2014年8月20日水曜日

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第27回「高松城水攻め」 7月6日放送



…すっかり怠けてしまいました。いや…怠けたわけではなくて、今年の夏はBABYMETALちゃんというマンモス級の面白いことがあって、他の事の文が書けなくなってしまったのでありました。

一段落したので、また官兵衛君の感想を書いていきたい。しかーし…実は今週TVでは33回目の放送をやっているので、ワタクシの感想は6回遅れになってしまう…。ほとんど需要もないと思うけれど、これもまた記録。やはり回を飛ばしたくはない。なんとか今年の大河が終わるまでに追いつきたいものである。それでは開始。

------------------------------------

今回は本能寺前夜。秀吉と官兵衛は備中で土木工事中。一方光秀はノブ様に追い詰められていく。さぁ歴史は動くのか…?動きます。しかしこのドラマの本能寺前夜は割におとなしかった。光秀さんがどうしてあんなことをやったのか…このドラマでは正直よくわからない。

というのもこの本能寺のあたりの話…、ワタクシ1996年の大河『秀吉』が最高だと思っておりまして、このブログでも過去にやたらと頭に血の上った熱い感想を書いているのですが、それが基本にあって、あの『秀吉』以降、大河での本能寺の話はどうしてもあの大河と比べてしまう。

『秀吉』も、光秀の母親の話などは史実かどうか私もよく知らないのですが、とにかくドラマとしてしっかりと話が成立していたので面白かった。あれを超えるのは難しい。村上さんの命を削るような演技に、渡信長の怖さと理不尽さも超えがたい。…なので、このドラマの本能寺話も、多少辛口気味になってしまうと思います。


★あらすじ

秀吉と官兵衛は備中で高松城の水攻めの為の土木工事中。一方、ノブ様はますますオレ様。徳川家康も登場。光秀は接待を任されるが上手くいかず。ノブ様の横暴に追い詰められる。高松城は水に沈む。官兵衛は毛利側と和睦を交渉中。ノブ様は京都・本能寺に入る。光秀が立つ。


●流れと感想

備中・蛙ヶ鼻 官兵衛達は高松城水攻めのための土木工事。
備中・石井山 秀吉は「最後の仕上げはノブ様を待つ」と言う。
近江・坂本城 光秀は徳川家康の接待準備中。
安土城 家康登場。うぉおおおおお家康の年が…ノブさんよりどう見ても年上です。ちと怖い。貫禄ありすぎ。早速、能パーティー。…がノブ様の機嫌が悪い。食事中もシーンとして…こりゃー気まずいな…。そして突然「光秀、味が薄い」。いや…家康の方がコワイ。ノブさん食べ物は大切にしましょう。このドラマでは鮒寿司は出てこない模様。その後趣味の悪いノブ様のリビングで飲み会。光秀さん楽しくなさそうです。備中高松城の水攻めの話が出るとノブ様、
「官兵衛に違いない…」
…なんでわかるのよ。なんだか唐突。家康も知ってるの?それで光秀も中国攻めへ送られることになる。
姫路城 又兵衛が帰って来る。この人は昔、御着の殿に付いて裏切ったんでした。
備中は工事中。みんなの頑張りで12日で堤が完成。水を流し込む。一瞬でしたがすごくリアル。CGでしょうか。高松城はすっかり水没。
猿掛城・毛利輝元陣 毛利さんちが4人でガミガミ言ってる。高松城内は5000人だそうだ。
秀吉陣 安国寺恵瓊が来ている。毛利は和睦したい。備中1国を譲るので高松城を助けろとの要望に、秀吉「ダメ」。官兵衛「ノブ様が来る」安国寺「じゃあ5カ国でどう?」秀吉「ダメ」。秀吉は清水さんの首が欲しい。緊張シーン。秀吉がコワイ。
岩崎山・小早川本陣 なんと官兵衛が交渉にやって来る。ええええええ? 安国寺さんが「秀吉に5カ国を譲る」というと…小早川「OK」。じゃあ清水さんの首は?
高松城 安国寺さんが高松城主清水さんに織田に下るように促すが、清水さんは死にたいらしい。説得失敗。
近江・坂本城 公家吉田さんが、光秀にノブ様の文句を言う。
安土城 光秀がノブ様から国替えの命。驚く光秀。そこにノブ様が「○○○○○…」。え…なんて言ったの?
京・愛宕山 さっそくノブ様謎の○○○…のタネあかし。「日のもとに王は2人はいらん」。愕然とする光秀。引いたおみくじも凶凶凶凶…。だれかが仕込んだに違いない。しかしこのノブ様の言葉、光秀に究極の決断をさせるほど強烈なものなのか疑問。これ言ったからって帝をどうこう…なんて受け取るのは先走りすぎるのでは。ましてや自らの命を懸ける戦いの引き金になるほどのものとは思えない。
安土城 ノブ様ママが濃姫とくつろく。大谷直子さんはお綺麗です。
京。本能寺 ノブ様京入り。茶会を開く。公家がノブ様に頭を下げる。ノブさんの満足顔。
丹波・亀山城 光秀軍「織田信長を撃つ!」
62日光秀軍が動く。「敵は本能寺にあり」宣言。ところで家臣は一瞬で納得して「おー!」なんて言ってるけど、誰もびっくりしなかったのか?

…というわけで、光秀が立つことになりましたが、どうもその動機がハッキリしない。公家に頼まれたわけでもなし、領地召し上げもそれほど詳しく触れられなかったし、鮒寿司で蹴飛ばされるシーンもなし、どうしてあそこまで追い詰められたのか動機が不明。『秀吉』に比べると、そのあたりがドラマとして弱い気がした。視聴者が、結果の出ている史実を知っていること前提で、薄~く軽~く話を作っていった感じ。そもそもあまり光秀さんのことを掘り下げてないですもんねこのドラマ。