2018年2月26日月曜日

平昌五輪:閉会式



1週間、毎日猫ちゃんをハグとチューしてました。

さて今回の冬季五輪はほとんど見なかったです。たまたま帰郷と同じ週だったので、移動や外出や宴会で殆ど見られなかった。見たのは羽生君と宇野君のフリーの金の演技だけ。その日、ちょうど家で宴会中で大勢の親戚とTVでワイワイ言いながら見た。羽生君はすごいな。天才なのね。それから親戚のオバチャン達の宇野君の人気もすごかったぞ。みんなギャーギャー言ってた。今回の五輪でまともに見られたのは、その男子フィギュアスケートのフリーと、こちらにに帰ってきてからの、最後のクロスカントリー・スキーと、フィギュアのエキシビション。独VS露のアイスホッケーの決勝だけ(旦那Aが吼えていた)。

それでも米TV-NBCの「平昌五輪を振り返って」のまとめ映像にはちょっと感動した。いやーいい場面があったんだろうけどなぁ。惜しい事をした。


さて、というわけで五輪の中身はほとんど見られなかったのですが、昨日の閉会式は録画もしてしっかり見ました。前回のブラジルの閉会式+日本のプレゼン(も素晴らしかったです)はタイミングを逃して書けなかったので、今回は感想を書いておこう。

今回の平昌もよかったです。五輪のように国を挙げてものすごいお金をつぎ込んでつくるショーというのはやっぱりすごいです。映像の使い方が素晴らしい。米のスーパーボウルよりも豪華。


いくつかのパーツに分けてましたがそれぞれよかったです。

長年西洋寄りの文化圏で暮らしているせいなのか、今の私はアジアの国はアジアらしさを前面に出した演出にぐっときますね。ポップスターよりも伝統的な衣装や楽器を出されるほうがいいと思う。アジアならではの集団のダンスもいい。西洋から見るとお琴の音なんて神秘的ですもん。いいなぁと思う。



天才ギタリスト少年とお琴(みたいな民族楽器)と弦楽器とダンサー達
ギターの男の子は13才だそうです。すごいねぇ。それにあわせて聖火の下で踊る光るスーツのダンサー達…糸に引かれてるみたいで面白いダンス。ギターネックのよう。それからステージ中央に出てきた(緑の衣装の)お琴の集団と弦楽器の女性とバンド。音楽はプログレ風?ちょっとLed Zeppelinの「Kashmir」風。女性の豪華な民族衣装も綺麗。光る7重の塔が出てきたぞ…これはどうやって出したんだろう。

ドローンの虎
おおすごいねぇ。ハートになった

たんぽぽの綿毛と海亀
光る海亀 😊 タンポポの綿毛もかわいい。おとぎ話風?かわいい。その後の扇子を持った民族衣装(?)のダンサーの集団もいい。音楽が神秘的で優しくていい。映像もふわふわして綺麗。

白黒の映像とダンサー達
これはかっこよかった。丸く白いキャンバスに絵を描くような演出。直線に並んだダンサーから長い影が伸びるような映像はかっこよかった。黒いステージに浮かび上がるたくさんの白い四角のなかで踊る個々のダンサー達。白黒の衣装を纏ったダンサーの集団が、動く映像の一部として見える演出が素晴らしかったです。ダンサー達が(点状で)小さいながらも映像の部品として効果的に使われているのが上手い

ブラジルの時も、熱帯のジャングルの映像の上を歩く虫やトカゲや森の人々の演出が素晴らしいと思ったのですが、今回も大きな舞台で小さな人間が駒として効果的に使われているのがいい。大きいステージではこういう見せ方は定番の見せ方なんでしょうね。

CLさん
この女性は誰?…と思ったら2曲目(ネガチェーチャラガァ…というやつ」は2NE1の曲だった(と思う)。2NE1の人なの?それにしても全世界を相手に一人で堂々と歌い踊るアジアの女性スターというのはすごいねぇ。ディーバですな。アメリカの選手達が嬉しそうに踊ってるぞ。しかしポップスターというのは1点集中型の演出になるので、大きなステージでは見せ方が難しいなとも思った。後から出てきたK-POPボーイバンドの演出もステージの真ん中だけで、大きなステージがもったいない気もした。


中国のプレゼン


・いやー私はこの中国のプレゼンにとても感動しました。この中国の演出はとにかくシンプル。白く光る衣装を着た24人のダンサー達と虹色の床の映像。それに24の踊るスクリーン(これはどうやって動いていたんだろう)…これだけなんだけどとても綺麗。
これもダンサー達と床の映像を効果的に使っていて上手いです。とても綺麗。小さな白く光る人が滑ると、床の虹色の線の映像が後に続く…人と映像のコラボが効果的で素晴らしかった「うわーきれいだなぁ」と声が出た。

・パンダちゃんも超かわいい。頭の形がかわいい。音楽に合わせてひょこひょこ踊るのがかわいい。米TVで解説をしていたジョニー・ウィアーさんが「どれが一番良かった?」と聞かれて「パンダよ。パンダがいいわ。パンダ」とパンダパンダ言っていたのが面白かった。私もパンダがいいかわいい。

・音楽がとても…なんだろうなぁ…(悪く言えば)古臭い(80年代頃のJ-FusionCasiopeaT-Squareのような)…良く言えば王道の…全く奇を衒わない普通の音楽なんですよね。全世界でどんな文化の人が聞いても違和感なく馴染みそうな攻撃性の無い音楽…というべきか。なんだか当たり障りのない耳に優しい音楽…みたいな感じなんだけれど、それがかえってこの五輪のプレゼンの演出にはとてもよく合っている気がした。
途中で中国の楽器を使ったアレンジになった時は、パンダちゃんも虹に囲まれていて、映像も綺麗で、なんだか「ああいいなぁ」とほっこりしました。
今回の演出を見て、妙なことをしない普通の「お祭り的、お祝い的」な音楽と演出って、実は五輪みたいな全世界のお祭りには一番合ってるのかもなぁとも思った。すごく明るくてポジティブで綺麗で…エッジが無いのがとてもいい。ちょっと目から鱗。そして同時に、そんな小技や特殊な演出に逃げない、王道で普通に綺麗な中国の演出に、私は今の中国の自信と余裕を見た気がしました。シンプルな演出でも魅せられるのは、今の中国だからこそ可能なのかもしれない。

・途中のパンダがお手紙を持って中国の人々を紹介する映像の数々にも、今の中国がいかに自信に溢れているのかを感じた。みんな笑顔で手を振ってる…。ああ今の中国は本当にすごいんだろうなぁ

なんか…
中国の自信と余裕
を強く感じた。すごいねぇ。

そういえばこの平昌が韓国。次回の夏が東京・日本。そして次の冬期が中国…と思えば、ここのところの五輪ってアジアアジアアジア…が続いているんですよね。それもすごいなと思った。アジアきてるな。アジアは中国を中心にもっともっと栄えていくんだろうと思わずにはいられない。すごいねぇ

・今回の中国のプレゼンの監督は映画のチャン・イーモウ監督だそうです。なんと…そうなんだ。彼は美的感覚のすごい方でしたね。この王道の演出は彼のテイストなんだろうか。
 
ともかく五輪が終わってしまった。
選手の皆様、お疲れ様でした❤❤❤❤❤❤

開会式は見られなかったけれど閉会式はとてもよかったです。記録しておきましょう。

羽生君と宇野君のスケートの、米のテレビ放送でのジョニー・ウィアーさんのコメントをまた訳そうと思ったんですけど、公式映像が見つからないぞ…。

 


2018年2月21日水曜日

お猫様H:初めてのお泊り






先週1週間ほど日本に帰ってきた。猫Hさんと暮らし始めてから家を空けるのは今回が初めてだ。日本に帰るのは4年ぶりになる。飛行機のチケットもホテルも去年の10月の終わりまでには全て手配を済ませた。人間が旅立つ準備はできた。

さて猫Hさんをどうする?


数年前から何度か調べて、近所の猫専門病院の宿泊施設を使うことは決めていた。猫の病院が猫専用のペットホテルをやってくれている。専門のお医者さんが常にいてくださるのなら何があっても安心だろう。普段かかりつけのお医者さんにもそこを勧められた。

自宅でペットシッターにお願いするという方法もある。しかしそもそもうちの猫Hさんは超人見知り…シッターさんが来てくださっても猫Hさんが人前に出てくることはまずない(健康の状態も見てもらえない)。そのうえ彼女は大変な寂しがりや…週末に人間が外出しただけでもご飯を食べずにうずくまったまま人の帰りを待っていたりする…そんな猫さんだから、家に1匹置き去りにするよりも毎日誰かに側にいてもらう環境の方がいいだろうと思った。


今年の1月に病院で健康診断をしてもらう。そして宿泊施設の下見。大きな部屋に真っ白で清潔な大きな箱がいくつも並んでいる。前面だけが檻で扉のように開く箱。全ての箱は窓の方向を向いているので猫達が檻越しに顔を合わせることもない。1匹の猫には(小さな出入り口で繋がった)2つの部屋(箱)がもらえる。猫が望むなら箱の外に出ておもちゃやキャットタワーで遊ぶことも出来るらしい。使い慣れたタオルや毛布、おもちゃ、お皿などを持っていけば少しは馴染んでくれるだろうか。

出発の数日前からHさんには事情を話して聞かせた。「これから1週間日本の家族に会ってきます。もう4年も会っていないからどうしても行かなくてはいけない。Hちゃんはホテルで待っててね。辛い思いをさせると思うけれどごめんね。6つ夜を数えたら7日目の朝に必ず迎えにいくから。着いたらすぐに迎えに行く。みんな優しいから大丈夫。皆かわいがってくれるからね。大丈夫だよ。ごめんね。」

出発の日が来るまで1週間ほど、Hさんのことが心配で心配で心が苦しくなる。


そして私達が旅立つ前日の午後、Hさんを連れて病院を訪ねる。箱にタオルや毛布を入れぬいぐるみを入れる。Hさんは驚いている。箱に入れられても何が起こっているのか分からない様子だ。さっきまで移動の車の中で「出して」と人間臭い表情で訴えかけていたHさんの顔が、怯える小動物の顔に変わっている。ナースの方は大変優しい方。ここなら、ここなら間違いない。この方にお願いすればきっと大丈夫。

病院から帰る車では夫婦共に無言。その夜の食卓で旦那Aに「ご飯が食べられないかもね。怖がってたね」と話すと、彼の顔がみるみる赤く染まる。大粒の涙が両目から3粒ほどこぼれ落ちた「可哀想で…」「…大丈夫よ。皆猫が好きな優しい方々よ。かわいがってもらえる。お医者さんがいれば安心…」自分を納得させるように事実を話し続ける。きっと大丈夫。きっと大丈夫。


1週間が過ぎて、帰宅したのは月曜の午前中。家に荷物を下ろしてそのまま車に飛び乗って迎えに行く。

受付で迎えに来た事を告げると、すぐにナースの方が出てきて説明をして下さる。予想通りHさんは怖がって暫くご飯を食べなかったらしい。食欲を出すためのお薬も少しもらったそうだ。ほんの少し体重も減ったらしい。

キャリアボックスに入って連れられてきたHさんはこちらを見て鳴いている。声に力が無い。「おうちに帰ろう。」


車の中で訴えるように鳴くHさんに話しかけながら家に帰る。家に入ってキャリアボックスのドアを開けると、Hさんはすぐに出てきた。落ち着かない様子。ひっきりなしにか細い声で「やーん、やーん」と鳴いている。こちらを見て訴えかけている。「ごめんね。もうどこにもいかない。ずっと一緒だよ。本当にごめんね。」

Hさんはまず家中をパトロール。部屋の一つ一つを訪ねて匂いを嗅ぎまわる。勝手にどんどん進んでいくのだけれど、人の姿が見えなくなると大きな声で人を呼ぶ。見に行くとまた訴えかけてくる。「大丈夫。ここにいるよ。次はどっちに行こうか。こっちがいい?お水飲む?」

そうやってHさんの後を追って家中を歩く。彼女はどんどん歩いていく。バスルームのシンクの水道から流れるお水を飲んだらすぐに部屋から出て行き、人がタオルで手を拭いている間に階下に下り、また人の姿が見えないと「やーん、やーん」と鳴き始める。「…ここにいるよ。ここにいる。」人が近づいてくるのを確かめると、また先を歩き、窓辺に寄っていって外を眺め始める「窓をあけようか…」
 
その日Hさんは、数時間そのように家中を人と一緒にパトロールし、ソファーに横になった私のお腹の上に乗って一緒に昼寝。テーブルで夕食をとり始めた人間二人を見上げると、すぐに隣の椅子にのぼって横で寝る。食後リビングに移動すれば、人間2人の間にぴたりと挟まれて寝る。始終人間のそばにぴたりとくっ付いて離れない。夜は人と一緒にベッドの上に上って眠り始めた…ここのところ1年以上ベッドでは一緒に眠らなかったのに。
 
 
3日が過ぎて、Hさんはなんとか落ち着いたように見える。一日中人にぴたりとくっ付いているのはまだまだ不安だからなのだろう。毎日一日中眠っているのは、おそらく病院でよく眠れなかったからだろうと思う。
 
眠っている時も時々声をかけ、頭や背中に手を当てる。耳を近づけるとHさんは喉を鳴らし「キュルキュル」と微かに鳴く。もう大丈夫。もうどこにも行かないから。本当にごめんね。ずっと一緒にいるから。
 
 
 

2018年2月12日月曜日

もう少し休みます






また風邪をひいてしまったわ。先週病院にインフルのワクチン(予防接種)を打ちにいった翌日に喉が痛くなった。ワクチンは抗体が出来るまでに2週間かかるらしいので、やっぱりインフルをどこかからもらってきたらしい。

熱は37.5度まで出た。3日ほど熱が出たけれどなんとか治まった。

今回は鼻風邪がひどかったけれど、咳はほとんど出ない。いつものように咳が長引かなくて良かった。

それにしても毎年必ず風邪やインフルにやられるよなぁ。

そろそろプロフィールに「病弱」と書こうか。

NHK大河ドラマ「西郷どん」第6回「謎の漂流者」 2月11日放送



★あらすじ
メリケン帰りのジョン万次郎が島津斉彬にいろいろ教える。糸ちゃんは海老原家に嫁入り。


今回はちょっと面白かったです。ジョン万次郎が島津斉彬と仲良くなるところはフィクションかと思ったら、ほぼ史実だそうです。なんと!

イラストはジョン・マン(John Mung)さん。



フィクションの部分は、ジョンさんが西郷家につれていかれるくだり。大久保さんが英語で云々なども記録にはないらしい。まぁあれくらいはフィクションでもOKOK。何の問題もない。

それにしてもアメリカから帰国してとらえられたジョン万次郎さんが、島津の殿様にいろいろと教えたというのは面白い。そういうのが知れたのがとてもよかったです。こういう史実からのエピソードが描かれるのは嬉しい。
 
しかし今回のMVPは西郷家の松坂慶子お母さんだと思う。もぉー…あの優しい優しいお母さんがとてもよかったです。いいなぁ😍

 

2018年2月6日火曜日

紅白歌合戦観戦記 2017/12/31



忘れた頃にやってくる紅白の感想。番組は年末に見たんですけど感想を書かずにそのままになってた。昨日あらためて再視聴。長いので歌を中心に聴くことにした。

(毎年なのだろうけれど)今年は別部屋でバンドが演奏をしているのが知れてよかった。なるほど演歌歌手のバックで泣きのギターやファンキーなベースが鳴っているのはやっぱりバンドだったのね。

というわけで今回は歌を中心に見て聴いて「いいな」と思ったものだけを書いていきます。あくまでも個人的にいいなと思ったものリスト。

リストから落ちたアーティスト/曲の理由は様々。例えば楽曲は素晴らしいけれどマンネリだとか、楽曲に声が合っていないとか、反対に声はいいけれど楽曲が記憶に残らない…とか。ともかく直感で「いいな」と思ったものを出演順に書いていく。

おっとリストを始める前に、まず48人系の女の子のアイドルグループは「AKB」だけです。それから男の子のアイドルグループも同じに見えてしまうので「嵐」以外は選んでいない。

全体に「歌合戦」ということもあってどうしても歌の上手い演歌に聴き入ることが多かった。ここにリストで出ていない方々も演歌の方々は皆さん全員素敵だと思います。海外が長くなったせいか徐々に演歌こそが「日本のソウルミュージック」であると思うようになってます。年越しに着物を着て華やかでいいなと思う。

というわけで今年の楽しかったリスト。

 
 
20171231
紅白歌合戦
NHKホール

山内恵介/愛が信じられないなら:ンデンデベースの生バンド。いいねぇ。
AI&ワタナベ直美/キラキラ:とにかく私はAIちゃんの声が好きなのだ。ソウルフルな声は何を歌ってもいい。彼女の声のファン。直美ちゃんもかわいい。
竹原ピストル/よー、そこの若いの:たった一人アコギで力強く。迫力がすごいですね。
丘みどり/佐渡の夕笛:若い世代のど演歌。野太い声。いいねぇ。美人だ。
天童よしみ/道頓堀人情:生バンドの音。よしみ姐さんは流石です。歌で会場をひきつける。彼女はほんとうにすごいと思う。
倉木麻衣/渡月橋:不思議な声。いい歌。
島津亜矢/The Roseおお…こういう実験はいいですね。やっぱり上手い。よく通る声。
郷ひろみ/24千万の瞳:ザ・エンタメ。楽しそう。バブルダンサーズのとさかも懐かしい。
福山雅治/トモエ学園:思ってたよりお歌が上手。いい声だ。
坂本冬美/男の火祭り:うなるギター。左側からギターが聴こえてきた。坂本冬美さんはいつも最高にかっこいいと思う。
西野カナ/パッ:独特の声。この機械っぽい声が面白く安定している。
五木ひろし/夜空:この歌は久しぶりに聴いた。思わずコブシを握る。うねるベース。おっとツインギターか。
PerfumeTOKYO GIRL成功です。かっこよかった。綺麗ですね。最後に街の光が踊り始めて「合成だな」とわかったけれど最初はわからなかった。もし本当にあの場所にいたら凍えますね。彼女達は人工的なセッティングがよく似合う。
AKB48/(メドレー):この手のグループでは一番華がある。
エレファントカシマシ/今宵の月のように:バンド枠。ベテランのバンドは安心して見られるのがいい。熱唱です。テンションが高い。
松たか子/明日はどこから:まっすぐな声
Superfly/愛を込めて花束を:いい声。もしかしたらこの日の歌のパワーでは彼女が一番だったかもしれない。声で会場を圧倒していた。
嵐/(メドレー):いい歌。
高橋真梨子/For You…すごいですね。よく通る声。
氷川きよし/ずんどこ節:衣装がスターウォーズ風ガウンかと思ったら中からC-3POが出てきた
安室奈美恵/Heroおおっ大人になったねぇ。綺麗だな。彼女は本当のスーパースター。かっこいいな。
石川さゆり/津軽海峡冬景色:ピアノver.も素敵。ザ演歌。後ろの動く北斎絵をひきで見たかった。