないのか。
秀吉陣 落ちた城から茶々、初、江が救い出される。突然茶々が秀吉におそいかかる…おーコワイ顔だね…。