2014年8月26日火曜日

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第28回「本能寺の変」 7月13日放送



早く追いつかなくちゃ。今週もまた1話進んじゃった。ワタクシも歩を一歩進める。今回は本能寺です。


★あらすじ

明智が立った。ノブ様の死。官兵衛が秀吉に「チャンスです」と囁く。


●流れと感想
158262日。「敵はほんのーじにホンノージにあり」
備中石井山・秀吉陣 官兵衛と秀吉が和む。「さすが官兵衛じゃ…」
京・本能寺 その頃…ノブ様が何かに気付いて起き上がる。走る光秀軍「この国を守るため。」本能寺着。塀の外に桔梗ののぼり。戦闘開始。今年のノブ様は弓です。戦闘シーンは古典的。鉄砲も出てこない。『秀吉』渡信長の時に演出が似ている。濃姫も戦うが違和感。やはりドラマ的に必要なのか。好みの問題か。お濃さんに関しては文句ばかり言ってきましたが、内田有紀さんはとても綺麗な女優さんだと思います。だけど戦国武将のノブさんに常にベッタリくっついている奥さんは必要ないと思う。
・ノブ様が廊下をゆっくり歩く。濃姫も続く。やっぱり違和感。小姓が一緒にいたほうがいい。おっと濃姫負傷。駆けつけるノブ様。抱き起こす。こら~ボヤボヤしてると首を取られるぞ。んもー…今頃愛の告白なんぞいらんがな。さっさと逃げんかいっ。音楽もいらんいらん…。さっさと行きなさいよぉ~。
・そしてなぜか誰も来ない静かな室内。お供の者はいないのかー。ところでこの寺はずいぶん広いな。扉を開けるといきなり1室だけ燃えている。そして自決。最後に言おう…
江口さんは非常に美形だと思いますっ。
モデル顔ですね。さて本能寺最後はファンタジー風な演出でした。渡信長のようにリアルではない。最後に倒れたところはよかった。
・外の明智さん…この人、本当にとんでもないことをやってるのに表情に緊張感が足りない。
京・御所 公家さんわらわらあたふた「様子を見たほうがええ…」って喜んでます。
安土城 土田御前ママもびっくり
長浜城 おねさんもびっくり。年寄りばかりの城兵を集め「逃げるのです!」
近江・坂本城 光秀がもう帰宅。まだ落ち着いてます。ノブ様を倒し「元のあるべき姿へ戻す。乱世は終わり太平の世が訪れる」←やっぱりこれが理由だったんだろうか。先週に引き続き、どうも明智さんの動機がよくわからない。
堺付近 家康もびっくり。一度は覚悟を決めるも、家臣に促されて逃げる決断。三河へ帰る。
摂津国境付近 明智軍が往来のチェック。織田家臣からのメッセンジャーが走る。毛利にニュースが届く前に秀吉に伝えなければ。
備中石井山・秀吉陣 御着の殿が捉まる。殿は瀕死の状態。コントみたい。
姫路黒田屋敷 家族の団欒。
備中石井山・秀吉陣 官兵衛へ本能寺のニュースが届けられる。驚いてもあまり騒がないのはいい演出。岡田さんは脚の悪いもっさりした姿が官兵衛らしくなってきた。身体が重そうなのも板についてきた。いい感じ。
・官兵衛、秀吉の寝所を訪ね本能寺の件を伝える。おっと…今回の秀吉は騒ぎますね。急に泣き出すんだもんなぁ。『秀吉』の時はためた演技でよかったんだけどな。官兵衛がなだめる。「殿のご運が開けました」驚く秀吉。←おい~この描写、あまりにも秀吉がバカに見えるぞ。官兵衛が頭がいいのはいいと思うし、岡田さんの演技も素晴らしいけど、秀吉がアホ顔をするのはまずいと思う。この人は誰よりも頭がいい人なはずなのに。やっぱり主役の官兵衛を立てた演出か。秀吉泣き崩れる。
どこかの城(?) 官兵衛突然安国寺恵瓊を訪ねる(?)。えええええ?そんなの可能なの?官兵衛「毛利と和議を結びたい。8カ国でどう?」恵瓊「なんで?」官兵衛「織田信長が死んだ。光秀謀反…

えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ?????

言っちゃったよオイ…。

・安国寺恵瓊さんのびっくり顔が実は超ハンサムだということに気付いてしまったワタクシ…。この俳優さんのことは存じ上げておりませんでした。山路和弘さん…メモメモ…φ(--)