2015年3月30日月曜日

NHK連続テレビ小説『マッサン』を見た



よかったです。ほんとによかった。

実は朝ドラというものを初めて見ました(最後の頃だけだけど)。見始めたきっかけは2月頃に見た「マッサン撮影終了」の記事。以前からシャーロットさんに興味があって、また紅白に出ていた玉山さんと一緒の彼女の姿も素敵だったし「終わる前に一度ぐらいは見ておこう」と視聴開始。

最初に見たのはたぶん120回目ぐらいだったと思う。話は戦時中。エリーさんが連れて行かれそうになる回。その演技を見てびっくりした。「え、この女優さん、去年まで日本語を話したことなかったの?」とにかくびっくり。見始めたらすぐに話に引き込まれた。とにかく主演のお二人が素晴らしくて、それが何よりも一番。話はどんどん進んでいってあっという間に終わってしまった(泣)。これは最初から見ればよかったなぁ。


★朝ドラとは?

朝ドラは、毎日見る習慣が難しくて今まで見なかったんだけど、録画をすれば一日15分はそれほど難しいわけではないですね。たった15分で話が進んでいくので、他のドラマと印象が違うのが面白いなと思った。

とにかくテンポが速い。深刻な内容でもどんどん進んでいく。まずそれにびっくりした。このドラマだけがそうなのか、それとも朝ドラとはそういうものなのか。例えば、一馬君が戦地に行って亡くなった時も話はどんどん先に進む。一つの事を長く引き摺らない。だから深刻なのに重くなりすぎない。展開が早いから次の回が見逃せない…それでどんどんはまる。朝ドラの視聴率が高い理由はこのテンポの速さにあるのかも。

時代のリアリティは多少ゆるいですよね…たぶん。戦時中に英語の歌を皆で歌うとか、日本人同士でもハグし合うとかは、まさかあの時代にはなかっただろうと思う。だけどそのあたりのゆるさも朝ドラなら大丈夫なんですね。共感できる人間のドラマだと思えばリアリティのゆるさもほぼ気にならない。

テンポも内容も全体的に重くならないところが朝ドラの特徴なんだと納得。大河ドラマに期待するものとは全く違いますね(大河には重さを希望)。このドラマシリーズは(日本では)毎朝1日の始まる前に15分間見て、ちょっと心を動かされて、ちょっといい気持ちになれればそれでいい。朝ドラには朝ドラの見せ方があると納得しました。


★俳優さん達

まず最初に見てすぐに引き込まれたのは俳優さん達が素晴らしかったからです。特に主演のお二人。このお二人を見たいからまた次も見る。その他の俳優さん達も皆さん本当に素晴らしかった。たった15分なのに毎回びっくりするぐらい心を動かされたのは俳優さん達の演技の力。演出、脚本も素晴らしい。

●シャーロット・ケイト・フォックスさん
このドラマを見たのはこのお方が出ていたから。今まで全く日本語を話したことが無かった方が、半年間ものドラマを日本語で演じられて…これがまた上手いんだ(泣)。ものすごい努力もされたんだろうと思いますが、元々の才能も凄いんだろうと思います。脱帽。凄い本当に凄い凄すぎる。表情で、目で、笑顔で、涙で…全ての演技が本当に自然。外国語なのにどうしてあんなに自然に演技ができるんだろう? 
(金曜のあさイチに出ていた)御本人はお若くてすごく可愛らしい方なのに、エリーさんはお母さんなのね。温かくて穏やかで優しくて芯が強い、本当に強い女性。マッサンとの穏やかな愛情も素晴らしい。
日本に来た外国人嫁のエリーさんの話は、海外に嫁に来たワタクシにはいろいろとひとごととは思えない事柄もあって、かなり泣きました。本当にこのドラマは最初から見ればよかった。
 
●玉山鉄二さん
ひゃ~このお方も本当によかった。玉山さんはとにかくエリーさん=シャーロットさんが好きで好きで好きでたまらん…というのが一番(笑)。これは演技じゃないでしょう(変な意味じゃないですよ)。マッサンのエリーさんを見る表情が本当に温かい。実際のシャーロットさんの努力へのリスペクトと、それから(あさイチで御本人がおっしゃてましたが)日本に来て一人で頑張るシャーロットさんを守ってあげたいという玉山さん御本人の気持ちがマッサンの演技にも出てました。その玉山さんの気遣いと優しさにシャーロットさんも反応して、出てきた結果は本当の夫婦みたい。若い頃のお二人を見ていないのですが、私が見た中年以降の二人の様子は夫婦そのもの。いや夫婦以上かも。この夫婦は見ていると幸せな気持ちになりました。
玉山さんは以前「八重の桜」で見た時とは印象が違いますね。大きくて温かくて優しくて、いい意味でおじさん臭くなった(笑)。以前は若者という感じだったのに、マッサンでは線の太い大人の男性の印象。そしてエリーさんとのやりとりはドキッとするぐらい繊細。エリーさんが亡くなった場面で、マッサンが最後の瞬間まで穏やかに優しくエリーさんを気遣い、亡くなった直後にひとり子供のように小さくすすり泣く様子に…こちらも涙涙。本当に悲しい。あの場面はリアルです。玉山さん素晴らしかったです。
 
●風間杜夫さん
あ~風間さん素敵。風間さんはお若い時は洗練されたハンサムな俳優さんだったのに、今は本当に温かいおじいちゃん(笑)。「八重の桜」の時も優しいおじさんだったし、このマッサンでは一見頑固なんだけど心は優しいおじいちゃん…いや親父。私は今の風間さんの方が好き。大好き。熊さんの演技でも泣きました。
 
●堀井新太さん
この俳優さんは発見。素晴らしかったです。お顔が綺麗なのもそうなんですけど(笑)なんだろう…たたずまいが綺麗。本当によかった。出征していく時、泣くのを我慢する様子がもう泣けて泣けて。元々御本人が真っ直ぐなのか、非常に綺麗な(清らかな)感じが印象的。髪は短いのがいい。短くすると急に端整に見えてくる。今どきの男の子の普通の髪型よりもこれくらい短い方がスターのオーラが強く出るのは不思議。短い方が絶対いいと思う。
 
他の方々も全員素敵でした。もっと書きたいけど書ききれない。
皆様お疲れ様でした。いいドラマをありがとうございました。